群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 横山信義
  • 学研パブリッシング (2013年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054055797

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)の感想・レビュー・書評

  •  物語の展開としても作者の癖からしても予想通りの米国の反撃。手痛い反撃を受け敗北するところまではいつもどおりだったが、パナマ運河という枷がなくなった米国の刺客は一味違った。結果から見れば拠点防衛に成功した日本側の勝利にも見えるが、艦だけでなく優秀な指揮官まで失ってしまうなど損害は明らかに日本側が大きい。戦術でどこまで粘れるのかという点が重要なのだが、火力の差が大きすぎる。その上、さらなる刺客まで用意されている以上勝ち目がないように思えてくる。

  • サブタイトル「航空要塞トラック」のとおり、米軍のトラック侵攻。
    パナマが繋がってしまって、いくらでもデカイ戦艦を建造できる米国と戦艦を作る金が無い日本の戦いのお話第2巻。

    で、さっそく怪しげな米戦艦登場。40センチ50口径4連装砲塔3基を艦橋前部に配置。ネルソンとリシュリューの合体アメリカ版って感じかな

    次巻は46センチ3連装砲塔4基の戦艦が登場らしい
    航空主兵の日本よりも大艦巨砲の米国がメインの話だったりして
    もしかして20インチ(51センチ)も用意してるのだろうか?

全2件中 1 - 2件を表示

群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)を本棚に登録しているひと

群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)の作品紹介

昭和16年12月に生起した東シナ海海戦(米側呼称:バトル・オブ・ミヤコ・アイランド)で見るも無残な敗北を喫した米海軍は、雪辱を期して「デラウェア級」をしのぐ巨大新鋭戦艦「コネチカット級」2隻を竣工させ、太平洋艦隊に編入した。昭和17年5月5日、米太平洋艦隊はハワイ・真珠湾を出港する。目指すは、日本海軍が主だった艦隊と基地航空隊を集結させているトラック環礁だ。中部太平洋の制海権をめぐって激突する日本機動部隊と米太平洋艦隊!日本は"航空要塞"トラックを死守できるのか!?-。

群龍の海〈2〉航空要塞トラック (歴史群像新書)はこんな本です

ツイートする