いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)

  • 167人登録
  • 3.68評価
    • (9)
    • (14)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 17レビュー
  • 講談社 (2015年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061385627

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)の感想・レビュー・書評

  • アートは問い、デザインは答えというフレーズが印象に残った

  • ・かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。

    ・この本は、かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。デザインは、消費者の感性に働きかけたり、行動を変容させたり、時には社会の嗜好にすら影響を与える力を持っているわけですが、大事なことは「デザインは、物事がどうあるべきか」ということを熟慮することであり「デザインは、物事をシンプルに、わかりやすく、使いやすく、安全にするための創造的なヒント」であるということです。世の中には様々な思考体系がありますが、デザイン思考は、今までにない強力な突破口になると思います。

    ・デザインという仕事の難しさを知っている方の中には、その通りだと認めながらも、常識?になりつつある考え方だと指摘される、ご感想・レビューもありますが、この本の読者は、デザイン思考を取り入れたいと考えている方や、将来的「問題解決までのプロセス」をコンサルタントではなく、デザイナーに依頼する可能性がある人たちである、と考えると、良いガイドブックになっているのではないかと感じました。

    ・『いいデザイナーは、見ためのよさから考えない』というタイトルは、有馬 トモユキさんが考えたものなのか、編集者の方が提案されたものなのか、分かりませんが、このタイトルは、「いいデザインには、人々の生活を快適にし、瑞々しい体験を与える力がある」と考え、「いいデザイナーであり続けたい」と思っている、多くのデザイナーが、クライアントに伝えたい、「いいデザインは、見ためのよさだけでは測れない」との気持ちを代弁していますよね。

    ・「デザインとは、見ためや機能から問題を解決する手段であるということです。」という言葉は、佐藤可士和さんの「アートディレクターは、企業や経営者を問診し問題を発見して解決していく人」という言葉に通じるものがあります。

    ・Chapter 3は、「あなたのプレゼンは なぜ複雑なのか」というタイトルです。7月末に、大切なプレゼンを控えている私にとっては、本当にタイムリーというか、ありがたい内容でした。当たり前ですが、プレゼンの目的は、「限られた時間で伝えたいことを簡素に理解してもらうこと」そのためには、まず、自分自身が“伝えたいこと”を理解すること、そして、出来る限り簡素に表現すること、そのためには、“見ため”という手段を用いて相手の心を動かすということ……

    ・有馬トモユキさんは、「“自分の考えを他人に伝えたい”という欲求が先ずあって、けれど伝えることがうまくいかない。その時、問題を解決するのがデザインというう手段です。」と書いています。ですから、プレゼンの体裁を整えようとする前に、まずは伝えたいことを整理してみましょう。と促しています。そう言われてみると当たり前のことですが、私たちは四六時中パソコンの前に座っているので、つい、いきなりパワーポイントに書き込み始めてしまいがちです。

    ・有馬トモユキさんは、デジタル時代の方ですが、スマートフォンのUIをデザインする際などに「ポストイット」に手描きでスケッチする「ペーパープロトタイピング」という手法を紹介しています。最終的なプロトタイプは、プログラムでつくるのでしょうけれども、プロセスは、ポストイットに手で描く方が早くて、それぞれの画面も簡単に貼り換えられるので、操作の流れを修正するのも簡単なのでしょうね。

    ・私は、QFD(Quality Function Deployment)を学んでいるところなんですが、デザイン思考も、ある意味、顧客の要望と、それを叶えるためのスペックとの関係を分析してバランスをとる手法と言えると思います。短いブームに沸き立つようなデザインも否定しませんが、本質的なデザインは、使い手と共に成長し、存続するようなものなのだと思います。

  • 「デザイナーが考えていることを、デザイナー以外の方々に読んでもらう本」(p.4)と言っていて
    デザイナーでない人も思考の参考になるように、というスタンスが感じられましたがどちらかといえばわかりづらかったです。

    デザインのことを専門的に、と言われれば
    わかりづらくともこちらが非デザイナーなので仕方ないと思えますが、冒頭上記のように言うのであれば わかりやすいのかなと期待してしまいます。その期待に対しての内容がどうだったかといえば、「わかりづらい」になってしまいます。

    デザイン業界で活躍されていますし
    デザインを発注する側のクライアントからも著者のプレゼンが好評を得ているとのことで、
    デザインと、自分のデザインをもとにしたプレゼンであれば著者の考えを伝えやすいかもしれませんが、新書という書物で主に文字で伝えるという形式をとった場合、文にして伝える能力のある欠如があるのではないのかと考えました。

    文中、有名な企業の話が出てきます。
    iPhoneなどのAppleや、掃除機のダイソンなどです。
    そういった有名企業の説明が、一番面白かったかもしれません(笑)
    そのように、明らかなる事実、もしくは多く語られている事実をまとめてわかりやすく伝える能力は著者は高いと感じます。
    ただ著者自身のデザインの経緯やプレゼンの組み立て方、思考の仕方について、彼独自の言語化が多いと感じ、その点がわかりづらく感じました。

    言語化自体は、ありきたりな言葉を使っています。
    『僕はこれを〇〇と呼んでいます』と言った感じで〇〇に入るのはごく普通の言葉です。
    例えば「気付き」など。
    ごく普通の言葉も”記号などで 区切ると 何か特別な意味がある、もしくは言語そのものの意味と、さらに二重の意味、もしくは皮肉、逆の意味が含まれているなど考え過ぎてしまいますが、この本の場合そう言ったことはなくただシンプルな意味なのに 記号で区切られてしまうので理解しづらかったです。

    事実をまとめる技術は高いかもしれませんが
    文章というものは時にして事実だけを書けばいいわけではありません。
    比喩表現やどの言葉を使うか、言い回しで 伝わる度合いは理解度が変わります。
    畑が違うと思いますが、よりこういった形式(新書など文が主なもの)でもご自身の考えを発していきたいと考えられるのであれば、デザイン書関連以外の 読み物を読まれて文章の表現力も磨かれた方がいいのでは?と、何目線かわかりませんが思ってしまいました。
    というのも、もったいないと感じてしまうからです。

    事実をまとめる能力、整理能力、
    着眼点や思考の仕方などは素晴らしいと思います。
    それをごくごくシンプルに、それでいて文章のスパイスもあればもっと読み物としてわかりやすくなると思うのが、少しカッコつけたような言い回しが逆にわかりづらく読者の理解を妨げるのが残念でしたから…。

    その点は編集者さんの力かもしれませんが。
    こんな僻地の感想は 届かないと思いますが…
    もったいないなと思ってしまうのです。

  • さらっと読んだ。といいつつメモをたくさんとった。役立つこと、考えがたくさんある一冊。冒頭で、「デザイナーが考えていることを、デザイナー以外の方々に読んでもらう本」とあるが物事を論理的に考えてみれば誰だってデザイナーになれるのだろうと思ったりもする。

  • 著者のデザインに対する向き合い方や、どのような経緯を経て作品やアウトプットがされたかが述べられている。
    これは著者だけの方法論で終わらずに、一般化する為のヒントが記され、著者もそれを望んでいる。
    読んだ人には実に有益な読書体験になり得ると感じた。

  • レポーティングという作業において、デザインの思想や技術を参考にしたいと思い本書をとったが、全く学べるところがなかった。

  • 著者はデザインを学校等で専門的に学んでいないため、非デザイナーからしても分かりやすい内容になっています。デザイナーの方がどんなことを意図してデザインしているのか、仕事で扱った実際の事例を交えて紹介してくれています。こちらのPodcastでも紹介しているので、よろしければどうぞ!
    http://shinmaga.com/2016/01/18/post-211/

  • デザイナーの考え方を、デザイナー以外の方が知るための本です。著者はデザイナーですが、アートの教育を専門的に受けたことがないそうです。そのため、非デザイナーの方にも分かりやすい内容になっています。実際に読んで感じたのは、デザインの視点を持つことで日常が少し豊かになるということです。本書で書かれていますが、著者は日常の気づきからデザインのヒントを得ることが多く、よく町中を散歩するようです。気付きとは心が少し動く瞬間、つまり感動であり、たとえデザイナーでなくてもそういう経験が増えることは幸せに繋がると思います。

  • デザインは論理的に作り、直感的に評価されるという言い回しに納得。
    デザインが伝えたいメッセージや理由が込められているのは分かったけど、具体例が少なかったので雰囲気だけ使わりました。

  • ちょっと違うかな?と思うトコロもあるけど。☆4

  • デザイナーの有馬トモユキさんを知ったのは、とある同人CDの告知サイトでした。商業でも見たことのない先進的で鮮烈なサイトに驚きました。そこから、本職のデザイナーさんだと知り、この本を読んでみました。
    すごく基本的なデザインの話から始まります。デザインは見た目を良くすることじゃなくて、伝えたいことを整理して伝えるためのものなんだということ。
    しかしこのことは、今まで自分が読んできたデザイン本にも散々書かれていたことで、前半は目新しいことは書かれていませんでした。この本の購読層はデザイン関係の仕事の人が多そうなので、そこから?という印象はあります。(本当はノンデザイナーに向けた本なのかな。)
    でも有馬トモユキさんのデザインへのアプローチとして
    ・英字フォントを選んでから日本語フォントを合わせる
    ・家電量販店で何が不便なものなのか、気づきを探す
    というやり方は収穫でした。実践したい。

    幼少期からの話もあり、デジタルなものに触れてきた人だから、ああいったシンプルで先進的なデザインが生まれるんだなと思いました。

  • デザインの考え方や基本、最新のデバイスについても明記されていて、とてもわかりやすい。

  • デザイン・広告論を書く書き手も年下が増えてきてつらい。WEBやゲームの世界からグラフィックデザインや広告に転じてきた筆者はやはり新しい世代ならではの軽やかさを持つが、グラフィック・エディトリアルといったレガシーメディアにも強い。確固たる自分があるからだろう。

  • 惜しい。紹介されている著者自身の作品は素晴らしいし、例示されている良い例悪い例もわかりやすく納得度が高い。グラフィック系のデザイナーの、ビジュアルに訴える作品や例についてはさすが、おみごと、というしかない。
    ところが、悲しいかな、読み物としては「決して悪くないけど、良くもない」。編集者が違えばもっといい本になったんじゃないか。

    以下、(とはいえ)キラリと光る名言を紹介。

    百の機能を持つが故に携帯性・利便性を失ってしまった「百徳ナイフ」のようなものです。(p.154)
    →PowerPointを評して。内容と見た目は分けて考えよう、と。

    ひとりでも成立するのがアートであり、みんながいないと成立しないのがデザインであるとも言い換えられます。
    もっと別の言い方をすると、“アートは問い”であり、“デザインは答え”なのです。(p.238)
    →同じようにビジュアルに訴える二つの営為について、キレのいい、アタマのいい解説。

全17件中 1 - 17件を表示

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)の作品紹介

経営学部出身のデザイナーが思考する、デザインの論理
「デザイン」は、「デザイナー」と呼ばれる人たちの専売特許ではありません。ロジカルシンキングやプレゼンテーションと同じ問題解決の「道具」であり、コツさえ学べば誰にでも使いこなすことのできるものなのです。本書では、書籍やアニメ、スマホアプリなどの身近な題材を元に、デザイナーの思考プロセスを分解。「デザインとは何か」を、一緒に考えていきます。著者の有馬トモユキは経営学部出身。デザインとビジネスをつなぐのには、おあつらえ向きの人材です。さあ、「センス」や「絵心」のせいにするのはやめにして、共に「デザインの論理」について学びましょう。あなたの仕事をよいものにするヒントが、たくさん見つかりますよ。

いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)はこんな本です

ツイートする