異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)

  • 14人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中里融司
  • 学習研究社 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054025134

異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)の感想・レビュー・書評

  • 舞台は九州に移りました。
    九州といえば、島津さん家!! 島津さんをゲットしない限り九州の席巻は叶いませんよね。
    捨てガマリと釣り野伏せり、発想が非情…考え方が合理的で切ないのがまた泣かせる萌えさせる。

    黒官がどうしても胡散臭い(失礼)ので安心出来ません。
    これから一波乱かましてくれることを期待します。黒官と高台院様が組めば良い!!

    そして、度々出てくる秀頼が石田さんに匿われてるのバレたらマズいという件。
    フラグですよね? 於虎と於市は間違いなく釣られるんですよね?

全2件中 1 - 2件を表示

異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)はこんな本です

異戦関ヶ原〈3〉上方脱出 (歴史群像新書)のKindle版

ツイートする