フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)

  • 75人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 講談社 (2012年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325159

フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

  • にんじん かぼちゃ 玉ねぎ 牛乳のスープ
    果物のスープ

  • あだちなみさんの描かれる野菜や果物って、淡くて優しい色合いなのに本当に美味しそうなのですよね…。
    くまのがっこうシリーズより更にお洒落な画面。
    隅まで見ると本当に楽しいのです。
    棚にマリアージュフレールらしきデザインの紅茶缶が並べられていたり、大人ならでは?の楽しい発見も。

  • ウサギの姉妹のお話。
    スープを作るのが上手な姉のフラニーと
    あまり得意でない妹のメラニー。
    仲良しのふたりにほっこり。

    かわいい絵だな〜と思っていたらくまのがっこうを描いてる人だった!納得!

  • 赤うさぎの姉妹、フラニーとメラニーは森のスープ屋さん。
    料理が得意なフラニーの作るスープはとっても美味しくて評判ですが、おっちょこちょいのメラニーの作るスープはお砂糖とお塩を間違えたりお芋がかたかったり。どうしたらお姉ちゃんのように美味しいスープを作れるのでしょうか。

    優しい色合いでとても可愛い動物たち。女の子が好みそうな絵柄です。
    大好きな人が喜ぶ顔を思い浮かべながら作る、それって大人にも言えることですね。

  • お互いのことを思って作ったスープはとてもおいしいだろうなっておもいほのぼのした気持ちになりました。

  • すごく優しくて可愛い絵がたまらない!
    「くまのがっこう」シリーズの作者だそうです。
    スープと食材の絵がこれまた美味しそうで、みてるだけで「しあわせのスープ」

  • こころ温まる素敵なお話。大切な人に作ってあげるスープにはとてもおいしいスープになる。愛をたくさん子供に伝える本。

  • おねえちゃんのフラニーの作るスープはおいしいのに、妹のメラニーの作るスープはまだまだ。
    自信を無くしてしまうメラニーだけれど、カンガルーのお母さんが子供たちのためにスープを作っているところに出合い、誰かのために作ると料理はおいしくなることを教えてもらう。
    そこで、メラニーはおねえちゃんのためにスープを作る。
    フラニーも落ち込んでいる妹のためにスープを作るところだった。
    今度はどちらのスープもおいしくて、みんな大満足。

    誰かのためにすることは素敵。

  • イラストの色使いがとてもきれいです。うさぎの姉妹のお互いを思いやる心や、幸せを分け合う心がかかれていて、ほんわかとした気持ちになる絵本です。

  • 優しい絵に癒されました

  • あだちなみさんの絵、あったかくて、おいしそうです。
    フラニーとメラニーが見開きで向かい合ってるシーンが、かわいくって、ほっこりできて、いちばんスキ♪
    うしのフィービーおばさんが、いいキャラです。

全12件中 1 - 12件を表示

フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

フラニーとメラニー しあわせのスープ (講談社の創作絵本)の作品紹介

うさぎの姉妹は森で人気のスープ屋さん。おっちょこちょいの妹メラニーはスープがおいしくなるひみつをみつけた。「くまのがっこう」で大人気のコンビがおくる新作。

ツイートする