平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)

  • 3人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 漣ミサ
制作 : 水野 隆志 
  • KADOKAWA (2016年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926065

平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノベル→コミックの順で読むべきシリーズ完結巻。そうだよね、八束も怨霊化しちゃうよね… 葛木もわかりにくい人だったし、三善さんの正体にもびっくりだったし。いつきの力は戻らないままなのかな。なんにせよ、いろいろまだ始まったばかり、ということらしい。若干消化不良。

全1件中 1 - 1件を表示

漣ミサの作品

平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)を本棚に登録しているひと

平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

平安恋絵巻 あやなしの君(二) (シルフコミックス)の作品紹介

時は平安。不思議なことが満ちていた頃。
強い想いを残した死者は、“怨霊”となって現世に留まっていた。
主人公いつきは、怨霊の魂を浄め、来世へと送る特別な力を持つ少女。
そのためには怨霊たちと唇を合わせ、汚れを吸い取らなければならない――。

剣の修行に出ていた幼なじみ・八束が亡くなり、打ちのめされるいつき。
しかし、八束は怨霊になってふたたび姿を現した。
唇を合わせて来世へ送るべきか、それともこのまま留まらせるのか。
師匠であり養い親でもある青年・葛木への想いとの狭間でいつきは揺れ動く。
死と愛が渦巻く、怒濤の平安ロマンティックストーリー!

ツイートする