だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 橋元淳一郎
  • 学習研究社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784053007384

だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)の感想・レビュー・書評

  • トリガーワード「ma=F、重力質量、慣性質量、見える力
             感じる力、タッチの定理、運動量とエネルギーの違い」

    『物理はイメージが大切!!』とする著者の考えに共感し、購入。

    ①『ma=F???』
     mは質量、aは加速度、Fは力。
     質量は変化しないので、物体に働く力によって起こるのは、
     速度の変化である。

    ②『ma=1→a=1/mの意味』
     Fを一定とすると、加速度は質量に反比例。
     つまり、重いと加速しにくい。

    ③『運動量とエネルギーの違い』
     運動量には向き(ベクトル)がある。
     エネルギーには、向きがない。

    高校の教科書には公式がたくさん出てきて???でしたが、
    公式はどういうことを抽象化しているのかを理解できて、物理
    が少し身近に感じられました。

全1件中 1 - 1件を表示

橋元淳一郎の作品一覧

橋元淳一郎の作品ランキング・新刊情報

だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)を本棚に登録しているひと

だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

だれも教えてくれない橋元先生のみんなの物理 (快適受験アルファブックス)はこんな本です

ツイートする