キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 桑田秀延
  • 講談社 (1968年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061155732

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)の感想・レビュー・書評

  • いつだったか、こういう考え方に触れたことがある。
    「なぜ、神はわざわざ禁断の果実を設けたりしたわけか?そこには神の悪意が見え隠れしてはいないか?あるいは、合理的に考えればこの一件は神の監督不行き届きになるのではないか?」
    無論、神は人を試したのだとも言えるだろうし、そこには信頼があっただろう、信頼を裏切ったのは人だと反論がくるかもしれない。また、神は形而上的な存在なので、合理的に考慮するということ自体がおかしいのだという反駁も喰らうであろうが、しかし、この悪意や監督不行き届けという考え方自体が純粋に面白いと感じた。無神論が幅を利かせている日本で育って、そういう考えた方をもてなかったのだから自らの了見が狭いのだなとしみじみと感じた。

    翻って、ニーチェは、
    「神は死んだ。人に、同情したがために死んだ」
    「原罪を持っていると思うことこそが原罪なのだ」
    「救い主はもし私くらい歳を経ていたらならば、間違いなくその考え方を変えたであろう」といったことを述べている。確かにキリストは三十二歳くらいで死んでいる模様。三十二。無論、年齢なんて一つの要素でしかなくて、年齢ではねつけるという考え方は浅はかであるものの、二千年間も存続している宗教を起こした人物である点を考慮すれば、やはり、より長く生きていれば考え方が変わっていてもおかしくないであろう。


    「宗教上の不幸は、一つには現実の不幸の表現であり、一つには現実の不幸にたいする抗議である。宗教は、なやめるもののため息であり、心なき世界の心情であるとともに精神なき状態の精神である。それは民衆のアヘンである」以上はマルクスの文言である(ちなみに、本著で著者はマルクス主義を肯定的に捉えている様子)。マルクスはアヘンと批判しているものの、しかしこれは批判なのは文脈を辿ればわかる。不幸の表現であり、不幸への抗議。ここに宗教の必要性が述べられている。

    個人的にはキリスト教に対する批判を並べてみる。個人的にも、やはりキリスト教いや宗教そのものには肯定的になれないところがある。確かに、宗教はぶれない芯をつくれるだろう、しかし、「ぶれて揺れることこそが生きるということなのではないか?」という信念が個人的にはあるので、それゆえに、個人的には宗教を信仰しようとは思わない、しかし、宗教的な概念や考え方自体が嫌いというわけではない。あまり原理を追究されると困惑するものの、そうかといって原理をおろそかにしていると、なんだ、この程度かとも思ってしまうのだから、なんだか申し訳なくも感じる。ちなみに、片想いするのは精神的に弱い人間だと述べていらっしゃって、そのあたりはあんまりにも酷いなと感じていたら、自分で勉強ばっかりしていて恋も経ないまま穏やかに生きてきたと述べておられる。人間は経験だ。経験していないことはやはりわからない。頭でわかってもわからない。疑似体験してもそれでもわからない。わかったつもりになっているだけだろう。無論、そのわかったつもりに救われる人も多いのだ。誰しもが求めているものは共感なのだから。

    もう、四十年以上も前に書かれた書物であるが、酷くわかりやすくてキリスト教のよい入門書となりうると思う。以前はわかりやすそうな文庫にばかり走ってたいたけれど実はああしたものは内容が薄くて、読んだ後も結局のところ軽く齧っただけで終わってしまい、時間を経れば全て消えてなくなってしまうことが多いのだなとこの頃ようやく理解できるようになった。この著書は著者の晩年の著作らしく(正確には文章化したのは別の人物であるが)、それゆえにかなりぶっちゃけて述べている。戦時中キリスト教が天皇崇拝に加担したという点について、下部では誰もまともには文書を読んでいなかっただの、靖国の国営化への反対や、現人神だからといって拝むわけにはい... 続きを読む

全1件中 1 - 1件を表示

キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)を本棚に「積読」で登録しているひと

キリスト教の人生論―神と人との出会い (講談社現代新書 173)はこんな本です

ツイートする