なっとうぼうや (学研おはなし絵本)

  • 71人登録
  • 3.48評価
    • (6)
    • (4)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
  • 学習研究社 (2004年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052022944

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある朝、キリンののった君が朝ごはんの支度を手伝っていると、納豆のパックの中から歌が聞こえてきました。
    「♪ネバ ネバ ネバ ネバ なっとうぼうや……」
    歌いながら逃げて行ってしまう納豆たちを追いかけて、のった君が右往左往するお話。

    絵がかわいらしく、納豆好きの娘に受けるかな?と思ったのですが、結局誰の口にも入らない納豆に私が??? なんで???

  • キリンのった

  • 納豆が歌いながら逃げ出しますよ。ほんとに納豆逃げたしたら臭いがなぁ、なんて思いながら、でもリズムが楽しく、結構好きで読み聞かせました。

  • 4歳3ヶ月姉姫に読み聞かせる用に借りた……つもりだったが、自分でバリバリ読んでいた(成長の早さにホロリ)
    1歳11ヶ月ちび姫も、姉姫の読み聞かせに耳を傾けていた。
    二人とも納豆大好きっ子なので、かなり楽しく読んでいたみたい。
    そして読み終わると必ず言うんだ「納豆食べたい!」って。
    ……在庫管理が大変です(爆)

    この同じ作者のシリーズで『おとうふちゃん』というのがあるのを、検索掛けた時に知った。今度借りてみようっと。「(おみそ)しる」大好きちび姫の反応がよさそう。

  • 最後には納豆食べました。って話なのかと思いきや!
    なっとうぼうや探しの旅に出ます!
    読み聞かせしながら適当に歌にしてたので娘は大喜びでした。

  • なっとう好きな子どもたちに、と借りてきました。
    言葉がとてもリズミカルで楽しいです。
    お話もまたおもしろい。
    なっとうぼうやたち、手をつないであっちへこっちへ
    逃げ出してしまうのです。

    さあ、どうなったでしょう…。

  • リズミカルで楽しい納豆達。
    ご飯の上から脱げだしたのを捕まえたのだけれど…結局再度逃げられてしまいました。ノリが良く、テンポ良く楽しく読みました。

  • ねばねばねばねば、なっとうぼうや。
    主人公がなぜきりん?となんとなく母は疑問。

  • なっとうを食べようとしたら、パックの中から歌声が聞こえます。
    「ネバネバネバネバなっとうぼうや、おててつないでネバネバよ♪」
    こんなにかわいいなっとうぼうや達を、非情にも最後は食べちゃうのかと思いましたが・・・

全11件中 1 - 10件を表示

わたなべあやの作品

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)はこんな本です

なっとうぼうや (学研おはなし絵本)のKindle版

ツイートする