赤い悪夢 (5分後に意外な結末)

  • 250人登録
  • 3.50評価
    • (10)
    • (19)
    • (24)
    • (5)
    • (2)
  • 23レビュー
制作 : 学研教育出版 
  • 学研プラス (2013年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052038952

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
朝井 リョウ
米澤 穂信
有川 浩
辻村 深月
三浦 しをん
米澤 穂信
辻村 深月
中田 永一
沼田 まほかる
森見 登美彦
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生くらい向けの、短編ミステリ。
    それぞれ5〜7ページずつの短編で、5分どころか1話2分くらいで読める。
    簡単なミステリーで、ほとんどが割とバッドエンドだけど、1話だけ温かい話があったかな。
    よくある話や、すぐ先が読めたりするストーリーがほどんど。
    読書が苦手な中学生や、本を読む楽しさをまだ知らない子向けの本かな。

    読みやすいから、この本で読書が楽しいということに気づく子供が増えるといいな。

  • 怖いのもあれば、面白いのもある

  • 開いた窓
    少女が即興で嘘話を作るのが上手すぎる話

    猿の手
    客人が置いていった猿の手で息子を死なせてしまい、生き返らせたら襲いにきたので、最後の願いで墓に戻した話

    父の時給
    父が忙しくて息子と遊ぶ暇がなかったので、息子が父の時給を聞き出し、父の時給分のお金を集めて父の時間を買った話

    幸せグラフ
    夢や目標を叶えようとしているときが、1番幸せだという話

    空席

  • まあ、こんな感じだろう。

  • 1つの話がそんなに長くなく、すらすらと読める作品です。それに、現実では起きそうにないことも描かれていて、読んでいて楽しい気持ちになります。

  • サラリと読める一冊。
    短編の楽しさを感じられた。
    「父の時給」
    「たどり着けない星」
    この2作品が気に入った。

  • No.945
    1. 目的

    2. 得たこと

    3. アイデア

  • 児童書コーナーで見つけた。
    赤、青、白、黒、黄と綺麗に棚に複数挿してあり(赤だけが面出し)、装丁にも字体にも惹かれた。
    中身は30篇の短篇。
    欧米の小噺や、ショートホラーなど、どこかで知っている話が多いのだが、視点を変えて見ることで生まれる納得の行くのだが謎解きがおもしろい。
    本のおもしろさを知った子どもみたいに楽しく読んでいる。
    各色揃っているセットには個人的にすごく弱い。

  • おもしろい。

  • 私は読書初心者なので、読んだ事がある話は1つもありませんでした。
    1つ1つが短いので、合間合間にサラリと読めていいです。
    1つの話は本当に5分程度で読めてしまうのに、最後はギクリとするような展開。
    短い時間で、ちょっとしたスリルが味わえて良いです。

全23件中 1 - 10件を表示

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)の作品紹介

SF、ホラー、ミステリー。くすっと笑える話、ぞっとする話、感動する話。ページにして数ページ、5分程度の時間で読めて、最後に「あっと驚くドンデン返し」。そんなショートショートを集めたアンソロジー。、朝読にも最適な一冊。

赤い悪夢 (5分後に意外な結末)のKindle版

ツイートする