ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

  • 1459人登録
  • 3.96評価
    • (114)
    • (217)
    • (116)
    • (6)
    • (1)
  • 165レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926409

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 帯文:”日本で一番愛されるビブリオミステリ、ここに完結。そして―実写&アニメ映画化決定!!”

    目次:プロローグ、第一章 「歓び以外の思いは」、第二章 「わたしはわたしではない」、第三章 「覚悟がすべて」、エピローグ

  • ビブリア古書堂の事件手帖シリーズも最終巻。智恵子出奔の理由に端を発したシェイクスピアに彩られたラスト。
    シリーズの背景がしっかりと拾われて、そういうことだったのかと腑に落ちつつ、ハッピーエンディングに向けて出来すぎとも感じられた。
    17-57

  • 本編は一応完結みたい。
    シェイクスピアは読みたいと思うだけで、きっと読まないな、と思う。
    古書のウンチクはとても面白い!

  • ついに完結!といっても私の場合は1巻を読み始めたのはつい最近なので、全編をいっき読みでした。今回は題材がシェークスピアと普段以上になじみが薄いタイトルだったため、内容については正直理解できていないまま読んでいる箇所もありました。しかし栞子さんと母親、さらには祖母との繋がりが明らかになり、これまでビブリア古書堂が関わってきた様々な人達からの手助けもあり、最終巻としてはとてもよくまとまっていると思いました。最後の吉原の嫌味に対して栞子さんが真相を明かすシーンは胸がすっとします。

    2人がハッピーエンドで終わることは分かってはいたものの、やはりその通りに収まってくれると嬉しいものです。この巻では大輔もですが、栞子さんの成長っぷりが随所で感じ取れます。作者さんの後書きでまだ番外編が続くとのことなので、もう少しこの世界観を楽しみたいと思います。

  • シェイクスピアの稀覯本を軸にした最終巻。薀蓄を交えたハラハラドキドキの展開で面白かったものの、シリーズ全体の問題はほぼ6巻で解決していますし、これまで語られなかった細かい部分も結局そのまま。母娘の関係や恋人関係は多少前進しますが蛇足に感じてしまう一冊でした。

  • ビブリアシリーズ完結作。扱う古書はこれまでで一番高額・・という言い方もなんですが、一番貴重なものであるシェイクスピアの古書。
    でもまあシリーズとしての話をたたむためだろうとは思うんですが、「古書の謎」みたいな本来の持ち味は薄め。個人的にはそこが魅力だったので評価もほどほどかな、と。
    そして後日談というか番外編というかの刊行をあとがきで書かれていましたが、執筆中から念頭に置かれていたのでしょうか。これ一冊で「あー!おもしろかった!おわっちゃったなあ!」という満足感みたいなものの薄めだったような。

  • 迂闊だった、「完」だと気付かなかった。最後まで一気に読んで、なんか終わりみたい・・・って思ったら表紙に「完」とあった・・・。
    でも、とにかくすばらしい出来だった。ミステリーらしさが全面に出てきてとても満足。題材も最後にふさわしい「シェークスピア」。それが栞子さんと母との関係もきちんと繋がっていくことに。あ~面白かった。そう言える本だった。よくよく読んだら、スピンオフなども書くおつもりのようなので、楽しみにしたいと。

  • シリーズ7冊目で、いよいよ最終章。
    期待して読み始めたが、前半はダラダラして、しかもシェイクスピアのファーストフォリオの古書が3冊あり、うち本物は1冊のみで、しかも3冊とも全ページが接着剤で外側から塗り固められている。この中から本物を見分けられるか・・・という荒唐無稽の話で、白けて中々読み進まなかった。
    2月発売と同時に買って、読み終えたのは4月下旬。
    ところが、最終章の3冊の古書が競りに出されてからの展開が、それまでと打って変わり、一気に盛り上がる・・・そして栞子さんと五浦くんは・・・?
    という訳で、最後まで読み終えれば、期待に違わずに、爽やかな読後感を得られます。
    今回はシェイクススピアの時代の様子やその古書の世界を知ることができ、肩も凝らずに、気分転換には最高です。

  • 前の(6)から意外と時間が経っていた。
    シリーズ最終章なのかな。おもしろかった。新たな刺客?が出てきたり(笑)スピンオフとかも読んでみたいな。

  • このシリーズ、フリーブックスで無料で全巻読める
    この巻も近い内にアップされるはず

  • 全巻から急展開して一気に完結。途中でオチが読めた!とか思わせつつも、上手く話を膨らませ、伏線も全部回収して満足な終わり方でした。
    が!本編終了なだけで、まだスピンオフが続くそうですので引き続き楽しめそうで良かった(笑)

  • 今回も面白かったです。
    これで最後と思うと寂しいですね~。

  • ビブリア古書堂シリーズ最終巻

  • 大輔と栞子がシェークスピアのファーストフォリオをめぐって吉原喜一と母智恵子と競売を通して心理作戦を展開する。最後はハッピーエンドになるか?シリーズの本編完結巻。

  • シェイクスピアの「ファースト・フォリオ」とは、最終巻ですごいのきた。現存未確認の「ファースト・フォリオ」なんてありえなさそうと思ったけど、調べてみたら2016年にスコットランドで発見されてた! お母さん、一体いくらで転売するんだろう(笑)。

  • これを読む前にシリーズ一気に再読してからの本書。
    本書以外では結構、人の嫌な部分が描かれていたが今回はそれほどでもなくすんなり気持ちよく大団円。
    振り市のシーンは中々の緊張感ありで満足。
    何はともあれ大輔の一人勝ち、嫁さんと職、終いにはひと財産まで手に入れて羨ましいことこの上ないな。
    延々と続けずにばっさり終了は高評価。
    それとも1部完なのかな?

    めでたしめでたしで大満足。

  • 本編完結。とはいえまだ続くような、そんな余韻。血の繋がりと、古書が導く縁。まるっとシェイクスピアモチーフ。

  • ビブリア古書堂シリーズ最終巻。ちょっと長かった気が。。。とはいえ、栞子、大輔はじめ、キャラがよかったので、シリーズ全体として、とても面白かったです。

    スピンオフが楽しみですね。

  • 遂に、最終巻。
    日本文学でも日本漫画でも無く、洋書のシェイクスピア。
    ほとんど洋書を読まない私には、ハードルが高過ぎでしたが…。
    シェイクスピアのストーリーは分からなくても、充分に満足の内容でした。
    ファーストフォリオなる存在を知る事が出来たし。
    最終巻にて、栞子さんと大輔くんのハッピーエンドは良かった。
    ただ、ビブリアロス中。
    '17.04.08読書完了

  • やっと7巻、読めました。
    発売日に買って読み始めたけど、「この人誰だっけ?」「ん?この人とこの人はどういう関係?」というのが多すぎて、一巻から復習し始め、ついに辿り着きました。

    今度はシェイクスピア!
    正直シェイクスピアというと、五浦くんと同じくレオ様主演ロミオとジュリエットしか観たことない私。
    ファースト・フォリオなんていうものがあるんだなあ。

    ……くらいの感想でした。
    なんか吉原もいかにも、な感じでうさんくさいし、今回はずっーと「金金金金!!!」っ言ってる感じがしてしまいました。

    あとがきで書いてた番外編やスピンオフが楽しみかな。

  • 長かった物語も一区切り。長いようで実は物語内では一年間くらいしか経っていないとは。もう一度最初から一気読みしたいところ。スピンオフ企画でこの登場人物たちにまた会える日が楽しみ。アニメ映画も観に行きたい。

  • とても大好きなシリーズだったので終わるのが寂しいです。

  • 全巻の内容を忘れてしまって「???」となりながら読むことに・・・^^;
    ま、忘れるのはいつものことですが。
    大輔くんと栞子さんが出会ってから1年そこそこの展開だったことと、セリで落札された本が投げられることにビックリした。
    メインのストーリーとしてはこれで完結だそうで。古書のうんちくに頭痛くなることはあったけれどシリーズ全体とても楽しめました。
    スピンアウト的なものがまた出るそうなので、そちらも楽しみ。気軽に楽しめる話だといいなあ。

全165件中 1 - 25件を表示

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする