チェイス 国税査察官

  • 34人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 坂元裕二
  • 学研パブリッシング (2010年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054046108

チェイス 国税査察官の感想・レビュー・書評

  • 読み始めて気が付いたけど、前にNHKで井浦新が出演してたドラマの原作なんだね
    けっこう面白いドラマだったから、よく覚えてる
    次はこの作家さんの他の作品を読んでみようと思います

  • 脱税は重罪です。

  • NHKでドラマ化された本ということで読んでみることにしました。国税査察官(昔はマルサなんて呼ばれていたそうです)の話で難しいかなと思ったが意外とサクサク読めました。結末も予想を裏切られた展開で、ちょっとスッキリしない終わり方かも。

  • 面白かった
    だけど、この寂寥感はなんだろう
    誰も救われない
    お金は大事だし税金も納めたくなくなるのも分かる
    国がちゃんと運営していないから
    でも、脱税する人がいる一方、金持ちじゃなくてもちゃんと納税している人もいる
    上を目指す=金持ち
    の図式以外で人は幸せにはなれないのかな

    ドラマで気になっていたので、読んでみました
    もう一冊国税査察官の本があったのでそっちも読んでみます

全5件中 1 - 5件を表示

チェイス 国税査察官の作品紹介

お金を増やす一番いい方法とは、税金を払わないことだ-。カリブの手品師と呼ばれる天才脱税コンサルタント、村雲修次は、巨額の遺産を相続する桧山基一の相続税を消し去るスキームに取りかかる。いっぽう国税査察官・春馬草輔は、妻を亡くした飛行機事故の影に見えない敵の存在を感じ、執拗な調査で核心に迫っていく…。6000億円もの資産を巡る脱税スキームと、その裏に隠された遠大な復讐劇を描く社会派エンターテインメント。

チェイス 国税査察官はこんな本です

ツイートする