パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)

  • 21人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森島いずみ
制作 : 狩野 富貴子 
  • 学研教育出版 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052035920

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R・J・パラシオ
吉野万理子
市川 朔久子
ヨシタケシンスケ
吉野 万理子
福田 隆浩
有効な右矢印 無効な右矢印

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)の感想・レビュー・書評

  • さすが高学年。ここまで読めるのか。
    泣かせるのは、大人だから?

  •  震災で母を亡くし(所属する劇団の公演のため訪れていた仙台で被災)、東京から山梨のおじいさんの家へ移り住むことになった小6の早紀が主人公。

  • ママと二人暮らしだったのに、3.1 1の大震災でママを亡くしてしまった早紀。
    今まで会ったこともないおじいさんと一緒に暮らすことになるのですが…。
    すごく胸がいたくて、涙があふれそうになりました。
    早紀もいい子だけど、早紀の周りの大人たちも、ステキな人ばかりです。
    田舎の自然、出会い、いろんな姿をみせるカボチャと早紀の成長。
    泣きたいのに、胸があたたかくなりました。

全3件中 1 - 3件を表示

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)を本棚に「積読」で登録しているひと

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)の作品紹介

三月十一日、大地震が起こった。-そしてそれに続く大津波で、早紀(小6)は母を失った。ひとりとなった早紀は、まだ会ったこともないおじいさんをたずねて、パンプキン・ロード(カボチャの道)へ向かった。-それは「目には見えないが、たいせつなもの」をさがすための旅立ちだった。第20回小川未明文学賞大賞受賞作品。

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)はこんな本です

パンプキン・ロード (ティーンズ文学館)のKindle版

ツイートする