ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

  • 2180人登録
  • 3.94評価
    • (195)
    • (423)
    • (204)
    • (16)
    • (2)
  • 327レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
恩田 陸
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 足掛け7年かかったこのシリーズも、ついに最終巻。
    やはり、主人公の二人は決まるべきところに決まったというのが、最終巻の最終巻たるべき落としどころか。
    今回は、シェークスピアの古書に纏わる謎解きで、門外漢の身には、ちと興味が削がれる題材ではあった。
    参考資料の列挙から、この作品に対する著者の並々ならぬ努力が感じられ、敬意を禁じ得ない。
    また、あとがきで、番外編やスピンオフに言及しており、どんな話が綴られるか、楽しみに待つとしよう。

  • シリーズ最終巻ようやく読了。
    一気に読み通したくて
    今日まで読まなかった。

    そして今日。2時間で読み終えた。

    おおよそ私が物語に埋没してしまう時
    気づいたら一冊をあっという間に
    読み終えていることが多い。

    三上さんの綴る物語には
    解明できない得体の知れない力がある。

    恋の先行きにも謎解きにも本の魅力にも
    私は無我夢中で他のことが見えなくなる。

    今作も本当に素晴らしかった。
    謎とともに人の心が解れ 霧が晴れてゆく。
    からからの喉に流し込むコークのような…

    完結したシリーズ全作は 私の宝物。

  • 続きものって、前作がどうだったかよく覚えていなかったりする。専門的な話だったり、登場人物も多く事件が起こったりでビブリアは意外と難しい。

    けど今回は、シェイクスピアのファースト・フォリオの謎にせまる話が面白すぎて一気に読んでしまった。
    それに栞子と大輔の仲もドキドキしながら読めたし。

    また新たなビブリアの話も今から楽しみ。

  • はぁーー終わった!
    終わってしまいました!
    古書をめぐるミステリ、ここに完結

    今回話の中心となるのは、誰もがその名を知っているであろう
    シェイクスピア
    その幻の稀覯本を中心に手に汗握る頭脳戦、駆け引きが繰り広げられる

    悪どい商売人の手によって、資金調達に悩まされるビブリア
    それはヴェニスの商人をなぞるよう
    様々にあばかれる、
    秘密、思惑

    最後に勝ちを取るのは
    いったい誰なのかーー?

    最後まで目が離せない展開




    ****以下ネタバレあり****


    とりあえず綺麗にまとまって良かった
    スッとした
    最終的な取引額はなんだかすごくもったいない!と憤りもしたけども
    至るところの母子の関係も修復に向かい
    2人の結婚も決まり
    大団円!

    英子が脅されたことを写真一枚でスパパッと見抜いたところは
    シビれた

    実在するものを題材にするのは本当大変だろうなぁ…
    調べるだけで頭が痛くなりそう…
    苦しみながら話を書くというのも頷ける…

    今後関連作品も展開されるようだし、
    まだもう少しだけビブリアの世界を堪能できるのが楽しみ

  • うわーッ今回は洋書だ!シェイクスピアだ!Σ(×_×;)!と少し焦ったけれど、よく考えてみたら、今まで登場した本もそんなに親しんでいた本じゃなかった(^^;)と気を取り直して読み進む(^^)そしてグイグイ話に引き込まれ、ハラハラドキドキ(゜_゜;)久しぶりに登場した志田さん!おいしいとこ持っていったなぁ♪いろいろあったけれど、1年間に起こった出来事だったんだぁ~(*´-`)まだまだ読み続けたいから、スピンオフ大歓迎\(^o^)/

  • 2017.0603読了 ビブリオ古書堂シリーズ最終巻。新聞の広告で見つけて、本好き、本屋好きとしては読まなければ、と思い、まさかの続きもの。あれから6年。全ての謎が解決はしていませんが、ひとまず終了。

  • ビブリア古書堂シリーズ最終巻。
    シェークスピアのファーストフォリオに纏わる
    愛憎劇と言っても過言ではない気がする(^_^;)
    親子、師弟関係でドロドロ(笑)

    このシリーズ、古書に関する説明部分は
    面白いし色々知れて楽しいんだよなー。
    でも、それ以上に人と人との駆け引きや
    嫌な部分が目立ってしまって怖い…。






    実は…
    五浦くんの質問が空気読めず、
    頭悪すぎるのも気になる。
    (「ファクシミリって、ファックスのこと
    でしたっけ?電話の」とか…)
    とりあえず貯金50万のアルバイトが
    結婚云々言うなんて…(呆)
    栞子に寄生する気満々やん…ヒモやん…(笑)
    栞子のあざとさも気になるが…
    まあ、でも物語の中の話だもんね(^_^;)
    と文句を言いながらも番外編とか出たら読むと思う。

  • 面白かった。
    シリーズの始まりからさかのぼり、登場した人物が次々と現れ、収束していく。もろもろを回収していく内容で、シリーズ完結編にふさわしかった。
    シェイクスピアや、ファースト・フォリオのうんちくも、魅力的で楽しかった。
    栞子さんと大輔の成長と結末にも、ほっこり。
    「あとがき」によれば、本編完結後も、番外編やスピンオフを続けるとのこと。そちらもまた楽しみにしたい。

  • やっとこのシリーズも完結を見たと言うことで、ひとまずほっとした。結局は破産をかけた買い叩きの話になってしまい、大輔も役の立てたのは結局は金かいと突っ込みたくはなったが、今回は本に対するウンチクも大してなくちょっと寂しい気もした。これからいくらでもスピンオフが出てきそうだが、とりあえずアニメ化が楽しみだ、実写映画化はTVでやや失敗しているので心配だ。ところで栞子さんの父親ってどんな人だったっけ、もう忘れてしまっているのか、忘れられているのか定かじゃない。

  • 終わりましたね、ビブリア古書堂。
    正直、途中の説明がわかりづらいところもありましたが、一旦締まった感。番外編とかスピンオフも書かれるとのことですが、そっちの方が伸び伸び書けるのではとか、思っちゃいました。

  • 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台~』メディアワークス文庫。

    古書堂を舞台に古書と人々の縁をめぐる物語を描き続けてきた人気シリーズが、ついに完結。今回はシェイクスピアがテーマ。

    篠川栞子の祖父が残したシェイクスピアの希少本にまつわる謎と罠を中心に翻弄される人間模様が描かれ、ついに物語は終焉を迎える。栞子と大輔の関係は…栞子の母親、智恵子は…

    成るようになったという感じで、ちょっと呆気ない幕切れだった。古書にまつわる物語は非常に面白いのだが、シリーズを重ねる毎に栞子と智恵子の深刻な関係が明らかになり、どうにも現実味が感じられなくなってきた。

  • 読書録「ビブリア古書堂の事件手帖7」5

    著者 三上延
    出版 メディアワークス文庫

    p135より引用
    “「もともと中世のヨーロッパの本屋では、
    新刊の本は中身のページだけ売られていまし
    た。本を買った客は製本屋にあれこれ注文し
    て、一冊の本に仕立ててもらっていたんです。
    古書を買った場合も持ち主が自分の好みで製
    本し直していました」”

    目次から抜粋引用
    “「歓び以外の思いは」
     「わたしはわたしではない」
     「覚悟がすべて」”

     古書店の店主と本を読めない体質の青年を
    主人公とした、長編小説。シリーズ本編完結
    巻。
     先般、怪我をしてしまい、一ヶ月ほど店を
    休んだ主人公・五浦大輔。ようやく仕事に戻
    り、商品の入れ替えをしているところに、よ
    く見かける年配の女性が現れた…。

     上記の引用は、洋書の出版事情についての
    解説。今ならデジタル書籍を自分で印刷して、
    本に仕上げる位の感覚でしょうか。中身を読
    みたいだけの人には、中々具合の良い方式
    だった気がします。表紙カバーを別売りにし
    て、複数のイラストレーターに描いてもらい、
    自分の好みの文庫を揃えられるようになって
    も、面白いかもしれませんね。
     本編完結。最後まで楽しく読めた、久しぶ
    りの小説でした。7冊で一つの長編と思って
    読むほうが、すっきりと読み終われるのでは
    ないでしょうか。途中から読み始めても、簡
    単な説明は本文中にされていますが、順を
    追って読むほうがより楽しめるでしょう。
     あとがきによると、その他の関連した物語
    も著者は考えておられるようなので、まだま
    だ楽しみは続きそうです。また、アニメと実
    写の映画も予定にあるらしいですが、正直、
    実写はもういい。

    ーーーーー

  • ついにシリーズ最終巻。
    シリーズが進むにつれて複雑になっていく人間関係を頭の中でなんとか整理しながら読み進めました。
    今回は三世代にわたる執念にぞっとする場面も。
    でも、これまで登場した古書に魅せられた人々を見ていたら、その執念をも肯定できてしまいそう…慣れって怖い。

    ウィリアム・シェイクスピアのファースト・フォリオを巡る謎から目が離せませんでした。
    栞子さんの薀蓄は洋書にまで及ぶのですね。
    スイッチの入った栞子さんの本の話を毎回楽しみにしていたので、スピンオフや番外編に期待しています。

  • シリーズ7作目。
    これで完結?へーっ
    途中まではなかなかページが進まず苦労した。
    相変わらず設定自体に??ってとこはあるけど、7作目ともなるとそこはあんまり気にならなくなってる。

    栞子さんと五浦くんのラブラブなシーンが一番印象的とは…うーん。

  • ついに完結。
    シリーズ物にありがちなだらだらと引き延ばされる感じもなく、大団円で終わり、非常に満足です。

  • シリーズ7作目!
    少しずつ恋を実らせ結ばれそう!
    でも、栞子さんの周りはざわついてばかり!

    古書を介していろんな謎をとく場面が面白い!紙質やインクや印刷手法から年代を特定し真贋を見極める。

    どうしたらこういったことを職にしようと思うのかな?普通はわからない、知らない世界。
    私ももちろん本が好きだけど。
    こういった職業を早くから気にして感じていればまた人生変わったかもなぁ。

  • ついに完結。シェイクスピアの古書をめぐる、意地悪なじいさんの陰険な話だった。栞子さんはいい感じの女の人なのに、妹以外の親族に恵まれてないのかわいそうに思ってたけど、母方の親族はいい人ばかりでほっとした。とりあえずハッピーエンドみたいでよかった。数ヶ月後にまた通読したいな。

  • ハッピーエンドでとりあえずの完結!でもまだ番外編やスピンオフ書いてくれるとのことでうれしい。
    けっこう間が空いているのでもう一度最初から読み返したいですな。

    今回はシェイクスピアのファースト・フォリオ巡って三世代を巻き込む因縁に決着がつくのだけど、祖父の久我山尚大や道化吉原喜市が強烈過ぎて母智恵子が地味にいい人な感じに落ち着いてしまった感がありました。
    まーなにはともあれ、お幸せに!
    大輔くんはしっかり生活支えられるように精進してくれ!と願いつつ、心穏やかに好きなだけ本の話をして今まで出来なかった分存分にいちゃいちゃしてください。

  • 7巻目が最終巻ということで、とても楽しみなんだけど、読み終えるのが寂しい…そんな思いの間でなかなか読むことができなかったのですが、とうとう読んでしまいました。

    シェイクスピアのファーストフォリオという貴重な本をめぐる謎解きは、推理小説さながらの面白さ。
    誰も人が傷つかないという点では推理小説以上かもしれません。

    そして、何よりも楽しみなのは栞子さんと大輔くんの物語。お互いにまっすぐで、思いやりがあって素直。二人のそんな穏やかな関係をみているととても幸せな気持ちになります。

    いつまでもこの小説の登場人物たちと一緒にいたいなぁと思わせてくれる物語です。
    できることなら、この素敵な二人の物語、二人の成長を読んでみたいものです。

  • 栞子さんの母親篠川智恵子が何を考えているか謎で最後までハラハラドキドキしながら読みました。
    毎回ここまで調べて書くのは大変だろうなと思います。今回はシェークスピアでしたが作品について深いところまで知る事ができて本の世界が広がる大好きなシリーズです。

  • 今回はシェークスピア。久しぶりだったから、今までの内容覚えているかなぁと思ったけれど、結構丁寧になぞってくれていたから数冊前から読み返さなくても済んだ。

    またも、癖のある古書店主の登場で面白い。大輔もなかなか頼りになるようになってきたし。
    後半の振り市ではあまりの値段の吊りあがりにハラハラしたわぁ、こちら読んでるだけなのに。
    そして、最後にスカッと!

    あとがきによると、また2人の活躍にいつか会えそうで楽しみだわ。

  • ホームズ栞子とワトスン大輔のコンビネーションが変わらず健在。というのも、語り手ワトスンの察しが悪くて、込み入ったところを丁寧に説明しなおすから、前巻までのブランクを埋められる親切設計になっている。題材も、古書中の古書シェークスピアなら、最終章にふさわしい。"この世は舞台、人は皆役者にすぎない" by「お気に召すまま」。。。ミステリ度は低めでも、ラブラブ度とうんちくネタは十分。続きも出ず終わりもしない生煮えラノベシリーズが多い中で、ちゃんと完結しただけでも評価に値する。お幸せに。

  • 回る舞台に役者が揃い、自分の人生を演じる。舞台の上ではそれぞれが主人公であり、他の人をサポートする脇役だったり。自分らしさを表現する人生舞台。

  • シェイクスピアのファーストフォリオを題材に,過去の家族と未来の家族が描かれる.これにて大団円.終わりの盛り上がりを,本に夢中になることでかき消す演出も納得.

  • 相変わらず面白かったけど、シリーズはこれで完結なんだよね。残念。
    ハッピーエンドで良かった
    スピンオフ作るとは書いてあったけど、そちらも出たら読んでおきたい

全327件中 1 - 25件を表示

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)の作品紹介

ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする