ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)

  • 110人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (11)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 葦舟ナツ
  • KADOKAWA (2017年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048927055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
住野 よる
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • ラスト、読む人に【幸せとは何か】を問いかける――。
    誰も愛せなくなった「僕」が、「君」と出会って愛を知る物語。

    『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最後に、あなたは――』
    【三つ目の質問】を中が予想しつつも、気になって読んでしまったw

    突然、見知らぬ女にそう問いかけられ、僕はその女――大野千草と“夫婦”になった。まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過ぎ去った日々を追憶させていく――大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。

    理不尽な辛い思いをした人も、自分の人生を投げ出さず、前に進み続けることでしあわせを手にして欲しい、と願う。

  • ★第23回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》受賞作
    【ラスト、読む人全ての心を揺さぶる――。 痛切で歪な“愛”を描いた、圧倒的衝撃作!】

    『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最後にあなたは――』
     突然見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。僕はその女、大野千草と夫婦になった。
     互いについて何も知らない僕らを結ぶのは【三つ目の質問】だけ。まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に捨て去ったはずの過去を追憶させていく――大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。
     これは、誰も愛せなくなった僕が君と出会い、愛を知る物語だ。

  • ページをめくる手が止まらなく一気読みした。

    ちなみに僕は主人公と似た境遇の現在30歳の男で、兄が2個上で中学1年から今に至るまでひきこもっている。似た立場の方が読む際参考にして頂ければ幸いだ。

    この小説を読んでいて、僕はこの物語に出てくるすべての登場人物に嫌悪感を抱いた。特に主人公は自分は決して幸せになれないのだと、悲劇のヒロインよろしく世の不幸を一身に背負っていますみたいなセンチで自分本位な思考回路、表面上はなんでもないふり、まともなふり、そして自分をとりまく家族や環境へ責任転嫁。自分を見ているようで気持ち悪くなった。読了後、丸2日くらい精神的に不安定になった。

    僕はこの物語はバッドエンドだと解釈した。これを、ハッピーエンドとまではいかないが、よしとする人は多くいると思うし、そういう人たちは精神的に成熟した大人なのかもしれない。ただ、僕はそんな大人ではなかったしそうはなれないと思う。そしてこの小説を読んで、そんな風になりたくもないと思った。

    僕はこの小説がきっかけで、そんな大人には、この主人公のようにはならないと決心できた。幸せになる勇気を持てたと思う。(背中を押してとかそういうのは全くなく、反面教師的に)

    ともかく、僕は最良のタイミングで最良の本と出会えたと思う。Google検索の有能さに感謝。いろんな人に感謝。

  • よくわかった。なぜなら、私も、ひきこもりの妹で、ひきこもりの姉だったからだ。ひきこもりの人のいる家族の、どこか歪な関係や、家族との葛藤を抱えた子どもの成長過程で、自己否定や自己否認をはじめ、消えてしまいたい、生まれてこなければよかった、そう思ってしまう、かなしいことも。誰かのせいにしたり、誰のせいにもできなかったり、もっと表に出して言えていたなら、もっと真正面から向き合えていたなら、どこかで何か違っていたかもしれない、それぞれの人生。誰か、誰でもいいから、求めてしまう、誰も求められなくなってしまう、そんな人との関わり方も。
    愛など幻想かもしれない。当たり前など、どこにもないのかもしれない。それでも希望を持って、持てなくても、生き続けることで見えてくること、ほんの少しでも関わりを持ち、互いを認め合える人との出会いがある。
    誰もがしあわせになりたいはず。誰もが誰かを求めているはず。誰でもではなく、あなた、と言いたい人を。

  • 親から肉体的な虐待を受けた千草と、同じように親から精神的な虐待を受けた啓太は、残念ながらお互いを大切にしながらも埋め合うことはできなかった。でも、ふたりで過ごした時間があったからこそ自分たちが欲しい物に手が伸ばすことができたんだと思う。
    啓太が、〝千草がちゃんと欲しい物に手を伸ばしますように〟と思う場面が、オイラは痛かったなあ。オイラがガキたちに思う気持ちもそうだから。叶えてあげられればいいんだけど、むしろ我慢させてばかりいる。きっと啓太のように自分で切り開いていくんだろう、何かしらトラウマみたいなものを抱えて。
    結果はどうであれ欲しいものは欲しいと言って手を伸ばして、もしそれが手に入ったら手を離さないでほしいな。

  • お互いを大切に思うからこそ、
    答えまでは連れていかずに、ゆっくりと歩いて、答えの輪郭を探しにいくような優しさのお話だと、感じた。

  • 本を買うきっかけはいくつかある。ブクログのレビューを見て、装丁が綺麗で。あるいは、タイトルが気になって。

    本作も、タイトルの妙、というのか、ひきこもりは自分自身か自分の兄かぱっと見ではわからない。序盤ですぐに知るところとなるんだけど、その頃にはもう二人の関係の終着を見届けたくなっている。

    主人公の生い立ちについては、かきみだされる、と、思った。これは、なんていうか、全くの想像だけど、著者のノンフィクションを孕んだフィクションなのではないか、と、そうでなければどうしてこれほど切実な怨嗟が描けるだろう、と考えてしまう。
    内臓を無遠慮にかき回されるような不快感を覚える回想に比べ、結婚生活はファンタジーだ。どこか現実感がなく、だからこそ定規を持たない人間のモラトリアムたりえた。
    最後の、人によっては取って付けた、と受け取られかねないシーンは、私には縋るような祈りに感じられた。どうかこうなりますように。どうかこういう未来が待っていますように、と。

  • 読みながら母親との会話で歯がゆいイライラを感じつつも、彼がどう成長していったのか気になって一気に読んだ。
    昔はヒーローのような兄が年とともに足枷になるというのはわかるのだけれどどこか切ないものがあるなぁ。

    傷の舐め合いの二人も好きだけれど、そうでなかったこの結末は幸せが溢れてて好き。幸せなら、過去を憎む必要がなくなるのかもしれないね。

    ただ千草との話の関係がなんとなく私にはしっくりこなかったなぁ。なんでだろ。

  • てっきり主人公がひきこもりなのかと思っていた。実際ひきこもりだったのは、主人公のお兄さん。ハッピーエンドなんだけど、なんだか小骨が引っかかるような、読後感。

  • 大変面白かった。   
    もう少し抑揚が欲しかった。   
    結末は普通だった。   
    一つの物語が終わったって感じだった。   
    確かにひきこもりの弟だったけど、それ以外に特別なことは何も無い、普通の人だった。   
    そもそも、本人の努力があるとはいえ、充分に順風満帆な人生を送っている。  
    なにも憐れむことなんてない。   
    いい人生じゃないか。

  • これほど憂鬱な小説は初めて読んだかもしれない。
    幸いにも自分の兄は、この小説のような兄ではない。尊敬できる存在だし、愛すべき人。でも、そうではない兄も、世の中に少なからずいるんだといういうことを、なんとなくこの小説から教わった気がする。

  • ハッピーエンドとは何か、と
    改めて考えさせられるような佳作。

    やべぇよ、私も少なからずこの二人みたいな
    閉ざして、封印して、見て見ぬ振りしてること
    山のようにあるよ(> <;

    「絵に描いたような不幸な家庭」じゃなかった分、
    きとんとグレることもできなかった私なぞ、
    却って二重三重にひねくれていて
    たちが悪いとも言えるような(> <;

    情景・心象の描写はピカ一。
    波風が立ちそうで立たない「会社の描写」は
    リアルすぎて読むのが辛いくらい。
    ふとした綻びから漏れ落ちそうになる狂気も、
    現代人ならみな隠し持っていそうな身近さ。

    ...寝た子を起こさないでくれよ...(> <;

全12件中 1 - 12件を表示

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)の作品紹介

ラスト、読む人に【幸せとは何か】を問いかける――。圧倒的衝撃の“愛”の物語。
【あらすじ】
『質問が三つあります。彼女はいますか? 煙草は吸いますか? 最後に、あなたは――』
 突然、見知らぬ女にそう問いかけられた雪の日。僕はその女――大野千草と“夫婦”になった。互いについて何も知らない僕らを結ぶのは【三つ目の質問】だけ。
 まるで白昼夢のような千草との生活は、僕に過ぎ去った日々を追憶させていく――大嫌いな母、唯一心を許せた親友、そして僕の人生を壊した“ひきこもり”の兄と過ごした、あの日々を。
 これは誰も愛せなくなった僕が、君と出会って愛を知る物語だ。

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)はこんな本です

ひきこもりの弟だった (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする