リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険 (学研のノンフィクション)

  • 27人登録
  • 4.17評価
    • (6)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 学習研究社 (1991年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784051019570

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険 (学研のノンフィクション)の感想・レビュー・書評

  • 歩いてリヤカーを引いて、たった一人アフリカを横断したへんなおじさんことリヤカーマンの体験談。よく生きて帰ってきたなというのがまず最初の感想。そして人とのいい出会いにどれだけ支えられて、このアフリカ大陸やサハラ砂漠を歩いて横断するという前代未聞の冒険の成功があったのかということがダイレクトに伝わってきた。読んでいて思わず『ありがとう!貴重な水を分けてくれて!』と言いたくなってしまった。

  • やっぱ砂漠がきつそうだった。次がジャングルとツェツェバエとマラリア。本当に勇気が出てくる。そして、計画の大切さも教えてくれる。

  • 小学生の時に図書館にあった本で、とても感動したのを覚えています。(読了日は、適当ですが)

    リヤカーの田吾作を引いてアフリカを縦断するという内容以外は、今ではほとんど覚えていないのですが、この本で感想文を書きました。
    感想文が書きやすい内容だし、とてもいい本です。

    当時は、距離感覚がまだ養われてなくてイメージがわかなかったですが、今思えばとてつもないチャレンジですよね。

  • 小学生の頃にいだいた夢を実現。一年がかりで歩いてアフリカ大陸を横断・縦断。旅程は実に11,000キロ! 旅行本の域を超えているが、あえて分類しておく。

全5件中 1 - 5件を表示

リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険 (学研のノンフィクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険 (学研のノンフィクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険 (学研のノンフィクション)はこんな本です

ツイートする