君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

  • 287人登録
  • 3.60評価
    • (11)
    • (33)
    • (32)
    • (6)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 佐野徹夜
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048926751

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
森見 登美彦
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • みんなが泣いた、圧倒的感動がここに…
    大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間が再び動きはじめた。今を生きるすべての人に届けたい最高のラブストーリー。

  • 好きです。
    好きな物語です。

    この頃、ビジネス本ばかり読んでいた。
    ひさびさに青春でほろ苦く温かな物語に触れた。

    死から逃れない まみず。
    そんな彼女に振りまわされていく、そして変わっていく卓也。

    素直な物語が流れていっていました。
    先が読めてつまらないと言う人もきっと多いでしょう。
    でも素直にセリフや行動を受け止めながら終わりに近づいていく物語が好きでした。

    読んで良かったです。

  • 世の中にはこの世を生きたいと思っている人と、この世から無くなりたいと思っている人がいる。その2人が交錯したときになにが起こるのか?価値観、情、愛…様々な要素が入り乱れながらも起きる変動が美しい文章と共に描かれている。

    命に触れる文献は哲学的な印象を持たれがちだが、この本に登場する高校生たちの立ち振る舞いがそのまま感じられるようになっていて好感がもてる。

  • 結末が分かっている物語は、過程で決まる。と、当たり前のことをそれっぽく言ってみたけど、第23回電撃小説大賞の大賞受賞作2作目は、高校生の愛と喪失の青春小説だった。

    正直、昨今この手の展開には食傷気味だったが、本作は台詞で良さを出している。謎の不治の病は演出のためのパーツと感じてしまったが、男女が一冊のノートを通じて心を通わせていくさまは、突飛さはないが温かい。そして互いの本心をさらけ出していく箇所の台詞の勢いが良い。

    構成の緩急に違和感を感じる箇所はあれど、全体はまとまっている。また読んでみたい作家。

  • ★第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作
    【選考に関わったすべての人の心をしめつけた、圧倒的感動作がここに――】

     大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
     余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。
     読む人みんなが涙――この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛! “今を生きる”すべての人に届けたい、最高のラブストーリー。

  • 普段の私なら絶対に泣いていたと思う。
    でも何故だか涙が出てこなかった。
    本を読んでいて、その内容から思い当たることがいくつかあった。
    だから私は自分の心が死んでいると感じた。
    大切なことを気が付かせてくれた一冊。

  • ううん…
    なんとなく"君のすい臓を食べたい"にテイストが似てる、かな。
    病気モノだと近くなるものなのかもしれませんが。
    その印象がちらついてどうも純粋に楽しめなかったかも。

    あとがきの作者の思いとか
    そこは素敵だと思いました。
    生きていくことを前向きに捉えたくなるかな、と。

    全体的に読みやすくはあったけど
    10代から離れていっているせいなのか、
    なかなか共感はしづらかったです。
    表紙イラストはすごく好きです(*´∀`)

  • 生きることに意味を見出だせない岡田卓也が発光病の同級生渡良瀬まみずに逢い、彼女の死ぬまでにやりたいことを代わりに実行していく。恩人の香山彰との友情やまみずとの愛情が自然にさりげなく描かれており、読みやすく素直に楽しめる。最後は生きることにについての難しい話しに悩ませられるが、それでも人は生きているとことを改めて想い知らされる。

  • 十代だったらもっと楽しめたかな。作中でも触れられているけれど、いわゆるサナトリウムもの。
    登場人物は若く、その苦悩の仕方もやはり若い。読後感は悪くなく、電撃の読者層には響く作品だったのかなと思う。

  • 20170518
    全ての生物は生まれた時から確実に死に向かって生きている。生きられない人の分まで、よく生きて死ぬ為に人間は生まれてきた。涙を堪えて一気に読む。賢ぶらずにただ、素直に書きたいから書いた小説なのだろう。てっちゃんよく頑張ったねと言いたい。夢は、思い描けば必ず実現する。

全35件中 1 - 10件を表示

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)の作品紹介

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

「しっとりと心に染み渡る、美しい恋物語」「参りました。泣きました。生きていく――そのための力を読者にプレゼントしてくれる」と、なみいる選考委員も涙した、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作。
刊行にたずさわったみんなの心を揺さぶった、“今を生きる”すべての人に届けたい感動のラブストーリー。

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)はこんな本です

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする