「無」の思想―老荘思想の系譜 (講談社現代新書 207)

  • 35人登録
  • 4.08評価
    • (6)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 森三樹三郎
  • 講談社 (1969年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061156074

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
マルクスアウレー...
三浦 しをん
宮部 みゆき
ヴィクトール・E...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

「無」の思想―老荘思想の系譜 (講談社現代新書 207)の感想・レビュー・書評

  • 老荘の思想を直接説明するだけでなく、
    日本における解釈者として、本居宣長と松尾芭蕉を取り上げている。

  • 自然とはなにか?
    それを求めた一冊

  • 老荘思想の性格をたいへん分かりやすく解説している入門書。

    著者は本書で、「無為自然」と「有為自然」という区別を導入して、老荘思想の内容を説明している。老子は、この世界の退廃と混乱の原因は、知識や道徳という人為、あるいはその集積である人間の文化にあると考え、素朴な状態に帰れと説く。これが「無為自然」である。本書では、こうした発想のさまざまな側面が分かりやすく解説される。

    だが、人間の作為を去って自然に帰ろうとするとき、人は自然と作為を対立するものと考えている。こうした対立を超えて、作為をも包み込む自然のありようを、著者は「有為自然」と呼んでいる。

    また著者は、中国における仏教の受容に老荘思想の影響が強く働いていたと述べて、禅宗と浄土教を例に、中国仏教やわが国の親鸞の思想と老荘思想との共通点を探っている。

    さらに、本居宣長の国学や松尾芭蕉の俳諧にも、老荘思想との共通点があることを紹介している。宣長自身、みずからの立場と老荘思想とが共通点をもっていることに触れていた。だが彼は、老荘思想では人間の作為を「ことさらに」廃棄しようとしていることを批判する。つまり、人間の作為を廃棄して自然に帰ろうとすることも、また一つの人為だというのである。

    最後に芭蕉が強調する「造化」という言葉が、老荘思想に源泉を持つことが論じられる。ただし、老荘思想では「自然」という言葉で、山水の風景よりも人間の生死といった運命のことが考えられていた。これに対して俳諧の道を歩んだ芭蕉のいう「造毛」とは、花鳥風月に見られる自然の純粋の姿のことだった。とはいえ、芭蕉も具体的な花や月に尽きない、よりいっそう大きな「自然」に帰ることをめざしていたのだと著者は主張する。そのことは、晩年の芭蕉が俳諧へのこだわりからも離れた「かるみ」の境地に到達したことに見られると著者は考えている。

  • [ 内容 ]
    無とは何か、死とは何か。
    真理は言葉によってとらえうるのか。
    これらの根本命題を課せられた人間を思うとき、われわれは、無を拠点とする東洋思想から、あまりに遠く隔たりすぎたのではないか。
    本書は、言葉を超えた真理を追究し、自然に帰れと説く老荘の哲学を核に、東洋自然思想の系譜を、禅から親鸞、宣長、芭蕉へとあとづける。
    西洋合理思想になれ親しんだ現代人にとって、東洋的虚無の立場から存在の本質に迫る必読の書。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 老荘思想を詳しく知りたい人には
    ぴったりの入門書だと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

「無」の思想―老荘思想の系譜 (講談社現代新書 207)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「無」の思想―老荘思想の系譜 (講談社現代新書 207)を本棚に「積読」で登録しているひと

「無」の思想―老荘思想の系譜 (講談社現代新書 207)はこんな本です

ツイートする