陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)

  • 165人登録
  • 3.36評価
    • (8)
    • (13)
    • (53)
    • (0)
    • (1)
  • 16レビュー
  • 学研プラス (1993年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784056000818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった!

  • 本当は陰陽道だけでなく、
    古式の宗教全体が知りたかったのだけれど
    古本屋で安かったので購入。

    陰陽道とは
    「天文と占筮を中心とする占術、
    それらをもとにした呪術、
    さらに道教的・密教的祭祀を核にした日本的な秘教」
    らしい。

    本書では多くの写真や図を用いて陰陽道の教えと歴史を紹介。
    私自身の前提知識がないので
    どこまで本当なのか信憑性は分からないのだけれど、
    いろんなことが書いてあるとは思う。

    しかし陰陽道自体に強い思い入れはなかったので
    読んでる途中から眠くて仕方なくなってしまった。

  • 安倍晴明を中心に陰陽道をあますところなく解説するナイスな本。陰陽道とは何なのかがよくわかります。

  • 入門書としてはある程度の有益性を持っていると思われる。ここからより専門的な世界へ入っていけそうな気が涌く本だった。

  • 陰陽師の代名詞とも言うべき安倍清明の伝説・陰陽道の歴史・陰陽道の秘法と祭祀について・陰陽五行の思想について……などなどを広い視野で網羅した一冊。

  • このシリーズは入門に良いかも。広く浅くな感じ。

  • 安倍晴明と呪術関係に重点を置きすぎているという欠点があるが、読み物としてなら面白い。

  • 安倍晴明などで有名な陰陽道に関する資料。
    陰陽道の歴史や古代日本権力との関わり、有名な術者、符呪や式神などの秘術などが割と解りやすくまとめられています。
    土火木金水の五行思想は、自然界のシステムを単純にまとめただけではなく、それを人体に当てはめることで東洋思想に繋がったりと、幅広い応用が出来る思想でなかなか読むと楽しいものです。

  • 概略を知るには最適か。

  • シリーズの第6弾。占術・呪術を中心とした陰陽道のあり方について書いた本です。一部女性に絶大な人気を誇る陰陽師・安倍晴明の伝説から、陰陽道の思想と背景、その秘法に至るまで、詳しく書かれた盛り沢山の内容の本です。晴明ファン&平安時代ファンには必須の本ではないでしょうか?

全16件中 1 - 10件を表示

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)を本棚に登録しているひと

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰陽道の本―日本史の闇を貫く秘儀・占術の系譜 (NEW SIGHT MOOK Books Esoterica 6)はこんな本です

ツイートする