夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))

  • 43人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 尾瀬あきら
  • 講談社 (1989年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061026797

夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))の感想・レビュー・書評

  •  吟醸酒を作るために必要なのは米。その米をどう作るべきなのか。そもそも、高品位の「龍錦」という品種だけで足りるのか。それとも……。

     化学薬品の是非を問う巻であるが、ただ読んだ内容を受容するだけでなく、化学薬品を利用する意味をどこまで念頭に置きつつ読めるかが読み手側に求められている気がする。使わないと収穫量が増大しなかったのも事実。安定収量も同様だろう。しかし……。

全2件中 1 - 2件を表示

夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))はこんな本です

夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))の文庫

夏子の酒 (3) (モーニングKC (179))のKindle版

ツイートする