原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)

  • 83人登録
  • 3.75評価
    • (6)
    • (5)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 原くくる
制作 : 竹 
  • 講談社 (2011年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388116

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)の感想・レビュー・書評

  • ”原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄”原くくる著 星海社FICTIONS(2011/08発売)

    ・・・表題作”六本木少女地獄”を含む戯曲集五編。
    全体的にテンションの高い戯曲が多かった。
    実際の舞台もある程度はイメージできましたが、そのテンションの高さにはどうしてもついて行けなかったです。

  • この作品は星海社のHP「最前線」で試し読みをして興味を持ち購入しました。
    普段はフリーの電子書籍だったらその場で読んで満足して、紙の本を買うまでにはなかなか至らないのですが、この本はついつい買ってしまいました。
    この「原くくる」という女子高生のものの捉え方や考え方、文章の構成からは他の人とは違う圧倒的な何かが伝わってきました。
    彼女は周りが思わずドキッとしてしまう単語を平気で作品内に取り込む。かと思いきやその時の流行りに合わせた話題や、馴染みのあるものも巧みに取り入れて、見る者を惹き付ける。
    読んでいて、この圧倒的な若き才能を前にして悔しくもなり羨ましくもなりました。
    彼女の作品をもっと見てみたいと思いました。
    作品の中では銀河鉄道の夜をアレンジした、「スズキくんの宇宙が」個人的に好きでした。

  • 愛する六本木に捧ぐ。 ——原くくる
    六本木の夜。想像妊娠する少女。彼女の“子どもたち”の父親は——誰?
    信仰、怒り、そして「許し」。女性が女性であることの原罪……この世のあらゆる“地獄”を詰め切って演劇シーンの未来をノックする若き才能、原くくるが脚本・演出・出演のすべてを務めた衝撃作、『六本木少女地獄』ほか、全五編の戯曲を収録。

    ▼試し読みはコチラ
    http://sai-zen-sen.jp/fictions/6sj/

  • 一本しか完成させたことがない人間が言えたことではないけれど、悔しくて死にそうだ。 悔しさとか怒りとか、そういう負の気持ちが強く現れてきていて戸惑う。 素直に楽しめない自分はきっとやはり向いてなかったのかなとか思って死にたくなる。死にたくなるよ本当に。でも死ぬまえにまだ一本くらい書きたいよなあ。そんな、大学生がたくさんいるはず。俺含め。へぼで根性なしな、俺含め。

  • 現役女子高生劇作家・原くくるが"愛する六本木に捧ぐ"表題作「六本木少女地獄」をはじめ、全五編を収録した戯曲集。

    コミカルな展開と掛け合いで繰り広げられる喜劇「うわさのタカシ」「家庭教師のドライ」。イジメや孤独、疎外感をテーマに宮沢賢治『銀河鉄道の夜』をリライトした「スズキくんの宇宙」。"地球滅亡の中で繰り広げられるホームドラマ"という突拍子もない設定ながら、前を向いて力強く生きることの大切さを説く「月の爆撃機」。そして表題作の「六本木少女地獄」では、想像妊娠する少女を表徴として"女性が女性であることの原罪"を描く。

    どうしても「現役女子高生」という著者の紹介になってしまいますが、どれも高校の(あるいは母校の中学校の)部活動のために書かれたとは思えない作品です。舞台を観たことがない人だと、多層で展開する物語や、一人が複数役を演じるので混乱するかもしれませんが、えーと、すぐに慣れると思います。ぼくも演劇には明るくないのですが、読めたので大丈夫です。


    余談。
    装本はもちろん、フォントにはもこだわる星海社の本ですが、本書では著者近影が『SCHOOLGIRL COMPLEX』の青山裕企というこだわりがすごい!

全7件中 1 - 7件を表示

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)に関連する談話室の質問

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)を本棚に「積読」で登録しているひと

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)の作品紹介

六本木の夜。想像妊娠する引きこもりの少女。彼女の"子どもたち"の父親は-誰?信仰、怒り、そして「許し」。女性が女性であることの原罪…こノ世のあらゆる"地獄"を詰め切って演劇シーンの未来をノックする若き才能、原くくるが脚本・演出・出演のすべてを務めた衝撃作、『六本木少女地獄』ほか、全五編の戯曲を収録。

原くくる処女戯曲集 六本木少女地獄 (星海社FICTIONS)はこんな本です

ツイートする