それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)

  • 171人登録
  • 3.96評価
    • (16)
    • (20)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 澤野秋文
  • 講談社 (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
tupera t...
クリス ホートン
シゲタ サヤカ
ヨシタケシンスケ
くすのき しげの...
岡田 よしたか
高畠 那生
加藤 休ミ
川端 誠
やぎ たみこ
モーリス・センダ...
鈴木 のりたけ
ユージーン トリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

  • なまけもの の ぎんた のいえは ねんじゅう ちらかしほうだい。

    そこにやって来たノラネコのちゃまる。
    ぎんたはちゃまるの後を追いかけて、ちゃまるの仕事を知って、なるほど、なるほどと笑う。

    「この絵が面白ーい!みて、何コレ。何がいるのー?」M9
    絵が色鮮やかで、細々と描かれる。
    雑多な品に森に隠れる怪しいもの。
    開くたびに新しい発見があるくらいたくさんの物、者で溢れている。
    けっこうマメなちゃまるが可愛いし。
    表紙と裏表紙の裏にニヤリとする。
    「みて!ここに皆んな、いるよ!ブタみたいなユーレイもいた!」M9
    読み終えて表紙を見て、余韻にひたる。

  • ユニークだし、とても面白くかわいい!世界観もグー(*^-゜)b
    ごちゃごちゃ描きこまれた絵も、いい味出していて、私は好きです。
    タイトルもそそられる(*^v^)
    澤野秋文さん、ですか。
    憶えておこう♪

  • 中根さんの、「小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」」に載っていた推薦図書の一冊。

  •  いえの なかを ちらかしほうだいの ぎんた。のらねこの ちゃまる を こっそり おいかけることにしたら! さあて、さいご は どうなるのでしょう。あなたも ねこじぞうに おねがいごとをひとつ かんがえてみませんか?
    (一般担当/大家さん)

  • 絵が細かくてページの隅々までじっくり見たくなる絵本でした。
    お話もクスッとできておもしろかったです。

  • ぎんたはなまけものの男の子。家は散らかり放題。
    ある時、ねこじぞうに、住みたい家を書いて貼ったら、猫のちゃまるが、ピッタリな家を探してくれると知ります。
    片付いてきれいな家。ぎんたはそう書いて、じぶは片付けを辞めました。ちゃまるが新しい家を探してくれるんだからと。
    けれど、ちゃまるは、なかなか新しい家を紹介してはくれません。
    しかも代わりに…!


    ストーリー、絵の楽しさ、どちらをとっても楽しい絵本。

  • こどものお気に入りの一冊。
    お掃除しないとネズミがくるよ

  • 2015.10.26

    結局、あの猫は何者なのかしら?
    化け猫の不動産屋?

  • 猫のちゃまるのおうちを斡旋する手腕がみごとです。

  • なまけものの ぎんたの うちは ちらかりほうだい。のらねこの ちゃまるが いえさがしの めいじんと しった ぎんたは、「かたづいて きれいないえ」を ちゅうもんした。ところが、いくらまっても ちゃまるは いえを さがしてくれない。もんくを いいに いった ぎんたは、とんでもないものを みてしまう!

  • 2015/02/03 2-1
    2015/02/10 4-2

  • 独特の世界観とちゃまるのキャラクター、すっかり虜になりました。ちゃまるが活躍する他のお話が出来る事を期待します!

  • みなさんならどんな家に住みたいですか?
    広い敷地の家、それとも眺めのいい家でしょうか。
    どんな家でも片付けないと・・・?(しん)

  • 描かれている世界観が不思議。漫画っぽい。
    主人公は子どもなのか大人なのか?時代は100年くらい前?
    絵は遠目がきかないが、色々なものが描き込まれており、近くでじっくりと見たい。
    遠近感が不思議。

  • お片付けをなかなかしてくれない我が子に伝わったかなぁ…伝わらないよなぁ…
    面白いお話でした。絵も昭和な感じでいい味でてます。

  • 引っ越し請負のねこに
    きれいな家をたのんで散らかしてたら
    きたない家をご所望のねずみたちをつれてきちゃうので
    慌てて掃除をしてきれいな家をゲットするって話

    オチがすっきり

  • ねこのちゃまるが、さまざまな動物(?)たちにお部屋を紹介するお話。ぎんたは部屋の片づけができない男の子。きれいな部屋にひっこすため、ちゃまるにお願いします。ぎんたに紹介されたのは果たしてどんな部屋でしょう?

    細部まで書き込まれた絵にオトナもうっとり。子供たちは、ちらかった部屋や、おばけの住処の細かいところまで楽しんでいました。

    お片付けって大事だよねってしめくくれる読み聞かせに良い本です。

  • イラストがみていて楽しい。

  • ≪県立図書館≫
    絵もお話も、楽しい!!
    にぎやかな絵に、つい見入ってしまう。
    ぎんたも、ナイスキャラ。

  • 講談社絵本新人賞で3度の佳作入選。ついに出版となった作品で、最初に応募したのが8年前だそう。継続は力なり。そしてぎんたの部屋から始まって、細々隅々まで描かれた世界に、澤野さんの情熱を感じずにはいられません。
    家探しの名人野良ネコのちゃまるが様々な相手に部屋を紹介していく中で片付け嫌いのぎんたが・・・。
    少し身につまされるかもしれない、私のような散らかしやさんには。ふと自分ちに来た誰かも、ちゃまるが?と空想しちゃうかもしれない物語。

  • おもしろかった〜。

  • うーん、けっきょく自分でするしかないのか・・・。

    なんだか身につまされる。

  • 片づけが嫌いでいつも部屋がぐちゃぐちゃなぎんた。
    そこへいつものようにノラネコのちゃまるが顔を出した。
    何となくちゃまるの後をつけてみると、ちゃまるが2本足で立ち、言葉を喋っている。
    どうやら、ちゃまるは生き物たちの要求にぴったりの家を探す名人のようだった。
    汚い水に住む魚にはきれいな池を、木の実がたくさんほしいクマには山の住処を。
    だったら自分は掃除をしなくてもいい家をちゃまるに頼もうということになった。
    これで片づけをしなくても済む家が手に入ると、ますます散らかるぎんたの部屋。
    ところがちゃまるは、ねずみや妖怪たちから汚く散らかっているいい家はないか、という相談を受けていた。
    ぎんたはたまたまその現場を盗み見ていた。
    大変だ、部屋を片付けないとあいつらが住み着いてしまうと、急いで家に帰って大慌てで片づけるぎんた。
    ねずみや妖怪たちがやってきたけれど、部屋は片付いていたので、残念、住むことは出来なかった。
    後日、ちゃまるからの手紙には「いつでも散らかしていいですよ、ねずみたちが待っていますから」とあるのだった。

    今風の絵。
    画面がちょっとごちゃごちゃしている。

    家探しの名人という発想は面白い。
    ぎんたはその後もちゃんと片づけ出来ているのかな。
    ねずみはともかく、妖怪には住み着いてもらってもいいかも。

全26件中 1 - 25件を表示

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)を本棚に「積読」で登録しているひと

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)の作品紹介

本作は、第34回講談社絵本新人賞佳作受賞作品です。
作者の澤野秋文氏は、第27回・第31回にも3回佳作を受賞しており、今回も佳作の受賞ではありますが、満を持して刊行が決定いたしました。澤野氏の作品の魅力はなんといっても、その「卓越した画力」にあります。細部まで緻密に描き込まれたタッチ、映画のようにダイナミックな視点で描かれた構図など、見ごたえのある画風が特徴です。
お話の内容は、グータラでなまけものの「ぎんた」と、怪しげなネコ「ちゃまる」が主人公の、和風テイストのお話。いつものように、家の掃除をさぼり、だらだらと過ごすぎんたは、ある朝、家にやってきた野良猫「ちゃまる」の後をつけることにしました。すると、ちゃまるは突然立ち上がり、しゃべりながら歩き始めます。驚いたぎんたは、恐る恐るさらにちゃまるを追いかけますが、その先にいたのは、家探しをちゃまるに頼んださまざまな動物たち。ちゃまるは、なんと、素敵な家を紹介してくれる、家探しの名人だったのです……。
テキストもシンプルでわかりやすく、昔話のような教訓も入った、安心して読み聞かせのできる好作です。  4さい~(総かな)

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)はこんな本です

それなら いい いえ ありますよ (講談社の創作絵本)のKindle版

ツイートする