とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐藤真海
  • 学研マーケティング (2012年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (137ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052035555

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)の感想・レビュー・書評

  • 佐藤真海さんの自伝です。「神様はこえられない試練はあたえないのよ」というお母さんの言葉を胸に頑張ってこられた真海さん。私達もこの言葉を胸に自分なりに頑張っていきたい。

  • 今は結婚して谷真海となった著者の一冊。

    骨肉腫から右足が義足になるも、そこでめげずに一念発起してパラリンピアンとなる姿は、普通に感動を覚える。
    2012年なのでまだ東京オリンピック誘致の話は出てこないものの、十分楽しめた。

  • 素晴らしく 強烈な ポジティブシンキングの 持ち主の 真海さん。こらからの さらなる活躍に 期待します!!

  • 子供向けなのですぐに読めました。

    スポーツする事が息をする事のような真美さんが
    ある時骨肉腫と診断され、即、足を切断。
    それだけでも想像を絶する体験。
    その後、新たなスポーツに巡り会い、
    五輪に3度も出場。
    しかし・・・故郷はあの震災で被災。

    五輪招致のプレゼンで、彼女が歩んできた
    道の険しさ、乗り越えた強さ、そして
    その笑顔が世界中に感動を呼びました。

    自分一人ではなく、周りの人との繋がりの強さを
    身をもって知ってきた彼女だからこそ、
    その文には偽りはありません。
    本当はもっともっと悩んだり苦しんだだろうけど、
    よくここまで自分の気持ちを整理してきたなあと驚きます。

    講演会の話を聞いているようで、子供に多くの勇気を与えた、
    これからも与えていくでしょう。
    いろいろと悩む事が多い今の子供達に読んで欲しいです。

  •  アテネ、北京、ロンドン…パラリンピックの走り幅跳びの日本代表として3大会に出場した佐藤真海さん。気仙沼の出身。子どもの頃からスポーツが好きだった真海さんは、大学生の時に骨肉腫のため右足のひざから下を切断。つらいリハビリ生活…。真海さんが感じたスポーツのチカラ。震災で被災したふるさと気仙沼についても。
     最近、東京オリンピックの招致のプレゼンでスピーチをされていた。それで興味をもち、この本を読んだ。

  • まみさんは、足を切断したけど、また、スポーツをしてすごい!

全6件中 1 - 6件を表示

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)を本棚に登録しているひと

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)の作品紹介

佐藤真海選手は二十歳のとき、骨肉種のため右足下切断。義足生活となるが、大好きなスポーツを通して、再び、自分らしさを取りもどす。陸上走り幅跳び日本代表として、アテネ、北京、ロンドンと三大会のパラリンピックに出場!「限界のふた」をはずし、どこまでもちょう戦しつづける佐藤真海選手の、命のかがやきがほとばしる物語。

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)はこんな本です

とぶ! 夢に向かって: ロンドンパラリンピック陸上日本代表・佐藤真海物語 (スポーツノンフィクション)のKindle版

ツイートする