あぶない学園大さわぎ (レモン文庫)

  • 32人登録
  • 4.15評価
    • (7)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森奈津子
制作 : あすみ きり 
  • 学研 (1993年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784051064082

あぶない学園大さわぎ (レモン文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガチレズの女子高生が初恋の女の子を追って男だらけの高校に入学し、つれない彼女の歓心を得るために、一癖も二癖もある仲間たちとサークルを立ち上げる(そしてすぐに潰される)という学園コメディなのだがこうやって書くとどんな話かさっぱりですな。
    この作品の面白ポイントは、変人が変人として実に自由に、楽しく生きているところである。変人として生きる辛さを感じる前に、この作品が幼い自分に変人として生きる方が楽しいという価値観を植え付けてしまった。人生は楽しいが作者は責任をとってほしい。
    もう100回くらい読み返してる気がするが、未だに大笑いできる。自分の人生にとって大事な一冊である。

  • 真性レズビアンの女子高生が、幼なじみで初恋の相手の高飛車な美少女と、サークル勝負をする。そこに、美少女のいとこの美少年に一目惚れした箱入りハンサム変人とか、美少女の家来に喜んでなっている、バイの先輩とか、
    いろんな変人奇人変態が出てくる、学園コメディ。

    十数年前にこんな話を生み出した森さんを心底尊敬します。

    お杉くんなんて目じゃないガチな祐介の、迫りっぷりがいっそ清々しい。笑

    全員潔いほどアブノーマルでギャグやってるので心の底から楽しんでました。

  • このシリーズ知ってる人お友達になりましょう!

  • このシリーズは本当に面白いです!!めっちゃ続編出て欲しい作品。

全4件中 1 - 4件を表示

あぶない学園大さわぎ (レモン文庫)はこんな本です

ツイートする