がんばらない成長論

  • 90人登録
  • 4.05評価
    • (9)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 心屋仁之助
  • 学研プラス (2016年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054064089

がんばらない成長論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 頑張り過ぎる人
    その頑張りが報われず疲れてる人にお勧め
    「成長するために精魂傾けてやってきたことを
    適当にやる。なまける。さぼる…。
    いわゆる成長=泳ぐ
    ダラダラ=浮く=新しい流れに乗る」
    「本当に大事なものを、ほんの少しだけ
    持ったら、あとは捨てましょう」
    確実に今のままの未来か、「たまたま」がたくさん
    起こる可能性のある楽しい未来か。

  • この作者の思う「普通」が、すでにズレている気がするのです。
    まず、どこまで行っても、一人の話に思えます。
    人に迷惑かけるどころではなく、命を背負っている立場の人間に同じことが言えるのだろうかと思う。
    例えば子供を持つもの、例えば命を預かる仕事をするもの。
    そんな人たちに、「好きなことだけしてればいい」と言えるのだろうかと。
    そして、日本限定の話にも思える。
    すぐそばに戦争がある。すぐそばに飢えがある。そんな状況で言えることなのだろうかとも思う。
    そして、日本にも「貧困」があります。
    作者の言う「そこそこ」なんて、誰が実現できているでしょうか。

    逆に、死がそこにあるからこそ、ジタバタせずに、力を抜いてしまおうという考え方もあるかもしれない。その方が新しい道が開けるというのもひとつの可能性だと思います。

    しかし、そんな人たちには、彼の言葉はあまりにも軽く聞こえるのではないかと思ってしまいます。

  • ページをめくる度に「ありのままの自分でいいんだよ」と言われている気分になり、心が楽になった。

    自分を全肯定して、好きなことややりたいことをすることに、妥協なんてしなくていい。

    何のために成長したいか?というと、人の期待に答えるためが一番じゃない。自分や自分の大切な人を幸せにしたいから。

    この生きる本質を忘れず、「好き」なことを通して無意識のうちに成長し同時に幸せになっていきたい。

    嫌われるかな、失礼じゃないかな、と必要以上に気にしなくていい。周りは予想以上に優しいから。

    自分1人でやらなくちゃ、とも思わなくていい。頼れる人もいっぱいいるから。

    他人から見て何の意味もない合格点にこだわらず、自分の基準で自分を受け入れることで、自分が幸せになれる。

    もっと肩の力を抜いて楽に生きていいんだなと思えた一冊です。


    ぐさっと心にきた言葉は
    *今の自分を認めるために高い目標を設定することと、今の自分を認めている人がさらに高い目標を設定することはまったく違う。
    →私は前者でした。今のままでいい。「こんなもの」で大丈夫。自分を受け入れて認めよう。

    *人がうまくいかない理由は「私だから」人がうまくいく理由も「私だから」。

    *目標の人はいらない。人からの評価ではなく、その人が幸せを生んでいる心持ちを真似る。

    *もう、自分を低く見積もるのはやめにしましょう。その方がカッコ悪い。

    *本当に大事なものを、ほんの少しだけ持ったら、あとは捨てましょう。

    *気の乗らない仕事を断るということは、気の乗る仕事だけをする、ということ。楽しみながらじっくりできれば、仕事のクオリティがあがる。

    *いわゆる成長=泳ぐ
    だらだら=浮く=新たしい流れに乗る

    *表面上は負けてみせ、その脇をすり抜けるようにして好きなことを貫くのもあり。

    *その「問題」を「問題」と思うから問題になる。

    *うまくいけばうれしいけど、うまくいかなくても、自分という存在はこれっぽっちも損なわれないという自信を持つ。

  • ・あなたが目指しているのはどんな成長?「成長に対する執着」を手放したときに思いもよらぬ成長が手に入る。「成長しようとがんばる」ことはやめてしまっていい。

    ・幸せとは、「結果」という階段を上がっていった先にあるのではない。階段を上りきる途中途中の「踊り場」に、すでにある。人から認められるための「目標」なんて必要ない。

    ・信頼、実績、安心、安定…全部なくても大丈夫。すべてとは言いませんが、本当に大事なものを、ほんの少しだけ持ったら、あとは捨てましょう。

    ・人の期待に応えられないと、「えらいこと」になるのではない。自分の優先順位を間違えたときにこそ、本当に「えらいこと」になる。

    ・「これだけは持っていきたい」と大事に抱きしめていた「親の期待・愛情」。それを「えいやっ」と捨てることができたとき、あなたは、本当に自由に、のびのびと成長していくことができる。

    ・自分の中のタブーを一つひとつなくしていくことは、自分の枠を広げるということ。つまり、それあけあなたという人間の可能性が広がるということ。

    ・自信に根拠がないほど、自然と謙虚になる。そしていつも穏やかでいられる。言い換えれば、感謝している人、本当に謙虚な人とは、人に頼り、甘えている人だということ。

  • がんばらない成長。
    自分ががんばってると
    それを人に強要したり
    やらない人を責めたりする。
    自分一人でやるってことは
    周囲を信頼してない、頼りにしてない
    冷たいと思ってることと同じ。
    根拠のない自信がある人の周りは
    常に人がいて
    ためらいもなく、人に頼り甘えられる。
    そして、自然に謙虚になり
    人に感謝する。
    一人で頑張るのは
    ただのエゴなんだな。

    なんとー
    すぐ側に、いるじゃないか!
    「ありえない人」が、師匠。
    休み明けが楽しみだ。

    努力、目標、向上心
    全部すててしまえーー

  • 2016/8/8

  • 努力と我慢と忍耐と謙虚が美徳とされてきた「がんばる教」日本。大人の都合の良いように、「前にならえ」で小さい頃から知らず知らずに洗脳されてきたのだと思う。

    親から植え付けられた価値観やタブー、それが、自分の価値観(判断基準や世界)となっている。その価値観やタブーを壊していくことで、視界も広がるし、自分のいる世界も広がる。

    何事も問題視しないで、「そうなんだ〜」「いいんだ〜」と丸ごと受け入れる。かんたんにそう思えない時は、「思えないんだ〜」でOK。起こった出来事と戦わないこと、何事にも感情を乱されないこと。

    ポジティブシンキングではなく、根っこからの自己肯定。まずはそこが重要。根拠のない自信を持つこと。

    「だって私、大丈夫だから」という自信は、「私は、うまくいくから大丈夫」と同義ではない。それだと、うまくいかなかった時には「大丈夫ではない」ということになってしまうから。成長を導く「だって私、大丈夫だから」とは、「私は、うまくいかなくても大丈夫」という自信。うまくいけば嬉しいけれど、うまくいかなくても、自分という存在はこれっぽっちも損なわれない、という自信。

    無条件で、「私は、すごい。私は、大丈夫。私は、素晴らしい。」と思えれば、「みんな優しいし協力してくれる。何をしても許される」と言う自信に繋がる。そしれ、人に頼り、甘えている人は、「うっかり感謝、うっかり謙虚」してしまう。

  •  著者は、「今までしていた努力を、学びを、武器を、全部捨てたら、まるで重りをはずした気球のように大空高く舞い上がることができる」と述べています。
     本書は、これまでの「がんばり」とは無縁の、心屋流「新・成長論」をわかりやすくまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8262

  • 自分を許そうとか、自分を認めよう、みたいな本は自己啓発とかでたくさん読んだ気がするけど、なんだかそんなのよりさらに一回り大きく、自分を優しさで包み込んであげられる気持ちになる本だった。
    心屋さん1冊目。

    p26
    がんばってやってきて、今、こんなもの。
    ・・・・・だったら、こんなもので、もう、いいんじゃないか?

    p160
    日々のちいさな「好き嫌い」を意識することから、今までずっと他人軸で生きてしまった心を、ぐいっと自分軸に戻していってください。

    p171
    いいままで「問題だ」と思っていたことを「そうなんだ~」と許して受け入れることができたとき、人は大きく成長するのです。で、なかなか思えないときには、「思えないんだ~」でいいのです。

    p197
    ・・・そのさみしさも、そのまんま丸ごと受け入れることです。
     なんとかしようとせずに、「ああ、寂しいな~」「私、やっぱり寂しいと思ってるんだな~」と、ただ、声に出して、自分の心の中に漂わせておきましょう。
    ・・・人ってだんだん、その感情に飽きてくるんですね。
     すると、「さみしかったけど、もういいか」という具合に、自然と消えていきます。

全10件中 1 - 10件を表示

心屋仁之助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
心屋 仁之助
ロンダ・バーン
松下 幸之助
クスド フトシ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

がんばらない成長論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

がんばらない成長論を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

がんばらない成長論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

がんばらない成長論を本棚に「積読」で登録しているひと

がんばらない成長論の作品紹介

努力、目標、向上心…。全部捨てると、「ものすごい成長」がやってくる!自分の合格ラインを下げたところから、思いもよらぬ成長が始まる――。テレビで話題の超人気カウンセラー心屋仁之助直伝!これからの時代の、まったく新しい「がんばらない成長論」。

がんばらない成長論はこんな本です

がんばらない成長論のKindle版

ツイートする