獄中記―地獄篇

  • 25人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Jeffrey Archer  田口 俊樹 
  • アーティストハウスパブリッシャーズ (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048981460

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
ジェフリー アー...
有効な右矢印 無効な右矢印

獄中記―地獄篇の感想・レビュー・書評

  • 偽証罪で実刑4年を受けたベストセラー作家による獄中記。本書は最初の収監22日間を綴った。冒頭は自分への戸惑い、慣れてゆくにつれ監獄の理不尽さへの怒りと視点が次第に移る。落ち着いた筆致と少しのユーモアで綴られた本書は、花輪和一「刑務所の中」に通じるの穏やかな停滞を感じた。日本の刑務所よりイギリスは自由度が高そうだが。本書はさらにシリーズ化され、続編があるそう。そちらへも興味が沸く。単なる日記で事件が起こってはおかしいはずだが、なんらか日々の出来事がある。

  • 小学生の頃から大好きなジェフリーアーチャーです。投獄されたときの話まで出版しちゃうんだからさすがですが、やっぱりこの人の手にかかると、普段の監獄の生活も一味違った観点で表現できると重います。いつもどおり、一気によんじゃました。(笑)

  • さすがジェフリー・アーチャー。獄中体験まで小説にしてしまう。すごい。

全3件中 1 - 3件を表示

獄中記―地獄篇の作品紹介

アーチャー、刑務所送りに-2001年7月19日、衝撃のニュースが世界中を駆けぬけた。世界的ベストセラー作家にて元英国下院議員アーチャーが、偽証罪に問われ、4年の禁固刑を言い渡されたのだ。アーチャー自身が過酷な刑務所生活を克明に綴り、大きな波紋を呼んだ衝撃作、遂に日本上陸。

ツイートする