キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)

  • 171人登録
  • 3.97評価
    • (8)
    • (15)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 斜線堂有紀
  • KADOKAWA (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048927048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
宮下 奈都
辻村 深月
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ビブリア古書堂は古書に纏わる話だが、
    こちらは映画に纏わる物語。
    ビブリアの三上さんがオススメしているし、
    イラストをスカイエマさんが描かれていて
    更に内容が面白そうだったので購入してみた。

    こういう話によく出てくる、一つの事柄に
    卓越したクセのあるキャラクターが
    この本では嗄井戸(すごい名前(笑))だが、
    クセはあるが結構可愛い少しヘタレな人物で
    嫌味がないし、好感が持てる。
    映画に関しても、世間的によく知られているような
    映画を取り上げているし、内容も分かりやすい。
    事件の流れは若干予想しやすい流れだが、
    まだまだ色々な話が読んでみたいと思えた。
    是非、続いてシリーズ化して欲しいなと思う。

    それにしても、ビブリアに出てくる本もだが、
    今回の映画も有名だけれど改めてじっくり
    見た事がないかもしれない…というラインナップで
    これを機にゆっくり見てみたいと感じさせられた。

  • 面白かったです。

    映画を題材にしたミステリー。
    休学中の秀才、嗄井戸が名探偵。
    留年の奈緒崎、美少女 束が絡み合いながら事件に巻き込まれる解き明かしていく。

    嗄井戸がなぜ引きこもることになったのかの語りあたりからグイグイと物語に引き込まれた。
    映画と現実のどちらが起点となり人を巻き込んでいっているのか。
    YouTubeやSNSで誰もが演出家になれてしまう恐怖を感じながら読み終えた。

  • 映画をあまり観たことのないわたしでも、タイトルは知ってるよっていえる有名どころの映画の蘊蓄から始まるので、読みやすく置いてけぼり感もなく楽しめました。主役の男子二人組もそれぞれ完璧人間でないので親近感を持てます。(ちょっとめんどくさい2人だけど)ストーリーもそれぞれの話は途中でラストが読めちゃうけれど、それでも彼らの活躍にぐいぐい引っ張られて楽しく読めました。第三話までサクサクと話が進んだ分、第四話でガツンとおっきい衝撃を落とされました。このシリーズ続くだろうな。そうしたらきっと追っかけますね。

  • ビブリアを読み終えた流れで手に取った一冊。
    サクサク読めて楽しかった。
    ビブリアの時もそうだったけど、元ネタの映画を辿りたくなってしまった♪

  • 面白かったー。映画が観たくなった。

  • これ好き。

  • たぶん間違いなく今年一番のお気に入り。
    映画には造詣が深くない私ですが、この作品を読むと映画を観てみたくなります。
    作中の溢れんばかりの映画愛とモラトリアムの危うさと、炎上(物理)。そして、語り部である奈緒崎くんのどこか不安を覚える倫理観と、探偵役の嗄井戸くんの可愛さと危なっかしさ、二人を母のように深く優しい心で見守るヒロイン束ちゃん。
    癖になる魅力が網羅された一作です。
    ある意味ドラッグ的な中毒性を秘めていて、読む前の自分にはもう戻れないな、と思える快感が、また素敵。

  • 2017.0701読了 図書館
    今流行りの安楽椅子探偵。殺人事件を扱っている割には、ちょっとライトミステリーっぽかったのですが。最後の話は重かった。もうミステリーは読めないかも、と感じるくらい。

  • ただただおもしろい
    ページがどんどん進んでいく
    狂ったキャラクター、場面展開の盛り上げ等々、やっぱり上手

  • 私立英知大ドイツ文学科の成績を落とし、担当教授に呼び出された奈緒崎。留年の救済措置として提案されたのが1つ上の主席入学を果たしながら長く休学、引きこりの嗄井戸高久を学校へ連れてくること。嗄井戸の住む下北沢へ向かうとかつての知り合い「冷え冷え屋敷」の常川に会った奈緒崎は映画館パラダイス座の閉館を知るー

    ◆パラダイス座か-…タイトルに書いちゃった時点で嗄井戸じゃなくても犯人もやり方もわかっちゃうじゃ-ん、映画の薀蓄語りたいだけなのかしらん…と1章で冷めつつ読んだけど。テスト中に錯乱して演説ぶった話とかライトで面白かった♪しかしこ面倒臭い幽霊の復讐劇とかヘビーなサイコと過去とか、そのくせ最後は案外出てこれちゃうとか、これ安楽椅子探偵としてどうなんだろう?あんなヘビーな過去明かしたからには続編でいつか犯人見つけるのかなぁ…。薀蓄は面白いけど無理やり映画にこじつけた感は残念。

全18件中 1 - 10件を表示

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)の作品紹介

留年の危機に瀕するダメ学生・奈緒崎はひょんなことから、秀才でひきこもりの映画オタク・嗄井戸と出会う。彼は部屋から一歩も出ることなく、 その圧倒的な映画知識で次々と不可解な事件を解決してみせ――。

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)はこんな本です

キネマ探偵カレイドミステリー (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする