ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 今井恭子
制作 : 小松 良佳 
  • 学研教育出版 (2012年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052036033

ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)の感想・レビュー・書評

  •  5年生の健は、水泳の授業ではずっと見学。プールに入ったことはない。水が怖くて、おふろでさえ父さんといっしょでなければ湯船にはつからない。その理由は自分でも分からなかった。何度も見る夢の中の景色、1つ年上の姉の自分への態度、怪我のせいで少し足の悪い父のこと、犬のロビンのこと。姉の言葉から忘れていた記憶が少しずつよみがえってきて…。

  • 5年生の健は、今まで一度もプールへ入ったことがない。
    その理由は、水が怖いからだと思っていたけれど、それだけじゃないようで…。
    水に入れない理由。お父さんの足のケガ。自分だけが忘れている出来事―罪。
    前へ進もうとする勇気が、キラキラしていて、いいなぁと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)の作品紹介

5年生の健は水が苦手で、プールの時間も見学ばかり。なぜそんなに水がこわいのか、健は自分でもよくわからなかったが、忘れかけていた記憶が少しずつよみがえってきて…。

ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)はこんな本です

ぼくのプールサイド (ティーンズ文学館)のKindle版

ツイートする