祈りの階段

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Michel Faber  林 啓恵 
  • アーティストハウス (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048980906

祈りの階段の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

祈りの階段の作品紹介

ヨークシャー地方の港町ウィットビー。修復士のシーアンは、7世紀に聖ヒルダが建立したウィットビー大修道院の廃墟で発掘に参加している。この地に到着してから、彼女は毎晩、おそろしい悪夢にうなされる。夢のなかで、いつも男に首を切り裂かれ、血みどろになるのだ。シーアンは毎朝、高台にある大修道院へ向かうため、199段の石段をのぼってゆく。ある日、そこでハドリアヌスという犬を連れた、マグナスという男性と出会う。知り合ってまもなく、彼は父親の遺品だという、小さな瓶に入った手紙をシーアンにさしだす。それは18世紀に書かれた秘密の告白録だった。判読を試みるシーアンの手によって、1ページずつ明らかになるその内容とは…。中世の修道院、18世紀の悲劇、現代のシーアンとマグナス。ドラキュラ伝説で有名なウィットビーを舞台に、過去と現在が交錯する"ゴシック"な愛の物語。

祈りの階段はこんな本です

ツイートする