人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

  • 257人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (23)
    • (18)
    • (8)
    • (4)
  • 33レビュー
著者 : 千田琢哉
  • 学研プラス (2016年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054063839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣の感想・レビュー・書評

  • 途中まではこの人の本を他にも読んでみようと思っていたけど、恋愛のところで「女は朝早く起きてこういう本を読んでオトコゴコロを勉強しろ」ってあるのに読む気が失せてしまった。男はビジネス書なのになんで?

  • これ読んでどれほど感動しても私は早起きできないと思う

  • 始発電車は動く勉強部屋!
    毎朝同じ電車に乗っている人は、同じような人生を歩んでいる。早い時間帯の電車には余裕のある人が多いらしい。
    遅刻は「やる気がない」証拠。

    今年、私は朝から変わるぞ!

  • 朝に活動することの大切さ、効率の良さが書かれていて早起きを習慣にしようという気にさせる一冊。
    読みやすく、頭に入りやすい。

  • 【図書館】千田さんは初読みかも。早起きを習慣にしたくて、こういう書籍をチョコチョコ読んでます。行間もあり字も大きいので読みやすかったです。朝の過ごし方と睡眠が人生の主役ということが改めてわかりました。

  • 早起きをして勉強やジョギングをすることで一日が充実することは経験上わかっているものの、なかなか続かない。
    改めて朝中心の生活をするために、自分を鼓舞するためにも読んでみた。

    「早起きが成功の秘訣なら、新聞配達員はみんな成功者になる」

    たしかにその通りである。朝の時間をどう使うかが重要であり、早起きを目標にしてもしょうがない。

    朝の勉強は、「○時までしか勉強できない」と時間制限のプレッシャーで集中できる。あまりプレッシャーをかけてもしょうがないが、夜だらだらやるよりよっぽどいいだろう。

    「徹夜の勉強は自己満足、朝勉は自己実現のため。」
    徹夜をすると、やった気になるもののたいして身についていないことがしばしば。朝の充実した時間をうまく使いたい。

    また睡眠の大切さ。勉強したあとに寝ることで脳内が整理され、記憶が定着する。過去に読んだ本でもよく書いてあったが、さらに朝復習することでしっかりて着できるとのこと。これだけいろいろな本で書かれているので、実践しない手はない。

    眠さを我慢して勉強するより、すっきりした頭で短時間集中する。どうしても眠い時は無理に勉強するより、一度寝て頭をクリアにしたほうが勉強は効果がある。
    試験前などはなかなかできないことではあるが、眠いのにやってもたいして意味はないことは経験済み。
    今後に活かせれば読んだ意味がある。

    44歳にして英語の勉強を始めた私にとって、朝の時間の使いかたは大切なことである。
    慣れてしまえば、朝の活動は快適なものになるだろう。

    少し我慢してがんばってみよう。

  • 朝の方が仕事の効率も上がるし、通勤も楽だし、そりゃそうだなぁと。もともと朝型の私には新しい発見はなかったかな。ただ夜型の人が読んだ場合は、職場には早くいったり今まで損してたのかも、なんて思うかもしれない。

  • いつもある早起き推奨本。内容はいつも通り、朝起きれば素晴らしいと言い続けるだけ。朝起きる方法はこの本では得られない。とにかく早起きは正義。

  • 目覚めが幸せな人は幸せな人生を送っている。

  • ただ単に朝早く起きればいいというものではなく、朝起きて何をして過ごすか、何を楽しみに目を覚ますかが 、大切なんだなぁと学んだ。私も何かワクワクできるものがあるだろうかと振り返って見たら、言われてみればジムを楽しみに起きている。お母さんと家を出れるのも1つの理由だ。社会に出たらお偉いさんたちと朝の繋がりを作りたいと思った。

  • 内容的には他の早起き本と同じだが、
    一つ新鮮だったのはp33に書いてあった空腹についてのこと。

    空腹とは胃を大掃除して美しい状態に保つための状態。
    胃を空っぽにして眠れば、すっきり目覚められる、とのこと。

    これを常に頭に置いておけば、空腹になるという恐怖から逃れられる、気がする。

  • 私にはとても新鮮な内容で勉強になりました。誰でも出来ることだけど誰もがやっているわけではないこと。実践したいと思ったことはとにかく一度実践してみたいと思います。

  • 連日、仕事の疲れを引きずって翌朝もぐずぐず眠っていた。今朝この本を読むためにいつもより45分早く目覚ましをかけて起きたところ、早朝読書の良さを知った。本書は目次を読むだけでもだいたいの話の内容は掴めるので忙しいサラリーマンでもサッと読めるし、出世願望があるなら第2章はぜひ読んでほしい。わたしはこれを機に就寝前の読書から早朝読書にシフトしようと思う。趣味をただの「読書」ではなく「早朝読書」と言えるくらい習慣化したい。

    「朝は誰でも嫌な言葉を発したくないから、いい人モードになりやすい。」

  • 今日のなるほど

    短時間で熟睡したければ、空腹のまま眠る。
    空腹とは胃を大掃除して美しい状態に保つための状態。

    寝起きが良くなるサプリメントがあれば、どんどん活用する。
    効果を実感できれば、たとえそれが単なる思い込みによるものでも安いもの。

    今日も朝、目が覚めたことに感謝する。
    朝の感謝で問題は自然に解決していく。

    ・・・

    最近、歳のせいか朝目が覚めるようになってきた。感謝して、頑張ろう。

  • 印象に残った部分
    朝4時から仕事を開始し、正午に退社するのがスタンダードの会社があれば、間違いなく業績が上がるだろう。
    夜明け前から全力で仕事を始め、
    ランチタイムには清々しく退社して家族サービスもできるというのは、
    究極の理想だと思うがいかがだろうか。
    すでに述べたように私がコンサル会社に転職した当初、
    それに近い時間帯で仕事をしていたが、
    表面上は8時間労働でも実質24時間労働以上の量をこなせたものだ。
    それくらい、朝には地球上すべてのエネルギーが満ちている。
    そして夜になればなるほど、地球上すべてのエネルギーがしぼんでいくのだ。
    〜「朝は運気の塊」

  • 睡眠の質を良くするためによるは空腹にする。朝勉の勧めなどが良かった。

  • 「あなたの目覚めが悪いのは、嫌いなことをやって生きているから」

     序盤で出てくるこの言葉に納得である。
     確かに嫌いなことをやるために早起きしようとか思わないよね! じゃあまず転職だね! 好きな仕事をしよう!ということなんだろうか……。

     まぁ好きを仕事にして、かつ、上司が「早起き推奨派」なら出世の早道になるんだろうとはおもうのだが。

     たとえば出世して部下を持つとしよう。
     その部下にこの本に書かれてることを勧めたら、それはおかしな話になる。ブラック企業ですから。
     社員ってものは、雇用契約により働いているのであり、契約にない過剰なやる気を求められても困る。

     とりあえず、仕事が好きじゃない人は、この本に書かれていることを読んで真似しない方が良いと思う。たぶん倒れる。
     また、仕事が好きだとしても、体調や上司の嗜好に合わせて真似すると良いんじゃないかな。


     本作に関係ないけれども、ビジネス書って著者がビジネスを行っていた時代の常識がベースとなっていると思う。たとえばバブル時代とか、サブプライムローン時代とかね。
     そういう意味において、著者の生年月日が書いていないってどういうことなんだろう……。これだけニッチな実用書を書いた背景が知りたい。

  • 言いたいことは表題の通り。なかなか興味深く読めた。結局のところ、一番重要なのは睡眠で、すべての物事は朝一番で進めると上手く進む。通勤しかり打ち合わせ、会議等など。この本を読んで朝早く出勤をする気にはなった。

  • 朝って大事だな。

  • どちらかと言うと朝型の私には、あまり新鮮さはなくごく当たり前の内容でした。
    夜型の人は多方面で損してるのかもしれないと気づかせてもらいました。
    私は知らず知らずのうちに得してたんだなあ。

    学生の母として気になるページがありましたよ。

  • 朝活本は何冊か読んだが、最も実践したいと思えるテクニックが多かった。恋愛の項目は少し無理やりに感じたが、その他の項目はトライするメリットがわかりやすく、読むとわくわく、明日にもやってみよう!とやる気が出る内容だった。そもそも、朝起きれないのは好きなことをして生活していないからという根本的原因に気が付くことができた。今している活動や自分の人生について考え直すきっかけにもなるかもしれない。

  • 著者の本を読み始めるきっかけとなった一冊。面白い。読みやすい。一気に読める。私も早起きするようになった。

  • 人生は朝勝負!!な一冊

    1.朝、目覚めが幸福な人は人生の勝者である
    2.仕事は、朝で決まる
    3.勉強は、朝で決まる
    4.人間関係は、朝で決まる
    5.恋愛は、朝で決まる
    6.人生の勝負は、朝で決まる

    特に面白かったのは、5章の「恋愛は、朝で決まる」がユニークで良かったです。仕事や勉強、人生に早起きは最高だ!という本は多いですが、まさか、恋愛までも、と思える話。

    人間は、人生を決めるためにも、朝の習慣こそが全てなのかもしれません。早寝早起きをしよう!と改めて、認識できました。短文が続くだけに、あっさりと読めました。

  • とにかく朝に日光のもと有酸素運動

全33件中 1 - 25件を表示

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣を本棚に登録しているひと

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣を本棚に「積読」で登録しているひと

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣の作品紹介

勉強、出世、人脈、健康、そして恋愛…。20代のカリスマ・千田琢哉が大手損保勤務時代、そして経営コンサルタント時代にビジネスエリート3300人から学び取った朝の習慣術。成功者すべてが実践し、見事に成功をつかんだ「朝の戦略」を本書で公開する。

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣はこんな本です

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣のKindle版

ツイートする