ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

  • 1907人登録
  • 3.95評価
    • (162)
    • (343)
    • (169)
    • (12)
    • (1)
  • 253レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926409

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
米澤 穂信
宮下 奈都
恩田 陸
三浦 しをん
坂木 司
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今までで一番好きな話かも。
    シェークスピアの作品について色々知れたのがおもしろかった。セリフと2人の状況が重なり合うのがすごい。

  • 古書店の様々なことがこの本を通して知りえてとても面白いシリーズでした。映画にもなるようでそちらも楽しみです。

  • 2017年2月メディアワークス文庫刊。書下ろし。シリーズ7作目。シェイクスピアの古書というあまり縁のない話で、一億円という金額もピンとこず、いつもほど楽しめませんでした。

  • 歓び以外の思いは
    わたしはわたしではない
    覚悟がすべて

  • やっとここまできたか〜!
    五浦くん良かったね〜‼︎

  • 母親のが突然姿を消した
    謎が明らかになり
    晴れ晴れとした
    いい終わり方でした。

    人から人へと渡り歩く
    紙の本の素晴らしさ
    手した人の思い
    面白さを感じました。

    映画化されるというので
    上映されたら
    見に行こうと思います

  • 本編の最終巻

    シェイクスピアを題材にした長編です。

    知らずに読みましたが、まぁまぁスッキリとした終わり方。

    メチャ面白い訳ではないけど、きちっと終わらせたことを評価してオマケの4点。

    終わってしまうのがちょっとだけ残念です。

    スピンオフに期待しましょう。

  • 「見通しがない中で、どうするかを決めるのは俺だ。どんな結末が待っているか、そればかり考えていてもキリがない。自分で決めたと胸を張れる覚悟を持てればそれでいい」

    ビブリア古書堂で働き、女店主の恋人でもある青年のセリフですが、未来を案じ過ぎず、自分の判断に自信を持って突き進むだけではなく、後々振り返っても、あのとき自分自身が決断したことだから悔いはないと思えるように私もなりたいと思いました。

    とても印象に残るセリフでした。

  • 最終巻。一番、面白かったかもしれない。

  • このシリーズ、ある瞬間からストーリーにグイグイ引き込まれる
    クライマックスが分かりやすいし、読後もスッキリ
    これでひとまず関係者かな?
    まだまだスピンオフや番外編は出そうだけど

  • ハッピーエンドで、番外編を期待!

  • 前作の予告通り、この作品がこのシリーズの最終作。

    とりあえず人間関係が複雑すぎる。
    相関図がないとついていけない。

    完結編にふさわしく、今までの話がまとめあがっていて楽しかった。
    栞子と母親が歩み寄ったのも良かったけど、
    なにより栞子と大輔が結婚する話になったのが良かったかな。
    シェイクスピアの話になったのも面白かったし。

    あとがきによると、まだ番外編は出るかもしれないらしい。楽しみ。

  • 6巻目の後、7巻目発売までが待たせたので、二人の恋のゆくえと共に、発刊を待ち焦がれていた。他の人も指摘しているのだが、智恵子はなぜ、白い本 そして赤い本に値をつり上げる必要があったのか。吉原を儲けさせるだけだったのではないか。この部分について誰か答えてほしい、
    同じく古書店を舞台にし、負けず劣らずの複雑な人間関係だが、「東京バンドワゴン」シリーズは、からっとしていて、あたたかい。

  • 7巻目が最終巻ということで、とても楽しみなんだけど、読み終えるのが寂しい…そんな思いの間でなかなか読むことができなかったのですが、とうとう読んでしまいました。

    シェイクスピアのファーストフォリオという貴重な本をめぐる謎解きは、推理小説さながらの面白さ。
    誰も人が傷つかないという点では推理小説以上かもしれません。

    そして、何よりも楽しみなのは栞子さんと大輔くんの物語。お互いにまっすぐで、思いやりがあって素直。二人のそんな穏やかな関係をみているととても幸せな気持ちになります。

    いつまでもこの小説の登場人物たちと一緒にいたいなぁと思わせてくれる物語です。
    できることなら、この素敵な二人の物語、二人の成長を読んでみたいものです。

  • ビブリア古書堂シリーズもいよいよ完結。
    大輔くんと栞子さんの関係も母親の秘密もある程度スッキリします。
    後書きでは一応この後もスピンオフは出るらしいのですが本編は完結だそうです。
    本作はシェークスピアの稀覯本をめぐるお話でとても興味深く一気読みしてしてしまいました。
    大輔君が栞子さんのパートナーとしてふさわしいのか悩むシーンも有りましたが、しっかりと支えるパートナーであるということで読後感も良かったです。
    大輔くんと栞子さんの末永い幸せを!

  • 請求記号 913.6/Mi 21

  • シリーズ第7弾、最終巻。
    今までの家族の謎が全て明らかになり、栞子の母のこともわかる。
    シェイクスピアをテーマに色々な面倒ごとが起こり、それを調べていくと、祖父がはった罠にはまっていく。
    罠とわかっていながらもやるしかなく、調べていくとだんだん家族のことがわかるようになっていく。
    前作までの話をもっとよく頭に入れてから読むと、より面白い。
    最後に親子の対決になるが、どこまでが罠でどこまでが違うのか最後までハラハラして面白い。






    ここからネタバレです。
    栞子の母はどうやってあの本を見分けたんだろう?
    栞子は触ったりして気づいたというのはわかるが、触れもせずになぜわかったんだろう?
    あの色が何か母に関わっていた色なのかな?
    ラストのあれは、勝ちを譲ったのかしら?
    娘の学費くらい親が・・って思ったのかな?


  • 栞子さんの母親篠川智恵子が何を考えているか謎で最後までハラハラドキドキしながら読みました。
    毎回ここまで調べて書くのは大変だろうなと思います。今回はシェークスピアでしたが作品について深いところまで知る事ができて本の世界が広がる大好きなシリーズです。

  • 面白い!
    ただ、洋書はあまり興味が無いので和書だったらより良かったなー。
    それにしても、大輔くんかっこよすぎるでしょ!落札シーン最高!
    番外編があるみたいなので、栞子父や母の気持ちにクローズアップしてほしい。あと、新婚ホヤホヤラブラブな五浦夫婦の様子も!

  • 回る舞台に役者が揃い、自分の人生を演じる。舞台の上ではそれぞれが主人公であり、他の人をサポートする脇役だったり。自分らしさを表現する人生舞台。

  • シェイクスピアのファーストフォリオを題材に,過去の家族と未来の家族が描かれる.これにて大団円.終わりの盛り上がりを,本に夢中になることでかき消す演出も納得.

  • 最後まで楽しく読めました。ただ、家族関係はちょっと懲りすぎか?

  • 最終回にふさわしい内容。シェイクスピアを持ってくるなんて、粋やなあ。

  • 奇妙~日常~絆~顔~時~さだめ~そしてラストの舞台は…果てない母娘・夫婦へこめられた丸ーく・丸くの完結刊。

全253件中 1 - 25件を表示

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)の作品紹介

ビブリア古書堂に迫る影。奇妙な縁で対峙することになった劇作家シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。そこには女店主の祖父による巧妙な罠が張り巡らされていた。日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする