文学における超自然の恐怖

  • 29人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大瀧啓裕
制作 : H.P.ラヴクラフト 
  • 学習研究社 (2009年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054037472

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・W・チ...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

文学における超自然の恐怖の感想・レビュー・書評

  • ホラー小説の帯によく引用されるあの有名な冒頭の文章を含む表題作の評論は怪奇ファン必読(たとえラヴクラフティアンでなくても)。国書の「定本ラヴクラフト全集」がもはや手に入らないのでこの本で読むことができるのはとてもうれしい。

  • うふふ、久しぶりのH・P・ラヴクラフト、そして、久しぶりの大瀧啓裕なんです。

    残念ながら、エヴァンゲリオンについて語る彼は少し眉唾ものかしらんという気がしないでもありませんが、ことラヴクラフトに関してのケースケは彼の化身であるかのような、まがまがしき凄味を感じさせ超シビレルんです。(右往左往する三人称でごめんなさい!)

    創元推理文庫のラヴクラフト全集9冊をはじめ、ダンリイやコリン・ウイルソン、クラインなど今から思えば多少なりともインチキくさくも無きにしも非ずですが、中学生にとってはヒロポン、はちょっと古すぎますね、LSDのような幻覚の魅惑の世界への入り口で、SFとはまた違った趣向の異端へのパスポートだった気がします。

    理論的補てんは、澁澤龍彦と荒俣宏におまかせでしたが、奇しくも、私はどちらかというと理論の方に惹かれていって、創作物から遊離していってしまいました。

    ・・・・・まだ本題に入ってません。

全2件中 1 - 2件を表示

文学における超自然の恐怖を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学における超自然の恐怖の作品紹介

人類の最も古く最も強烈な感情は恐怖である!怪奇幻想文学の系譜を解析した代表的論考。全集未収録の詩篇、小品、未定稿を併収。

文学における超自然の恐怖はこんな本です

ツイートする