38度線上の怪物 (手塚治虫漫画全集)

  • 26人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 講談社 (1981年2月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061086432

38度線上の怪物 (手塚治虫漫画全集)の感想・レビュー・書評

  • 1948年発表「吸血魔團」のリメイク作品。映画『ミクロの決死圏』の大元のネタとしても有名です。ヒゲオヤジとケン一が体の中で結核菌や白血球と戦いを繰り広げます(体内ネタは、その後「ドラえもん」や「ドラゴンボール」にも出てきますね)。

    人間の体温であるところの38度と、北朝鮮と韓国を分断する北緯38度線をかけています。結核菌のモードさんとケン一が決裂するシーンの描写が秀逸。

  • 手塚らしい、医学の知識満載のお話。
    意外とリアリストな主人公とヒゲオヤジ。
    あとがきにも触れているが、実は中身は…、という内輪話全開の所が、
    手塚の核心について触れているようで面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

38度線上の怪物 (手塚治虫漫画全集)はこんなマンガです

38度線上の怪物 (手塚治虫漫画全集)のKindle版

ツイートする