火炎城 (講談社文庫 し 4-1)

  • 71人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (7)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 白石一郎
  • 講談社 (1978年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061314443

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)の感想・レビュー・書評

  • 豊後の大名、大友宗麟の一生涯を描いた作品。戦国大名としての一面と一介のキリスト教信者との狭間で苦悩する歴史小説です。

    琉球大学:八朔

  • 終始宗麟がジェットコースターってた感じでした。少し 精神的に 落ち着いて !

    主人公なのに・・・。


    なにより妊娠した奈多に対して「ぜひには及ばぬ」と言い捨てる宗麟に衝撃を受けたよ・・・・。
    夫婦生活が破綻しているとはいえ、おまっそれはないやろ。ないわー!(どうした)

    でも奈多は何も言い返さないんですよね・・・。そして奈多も壊れていく。
    しかしこの夫婦は御互いに分かり合おうというタイミングが悉く外れるな・・・。
    周囲の状況もさらに拍車をかけているし。哀しい。

    それでも最後は息子のために、豊後のために動こうとした宗麟を突き動かしたのはなんだったんだろう。よく分からなくなってきたので、もう一回読み直してきます。
    総括すると色々考えさせられる上に凄く面白かったということです!(最初からそう言えば良かったんじゃないの)

  • 最初から九州平定を目指していたら、容易く叶えられていたように思われる。しかし、思うがままに生きた大友宗麟であったので、悔いは無いのではないでしょうか。

  • 極端から極端に走る難儀極まりない性格に自分自身も振りまわされたとある名家の御曹司の一生。まるでダメな大友宗麟。だがそれがいい。

  • 白石氏meets大友宗麟―キャパシティが極端に小さく、打たれ弱く、振り回し振り回される、ピエロのような彼の人生を綴った一冊です。
    とにかく駄目っ子全開な宗麟が苦々しくもあり、愛おしく、そしてちょっぴり切なくなる文章は、読み易くて最後まで楽しめます。

  • 全1巻。

    スケベなじいさん。
    でもキリシタン。
    そんくらいな印象。
    大友宗麟の話。

    初めてちゃんと読んみました。
    なんか切なかった。
    名門に生まれてしまった純粋な熱血漢。
    みたいな印象。
    端から見たら超わがままで気分屋。
    ジャイアニズム全開。
    でも身を削りながら精一杯自分でいようとする姿は、
    爽快で切ない。
    男子だなあ。

    作者は海ものばっか書く人。
    前に何冊か読んでたけど、
    大物をテーマにすることが少なくて離れてた。
    珍しく大物。
    くせの無い読みやすい文章。
    素直に面白い。

  • わがまま宗麟の一生。面白かった。
    しょっちゅう失踪するは壊れるわ女に狂うわ軍配丸投げするわで
    主人公なのにまるでいいとこなし…だがしかし困ったことに大好きです。
    せめて夏さんには幸せになっててもらいたいところ。

全7件中 1 - 7件を表示

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)に関連するまとめ

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火炎城 (講談社文庫 し 4-1)はこんな本です

ツイートする