AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

  • 2916人登録
  • 4.05評価
    • (735)
    • (269)
    • (628)
    • (8)
    • (3)
  • 346レビュー
著者 : 大友克洋
  • 講談社 (1984年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061037113

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第3次世界大戦後の東京。時は2019年。そうか、この近未来漫画の世界も、現実の時間に近づきつつあるんだ。体制側と反体制側とが超能力者を巡る闘いをする中で、金田や鉄雄ら不良少年グループが巻き込まれ、ぐちゃぐちゃな感じで物語が進む。奥付は1993年。20年以上も前に読んではいたが、ストーリーを完全に忘れてしまっている……とほほ

  • 絵が巧い。

    設定が格好良い!

    男の子の心をくすぐります!

  • 読むべし 、 以上 。
    (興奮に震える右手で
    漫画を差し出しながら)

  • まぁ、やっぱりこれはおさえとくべきかなぁ・・・みたいな。この本を最初見たとき「え、若しかして英語版?」と勘違いした記憶があります。本当にあせった。話は映画と結構違いありますよね。映画のほうも簡潔で好きでした。音楽とかも面白いよね!あと金田がひたすら仲間想いなころがステキです。読んで絶対損はない一冊。(正確には六冊)

  • 海外のオタクの人達とアニメとの違いでもりあがれる一冊。

  •  死ぬ前に読み返しておきたい。とにかく2巻が待ち遠しくて何度も読んでいたので記憶が鮮明だった。巻が進むと読み返す回数が減っていって6巻は2回くらいしか読んでいないかもしれない。スピード感とスケールが圧倒的で、こんな漫画は空前絶後ではなかろうか。主人公がチンピラなところがまた素晴らしく魅力的だ。

     最も乗ってみたい乗り物の一つがフライング・プラットホームで改めてかっこいい。金田のバイクもいい。押し掛けしているところもいい。バッテリーが2日くらいで上がってしまうとは、オフにしていなかったのだろうか。2発しか弾が出ない銃も超かっこよくてたまらん。

     ケイがけっこう肌の露出が多い。

     大佐が、地下のアキラを訪ねていくのは、何をしていたのか不明で単に物思いにふけりに行っていたように見えるけど、重要な場面で展開上も淀みない。

  • 子供の頃は絵柄が怖くて読めませんでした。
    大人になって読み返すと、なんと面白いことか。
    間違いなくSFマンガの金字塔です。

    全巻読破済

  • 面白い!てつお怖い

  • 遥か昔にアニメを観たような気がするのだけど、バイクに乗ってたことと金田と鉄雄って名前としわくちゃの子供が出てくること以外、きれいさっぱり忘れてたので楽しめた。
    まだまだ謎ばかりだけど、アキラいつ出てくるんだ?
    っていうか、この人たち、誰なの?なんなの?と先が楽しみでならない。

  • 知らない人はいないんじゃないでしょうか、AKIRA。

    日本・・・いや、世界においてこの先永遠に語り継がれる漫画だと思います。

全346件中 1 - 10件を表示

大友克洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢沢 あい
松本 大洋
有効な右矢印 無効な右矢印

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする