X (第17巻) (あすかコミックス)

  • 634人登録
  • 3.36評価
    • (34)
    • (32)
    • (203)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : CLAMP
  • 角川書店 (2001年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784049248821

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

X (第17巻) (あすかコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 失った右目に桜塚護の左目を移植し、皇昴流くんが7つの御使いに闇落ちする展開はかなり熱い。最強の陰陽師だったはずの皇くんが、陰陽道を使った暗殺稼業の桜塚護の後を継ぐってどういうことだ。

  • 【Kindle版】丁の声は庚には届いたのに、気のせいにされてしまった。裏丁どうにかならないかな… 不機嫌な獣も不穏な感じ。空汰と嵐、おめでとう。星史郎の望みも自分勝手と言えば自分勝手。そうすることで、桜塚護の力を与えることになるってわかっていたはずなのに。でも、昴流のあの大事そうに抱える様子…複雑。おまけの昔の封真と神威の可愛らしさが未来を思うと悲しい。

  • 相変わらず東京BABYLON組の行く末を追う友人から借りているので本編の内容は殆どわかっていないが……。

    友人の持っていない巻の分を後からググって補足したところ、星史郎さんは前巻で、北都ちゃんのその身を犠牲にした術によって死んだらしい。
    昴流は星史郎に殺されたいと願っていたもののそれが叶わず、星史郎の遺した左目を受け入れる事により、「自分以外の人間がつけた傷跡を昴流から消す」という星史郎の望み(だと言われた事)を叶える。
    同時に桜塚護の力を受け継ぎ、『地の龍』の空席を埋める事になった。

  • 000114,K032-Z9999999-032

  • 地の龍が本格的に暴れだした。東京を破壊すべく、天の龍の裏をかき行動する。天の龍の道を示す夢見・丁(ひのと)も、もう一人の丁の支配を受け…。

  • 20060818:読了

  • 世界の終末が舞台になっている作品。主人公にふりかかる至難やつらい事など、ストーリーもとても面白いです。

  • やりきれないなあ、星史郎さんと昴流って。

全8件中 1 - 8件を表示

X (第17巻) (あすかコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

X (第17巻) (あすかコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

X (第17巻) (あすかコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

X (第17巻) (あすかコミックス)のKindle版

ツイートする