沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)

  • 78人登録
  • 3.46評価
    • (8)
    • (11)
    • (40)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 三好徹
  • 学習研究社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784059001386

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)の感想・レビュー・書評

  • 混成浪士隊の分裂は早く、清河八郎は去り、やがて横暴を極めた芹沢鴨も近藤勇の命で斬られた。殺戮が日常化するにつれ、総司の天稟の剣技は冴え、一方、新選組内には殺伐の風も吹き始めた。愛しいおあいを冒した労咳は総司の頑健な肉体をも蝕み、ついに池田屋での乱刃の中で喀血、時代は総司を置き去りにしはじめる…。若き剣客・沖田総司の眼から時代の激浪を見つめた歴史長編完結。

    人物文庫 上・下(1997.03)
    学研M文庫 上・下(2003.01)

  • 沖田総司の視点からみた小説。




    あとがきが興味深く心に響いたので引用する。


    『総司がこんにちなおわれわれに爽やかな印象をあたえるのは、彼が常に政治とか権力とかを超越してその短い生を生きたからに違いない。なにしろ、幕府、反幕府をとわず、当時の青年で、政治的な野心を持たぬ者はいなかった。志士の志は、政治への志であった。
    近藤や土方にしても、その例外であった。それを思えば、総司は例外だった。筆者がこの長い物語で描こうとこころみたのも、それである。青春とはそういうものだと思っている。』

  • ■沖田総司という二十五歳で病死した若者は、武闘集団である新選組のなかで、なぜか血の臭いを感じさせない不思議な存在である。胸を病んでの死という最期が用意されていたからであろう……。沖田という若者を通して幕末の熱き青春群像を描く!

    ■■沖田総司の一人称で綴られた上下巻の物語。ここの沖田はあまり人斬りを好まない。京での日々に違和感を感じ、副長のやることに疑問を持ち、恋をして恋を失い、死を見つめ、苦悩や葛藤する沖田さんがいます。優しく儚い。
    沖田総司像も作者によってずいぶんと違う。この沖田さんはあまり好きではない。真っ白すぎてむしろ眩しい。悩みすぎるのも言い訳と同じに思えてしまうのかもな。土方さんがかなり沖田さんを可愛がってました。

  • 上巻の方が勢いがあって面白かった気がする。下巻は時間の流れもはやくて、全体的に悲しい。
    2010/6/10

  • (2004.09.22読了)(2004.07.02購入)
    副題「六月は真紅の薔薇」
    (「BOOK」データベースより)amazon
    混成浪士隊の分裂は早く、清河八郎は去り、やがて横暴を極めた芹沢鴨も、近藤勇の命で斬られた。殺戮が日常化するにつれ、総司の天稟の剣技は冴え、一方、新選組内には殺伐の風も吹き始めた。愛人おあいを冒した労咳は総司の頑健な肉体をも蝕み、ついに池田屋での乱刃の中で喀血、時代は総司を置き去りにしはじめる…。若き剣客・沖田総司の眼から時代の激浪を見つめた歴史長篇完結篇。

  • 物語としては面白く読んだのだが、桂との件や労咳の原因とか随所に違和感が残るというかなんというか。…いや、もう理想の沖田総司像を持ってる私がキモいね、ってことで全然構わないです。

  • 嫌いじゃないよ

  • そんな感じで下巻もよかったです。
    土方さんと沖田さんの、兄弟のような関係がとても好きです。それにしても土方さんを筆頭に皆沖田さんには甘いというか一目置いている感じがおもしろいです。沖田さんって憎めないタイプだったのかな…。

    ラストはなんかよく覚えていません。戦が始まって誰かが死ぬのかと思うとゆったり読んでもいられませんでした。

    全編通して思ったこと…もっと歴史勉強しとくんだった!!!(−−)

  • 彼はいつも笑みをたたえて、そこに佇む。。

全10件中 1 - 10件を表示

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)を本棚に登録しているひと

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)はこんな本です

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)の文庫

沖田総司―六月は真紅の薔薇〈下〉 (学研M文庫)の文庫

ツイートする