トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 降矢 なな  Betsy Byars  もりうち すみこ 
  • 学研教育出版 (2015年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (78ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052036910

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)の感想・レビュー・書評

  • たつまきが来たとき、僕たち家族と農場で働くピートは、地下室に避難する。
    そこでいつもピートが話してくれるのは、ピートが子どもの頃に、たつまきと共にやってきた大きな黒い犬のことだ。

    黒い犬をトルネード(たつまき)と名付けて、ピートは仲良く遊んだ。
    トルネードは賢い犬でピートの自慢だったが、本当の飼い主が分かったら返すことは、覚悟しているつもりだった。

全1件中 1 - 1件を表示

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)を本棚に登録しているひと

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)を本棚に「積読」で登録しているひと

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)の作品紹介

すさまじい竜巻が、村に近づいてくる。地下室に避難した子どもたち。不安な気持ちでおびえる子どもたちに、むかしむかしにあった、ふしぎな話をすることになる。それは、竜巻とともにやってきた、一匹の犬の話だった。

トルネード! たつまきとともに来た犬 (ジュニア文学館)はこんな本です

ツイートする