ブクログ大賞

異常の構造 (講談社現代新書)

  • 194人登録
  • 3.84評価
    • (15)
    • (19)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 木村敏
  • 講談社 (1973年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061157316

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
遠藤 周作
三島 由紀夫
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
キェルケゴール
有効な右矢印 無効な右矢印

異常の構造 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 教養とは人間を理解することである、という養老孟司の言葉が思い出された。
    統合失調症の患者への思いやりが感じられ、最後まで謙虚な姿勢は人間への深い洞察を思わせる。

  • 実習の際に精神科の先生にお勧めされたので一読。

    「異常」ということについての深い洞察が加えられています。

    1976年の著作ですが(そのためか、現在「統合失調症」とよばれる疾患の名称が「精神分裂病」のままになっています)、今なお古さを感じさせません。

  • 精神科医として、心理学ではなく哲学に向かった人で、その思索は世界的にも最も深いものであるが、それでもなお(あるいはそれゆえにか)、統合失調症を「理解」するには統合失調症になるしかない、またはずっと一緒にいてやるしかない、それができないからクスリなど使っている、と言った人である。
    思想の根底にはレインと通ずるものがあるが、レインがヒッピー的共同生活に溶解したロマン派詩人であったのに対し、木村先生は臨床哲学者として強靭な思索を続ける。
    いずれにせよ、彼等の著作が苦悩する人類の財産であることに変わりはない。

  • 20年ぶりに再読しています。
    木村敏氏の本はなぜか家に数冊あるので、年代の古いものから順番に読み返すことにしました。

    かなり手厳し、反精神医学、反・反精神医学として痛烈な批判が最後に述べられていました。

  • まず、「正常」とか「常識」の概念を改めて定義。
    そこからの逸脱を「異常」とし、分裂症の症例を元に掘り下げていく。

    第6章によると、分裂症者が「シャーマン」みたいな印象を受けるな。
    正常と異常の狭間に位置する人。

    ふむふむ、分裂症者には「1=1」の常識世界の公理が成立しない、と。
    「1=0」は合理性否定の基本公式と。
    難しいな…

    2012.02.05 読了。
    凄い思想書だった。

  • 精神の異常とは、個人ひとりのなかでの、そのひと一人にとっての異常としては出現しない。それはつねに人々との関係の中で社会的異常として顕われてくる。精神分裂病とはひとことでいえば自己同一性についての自明性の喪失である。患者にとって自己が1=1であることがもはや自明な形ではなくなり、1=0でも1=5でもありうる。彼らに対して我々「正常人」の考える常識からの合理的な理解を求めようとしても破綻してしまう。しかし彼らは合理的な思考の能力が「正常人」よりも劣っているのではなく、正常人が彼らの思考の論理を理解しえないのであり、ユークリッド幾何学が非ユークリッド幾何学をユークリッド空間から排除していると同じように、我々の常識による判断によって彼らの思考を排除しているにすぎない。彼らの「非合理」は我々の合理を脅かし我々の自己同一性、1=1であることを危うくし、我々の合理的常識性の存立を揺るがす。それだけがゆえに「異常者」は「正常者」の日常性から排除されるのである。

    ***

  • 「正常」と「異常」とは、対等な対概念ではない。「異常」は、「正常」の基準から外れているものとして、否定的に規定されている。だが著者は、このことは「正常」という規準が、「異常」を排除することによってしか維持できないことを示していると論じている。

    ただし著者が本書でめざすのは、「正常」の側による「異常」の排除を告発することとは少し違う。むしろ「正常」が「異常」を鏡とすることでみずからを維持できないことに正面から向き合い、これまで明確とされてきた両者の境界を撹乱することで、みずからの立っている地盤を見なおす手がかりとすることが、本書のねらいであるように思う。

    著者は、「正常」の側が独善的にみずからの正当性を主張して「異常」を排除することの根拠を、生物がみずからを取り巻く世界を秩序づける生存欲求に見いだしている。だが「この論理は私たちの生存への意志の論理ではあっても、生命そのものの実相をあらわした論理ではない」と主張する。生命それ自身は、合理性と非合理性の区別を根本的に超えている。おそらく著者は、個体がみずからの生存欲求にしたがって設定している秩序は、根源的な無秩序とも言うべき生命の実相の表面に浮かんでいるにすぎないと考えているように思われる。

    著者が論じているのは、生命の表層の秩序を越えて、内なる生命の根源へと沈潜することを称揚するわけではなく、さまざまな秩序が折り重なりあっているという事実を真摯に見つめることである。統合失調症の患者が育ってきた環境を見てゆくと、彼らを取り巻く対人関係には私たちがふつうに人と人との間の相互信頼とか相互理解とか呼んでいるものが、ゆがんだ形でしか認められないと著者はいう。本書で扱われるさまざまな症例は、そうしたゆがんだ関係を反映している。これらの例を通じて著者は、「正常」と「異常」の境界が明確なものではなく、周囲の人びとをも巻き込むたがいに入り組んだ様相をもっていることを私たちに気づかせようとしている。

  • 統合失調症を思想面から捉え、システムとして読み解こうとしている。文学的情緒からアプローチした渡辺哲夫と正反対といっていいだろう。

    http://sessendo.blogspot.com/2011/05/blog-post_5747.html

  • [ 内容 ]
    精神異常の世界では、「正常」な人間が、ごくあたりまえに思っていることが、特別な意味を帯びて立ち現われてくる。
    そこには、安易なヒューマニズムに基づく「治療」などは寄せつけぬ人間精神の複雑さがある。
    著者は、道元や西田幾多郎の人間観を行きづまった西洋流の精神医学に導入し、異常の世界を真に理解する道を探ってきた。
    本書は現代人の素朴な合理信仰や常識が、いかに脆い仮構の上に成り立っているかを解明し、生きるということのほんとうの意味を根源から問い直している。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 異常も正常、多数か少数かっていう。

  • 古典的著作。現在の時点からみれば疑問もあるが、だいじな視点を提供してくれている。

    以下、本書内容より。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・自然が存在するということ自体が非合理以外の何ものでもない。太陽の運行は規則的である。しかし、太陽が存在するということ、それが運行しているということ、…規則的関係において運行しているということ…は、規則性を超越した大いなる偶然である。14

    ・A=A、1=1が常識的日常世界の公式。「私は私である」あるいは「私はある」の成立が危うくなったとき、「AはAである」の命題は、もはやフィヒテのいうような「いかなる人も承認していささかの異義をもとなえない、完全に確実で疑問の余地のないもの」とはみなしえなくなってくる。…この公式が妥当するのは、常識的日常性の世界というきわめて限定された領域内に限られている。…宗教や芸術の世界がそうである(分裂病患者も同様だ)。122

    ・ここで考えているような意味での合理性とは、近世以降の西欧文明社会において典型的に見られるような合理性のことであり…。(日本の人称代名詞は複数)(「あのインディアンは速く走る」「牡鹿は速く走る」「したがってあのインディアンは牡鹿である」という「未開人」の論理。述語的属性の一致に注目して、主語的個物の同一を帰結する。未開社会にも未開社会なりの常識があるとするならば、この常識ははやりそれなりの合理性によって基礎づけられており、この合理性もやはり1=1の世界公式にまで還元できる)126

    ・これに対して分裂病者の「思考障害」においては、この合理性の基礎構造そのものが重大な危機に直面している。127

    ・患者たちは私たち「正常人」の常識的合理性の論理構造を持ちえないのではない。すくなくとも私たちと共通の言語を用いて自己の体験を言い表しているかぎりにおいて、患者は合理的論理性の能力を失っているわけではない。むしろ逆に、私たち「正常人」が患者の側の「論理」を理解し得ないのであり、分裂病的(反)論理性の能力を所有していないのである。140

    ・「有―無」「一―多」「自―他」は「A=非A」「B=非A」の相互的交換がうまくいかない。(「合理―非合理」も同様)非合理を合理の「反対」と見る見方はそれ自身、まさしく「合理的」な見方以外のなにものでもない。…非合理が非合理として成立しうるためには、非合理はけっしてそれ自体独立の存在であってはならないのであって、非合理は合理の否定としてのみ、つまり合理の成立に完全に従属した存在としてのみ、その成立を許される。140

    ・生の欲求、存在への意志が「異常者」を「正常者」の世界から排除する。157

    ・分裂病という精神の異常を「治療」しようとする私たちの努力は、私たち「正常者」の側の自分勝手な論理にもとづいているということを、冷静にみきわめておくぐらいのことにすぎないだろう。180

  • 面白いです。
    「時間と自己」とはまた別の面白さ・・
    ものすごく「生々し」かったです。
    木村敏の本は、読んでるといろんな考えが浮かびますよね。

  • 「異常とは」という問いかけは
    「正常とは」という問いかけに導かれる。

    ただ、多数派か否かというだけのこと。
    自分の持つ常識、偏見を改めて問われた。

    精神病患者の思考に触れ
    改めて「自分」というものを考えた。

    「自分」という根幹が揺らぎ、怖くもなった。

  • 大学時代に読んだ本。
    記憶にないけれど・・・。

  • 読んでいるうちに、正しいことって何なのか分からなくなってくる。そんなものは本当は存在しないのかな?人間の脳で考えられることなんてたかが知れてるし、人間である以上は人間が作り出した思考を越えられないしなぁ……。

  • 「普通」のくだらなさが解かる本

  • 「非常識」というのは、あくまでも常識に逆らっている状態で、常識を認識しているからこそ定義が可能だ。しかし、異常というのはそれとは全く別のものだ。常識と異常の間には、断絶がある。そこをあえて異常の側に立ち、常識を批判するということの怖さ!

    ■p105から抜粋
    私たちの当面の課題は、常識からの逸脱、常識の欠落としての精神異常の意味を問うことにあるけれども、これはけっして常識の側からの異常を眺めてこれを排斥するという方向性をもったものであってはならない。私たちはむしろ、現代社会において大々的におこなわれているそのような排除や差別の根源を問う作業の一環として、常識の立場からひとまず自由になり、常識の側からではなく、むしろ「異常」そのものの側に立ってその構造を明らかにするという作業を遂行しなくてはならない。そしてこのことは、ただ、私たちが日常的に自明のこととみなしている常識に対してあらためて批判の目を向けることによってのみ可能となる。

  • 異常って何?ってやつだね
    フーコーとかに影響されたのかな?
    面白い上に読みやすくて安い。
    敏は最高っすね

全20件中 1 - 20件を表示

異常の構造 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異常の構造 (講談社現代新書)の新書

ツイートする