えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる (講談社の創作絵本)

  • 33人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2016年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061332874

えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 七十二候に親しみたくて。
    素敵な絵と詩で趣深い。
    七十二候の面白さを噛み締める。

  • 七十二個候が気になって、絵本があると聞き借りてみた。可愛らしいイラストと、七十二候のエッセンスが織り込まれた詩。ふむふむ。味わいながらじっくり読むと、全部読むのは意外と時間がかかる!なので今回は気になるところだけ読んでみた。日々意識したいので、来年は歳時記カレンダー買ってみようと思った。2016/11/25

  • 期待はずれ。
    も少し情緒豊かなものを予想していた。

全3件中 1 - 3件を表示

白井明大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
ヨシタケ シンス...
恩田 陸
三浦 しをん
ジョン・クラッセ...
アンヌ クロザ
蜂飼 耳
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
tupera t...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる (講談社の創作絵本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる (講談社の創作絵本)の作品紹介

太陽の動きをもとに、一年を24等分したのが「二十四節気」。それをさらに3つに分けて、各時季の自然をこまやかなにうつした言葉が「七十二候」です。
日々の暮らしのささやかなできごとを詩にしてきた作者は、これまで、季節のうつりかわりをやさしく言葉にし、本にしてきました。
この本では、12編の詩を通して、「七十二候」の要素すべてを味わうことができます。言葉のリズムからも季節を体感できるよう、擬音語・擬態語もふんだんに取り入れています。
子どもからおとなまで、季節のうつろいを、思い思いに感じられる絵本です。

えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる (講談社の創作絵本)はこんな本です

ツイートする