大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)

  • 44人登録
  • 4.21評価
    • (12)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 佐野洋子
  • 講談社 (2003年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061322820

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • H29.6.9 20分放課

  • 2016/11/17 お昼のおはなし会 大型本で。

  • 2014/9/9 1-4

  • 請求記号:Eサノヨ
    資料番号:020091732

  • お話の中の「ぽんぽろりん」が
    憂鬱な雨の日も、楽しい気分にしてくれる様な
    絵本です。

  • おじさんのお気に入りの大事な大事な傘。

    あまりに大切にし過ぎて汚れるのが嫌で、
    どんなに雨が降ってても傘をささない始末…。

    しかしある雨の日、
    子供たちが歌いながら傘をさしているのを見て
    おじさんは思いきって初めて傘を開いてみたのでした…。


    いやぁ〜なんともほっこりとした
    愛らしいお話です。


    傘に限らず
    大切にし過ぎて
    本来の役割や本質的なことを忘れてしまってることって
    多々ありますよね。

    本末転倒って感じで…。
    子供向けに書かれてるけど
    根底にあるのはなかなか深いテーマだと思いました。


    『あめがふったらポンポロロン
    あめがふったらピッチャンチャン』

    子供たちの歌と雨のリズムが
    おじさんに新しい世界の扉を開いてくれる。

    何度も濡れた傘を確認しては感慨に耽る
    おじさんがなんとも可愛いです(笑)

    『ぐっしょりぬれたかさもいいもんだなぁ。だいいち かさらしいじゃないか』


    憂鬱な雨の日も
    ちょっとした心の持ちようで
    楽しくなるって
    教えてくれた絵本です。

  • 大切な傘を濡らしたくないおじさん。
    でも大切にするのと、使わずにおくことは違っていて、使ってこそ物の価値も活きてくるんだなぁ〜って思います。

  • 僕は幼稚園のとき

    この本でタバコをのむという

    表現を知りました。

    名作。

  • おとなげねぇオヤジだ、と子供心に。

全11件中 1 - 10件を表示

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)を本棚に登録しているひと

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)はこんな本です

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)の単行本

大型絵本 おじさんのかさ (講談社の創作絵本)のKindle版

ツイートする