おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)

  • 42人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 範乃秋晴
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048925754

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
住野 よる
有効な右矢印 無効な右矢印

おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ベタなファンタジー小説かと思いきや、経営者側の心理や苦悩がリアルに描かれており、若い社会人が心打たれるような内容だと感じました。私自身バンドのリーダーを務めていることもあり、最後は自分と照らし合わせて 「大事な仲間や大切な場所を守りたい」という気持ちをより強くさせてくれました。私にとって大切な本の一つになりました。

  • 【夢を一生懸命追えば誰にでも奇跡が起こる。そんなお話です】

     人気テーマパークの夢と現実の差に憤り、スタッフを辞した有栖。皆は言う──仕事は我慢するもの。本当にそうだろうか? 彼女の疑問に答えてくれたのは、とある寂れたテーマパークだった。
     美しい王子様の青年に、カボチャ頭の少年、しゃべる猫。変わったキャストだと思いきや、本物のおばけ? そう、そこはおばけたちが始めたテーマパークだったのだ。人間のことは知らない。でも、人を喜ばせたいという彼らに心打たれる有栖。かくして彼女の再建計画が始まるのだが?

全2件中 1 - 2件を表示

範乃秋晴の作品一覧

範乃秋晴の作品ランキング・新刊情報

おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)の作品紹介

人気テーマパークの夢と現実の差に憤り、スタッフを辞した有栖。皆は言う──仕事は我慢するもの。本当にそうだろうか? 彼女の疑問に答えてくれたのは、とある寂れたテーマパークだった。
美しい王子様の青年に、カボチャ頭の少年、しゃべる猫。変わったキャストだと思いきや、本物のおばけ? そう、そこはおばけたちが始めたテーマパークだったのだ。人間のことは知らない。でも、人を喜ばせたいという彼らに心打たれる有栖。かくして彼女の再建計画が始まるのだが?

おばけの遊園地始めました (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする