モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

  • 332人登録
  • 3.70評価
    • (28)
    • (37)
    • (58)
    • (4)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 井上ひさし
  • 講談社 (1974年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061312586

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生きる為と言いつつ珍妙なアイデアをだしては、しくじってばかりの3人組と、苦り切りながらも突き放せず後始末に走り回る神父さん。
    そこでどうしてそうする!ってツッコミどころ満載の3人組も面白いけど、神父さんも3人組に困惑しつつも突き放せず、強く叱責もできず、大らかというかゆるいというか優しいというか。なかなか面白い人物。

    とても面白く読んだ。こんな時代もあったんだなって。モッキンポット師が実在したとは思わないけど(笑)

  • 新聞の書評欄から興味を持って。古き良き(?)昭和の香りむんむん。貧しさって、ある意味創造力の源なんだね…。

  • どうしようもない貧乏学生3人が次から次におこすとんでもない騒動。最後はモッキンポット神父が尻拭い。 この3人組のバカがどうしようも無さすぎて少しイライラ。

  • 1990年 読了

  • 大野さらささんが手垢と摩擦でテラテラと光るほど読んでいる本

  • 古くて新しくて懐かしい。

  • 【本の内容】
    食うために突飛なアイディアをひねり出しては珍バイトを始めるが、必ず一騒動起すカトリック学生寮の“不良”学生3人組。

    いつもその尻ぬぐいをさせられ、苦りきる指導神父モッキンポット師──ドジで間抜けな人間に愛着する著者が、お人好し神父と悪ヂエ学生の行状を軽快に描く笑いとユーモア溢れる快作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 宗教を笑いものにすると同時に、宗教の素晴らしさ(神ではなくそれに仕える人間の)を感じさせる。神の存在よりも信者の人の良さは自分自身体験していることもあり、複雑な内心が、これでいいのかな、と少し楽になる。

  •  青春群像劇としてそこそこ面白かった。各章のオチは弱い気がするが、それを補うモッキンポット師のキャラが際立っている。

  • 子どもの頃にも読んだ本。読書っておもしろい!! と教えてくれた。ユーモアって、悲しみの中から生まれるものなのかもしれない。

全40件中 1 - 10件を表示

井上ひさしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
村上 春樹
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)のKindle版

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)の新書

ツイートする