青春離婚 (星海社FICTIONS)

  • 298人登録
  • 4.45評価
    • (39)
    • (21)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 紅玉いづき
制作 : HERO 
  • 講談社 (2014年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061388949

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紅玉 いづき
辻村 深月
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

青春離婚 (星海社FICTIONS)の感想・レビュー・書評

  • 高校時代のテニス部OB会に参加して、少々ノスタルジックになっている心の琴線に触れたらしい。今時の高校生はスマホアプリやSNSで仲良くなれていいなあと。昔は突撃しかなかったんですよ。でもトキメクココロは変わらないのかもね。

  • きゅんきゅんした、でもだいじなこと書いてある。紅玉さんだー

  • 爽やかな後味のお話でした。

  • 同じ高校内の、3つの話。

    名字が同じだから、とこれを言われるのは
    高校になってから。
    小学生だと、兄妹だ~というからかいに。
    消極的故に、な関係。
    ようやく最後に動いた…んですよね、これ?

    次の話に、最初に出てきた男の子の後輩がちらり。
    そして主人公の正体は?! でしたが
    それは考えてなかったです。
    てっきり他校かと…。
    よくよく考えれば、それもないですよね。

    そして最後には、後輩の友人の…家族となる人が。
    最後の方には、最初の男の子が登場。
    同じ学校内ですから当然ですけど
    何だか嬉しいものがありました。

  • 優しい短編3つ。ぬるま湯からの脱却。

    スマホ標準装備の学生生活って面白そう。
    学生時代に無くてよかったものランキング1位はスマホらしいけど。
    一長一短なのか。ぬるま湯に浸かりたい。

  • スマートフォンアプリから始まる、高校生の恋愛模様を描いた短編小説で、
    表題作「青春離婚」は、引っ込み思案の郁美が、同じクラスで偶然にも同じ苗字の灯馬と「夫婦」というかたちで繋がり、その関係性に恋をする物語です。
    とてももどかしい二人ですが、郁美が居心地のよい「夫婦」の関係を保とうとする初々しいやりとりは本作の魅力のひとつだと思います。
    そして、11月22日良い夫婦の日に「夫婦」のかたちを離婚する選択には、胸が詰まる思いがします。
    七夕の近いこの時期、こんな可愛らしい恋物語はいかがでしょうか。

  • ブランコ乗りの話が気に入ったので、やっぱり紅玉いづきさんの本はいいなぁと思い、探してました。
    ガーデンロストとはまた違った良さがありました。

    ガーデンロストの方はなんとも言えない思春期ならではの閉塞感とか少女たちの繋がりとかなんとも言えない雰囲気の良さが魅力でした。

    こちらはうってかわって男女の穏やかで甘酸っぱい恋の話。指先の恋とあるようにスマホを通した、でも温度のある暖かいお話です。
    どの話も心温まるよい話です。是非読んでみてください(*´-`)

  • 表題の青春離婚は小説版もコミックス版もネットで読んでいたのですが、他の二遍もとても良い。
    個人的には家族レシピのお二人がとても好きです、と書こうとしたけど非公式恋愛の感じも大変好みだし無論のこと青春離婚の二人も好きだしで結局甲乙つけられずに困った。
    皆いいです。

  •  いろいろあって、仕事でね。本を読めって言われてね。
     まあ、読書は趣味なんで、いくらでも出来るのだけれど、果たしてそれでいいのか……と思いながらも、内容の要約も立派に復帰のための訓練らしいので書く。

     この「青春離婚」という話は、Web連載している時から読んでいたし、コミックスの末にあった冬馬さんと郁実さんのその後の話までしっかり読んでいたので、長い付き合いと、作者さん風に言うとなるのだけれど、今回はその「青春離婚」なお話と、その周りを取り巻く人々の新たな恋愛の話。
     個人的には、冬馬さんと郁実さんの話が更に読めるのかと思って楽しみにしていたんですけど、そうじゃなくてちょっとびっくりしました。
     でも、一人の人がいれば、それを取り巻くようにいろんな人がいて当然だと思うし、その人たちが様々な恋愛をしたり、人について考えたりしていて当然。
     ずっと一人の人生を書くのも大切だけど、そうやって周りを掘り下げることで、登場人物が生きてくるのもいいなあって思います。

     なので、続きだ! と思って喜んで手に取ろうとしてる人には「ちょっと待って!」なんですが、決して読んで後悔する本ではないので、一呼吸して、「そうじゃない」って思ってから手にとって楽しみに読んでくれると嬉しいなあ、と思います。

     恋が恋になる前の話だったり、恋に突撃する前の話だったりいろいろするけれど、この世界観が好きなら後悔はないと思う。

  • 甘酸っぱくてやさしい、軽やかな恋愛小説でした(*´ω`*)

  • 同じ高校が舞台の3つの連作短編集。
    デジタルな硬質な感じの中にも温かみが感じられ、ほのぼのできた。
    微妙な距離感がじれったくもあり、切なくもあり。。
    3編どれも可愛らしく、読後感も良かった。

  • すべてがやさしいお話。
    ひとつひとつはもちろん、三編ともどこかで繋がっていて、スマフォ・ツイッター・アプリ、指先を通してわたし達は誰かと、せかいと、繋がっているのかもしれない。そんなことを思いました。

  • 思わず叫びたくなる恋愛短編集。デジタル文字にも温度はあるんだよ、という話

  • なんて甘く爽やか。
    あとがきもあったかいなあ。
    スマホとかとぅいったーとかよく知らなくても楽しめる。
    指先からはじまる恋…悪くない!

  • 青春離婚はコミックで読んでたけど、文字だとこうなるのかと。
    みんな優しいなぁって、思いながらいつもいづきさんの本は読んでます。

  • 可愛い高校生の淡い淡い恋のお話
    楽しく読みました〜♪
    最後のお話はお料理が好きな男の子と苦手な女の子のお話
    微笑ましくって…(*^^*)

  • 指先で、伝える、想い
    機械を介する分、温度は冷めてしまうかもしれないけれど、言葉を使う分、熱意が伝わるといい
    3編とも思いが通じるところまでなので(付き合うところまでではない)、その後の進展が気になるところ

  •  HEROさんコミカライズの青春離婚のノベル版です。表題作の「青春離婚」と「非公式恋愛」「家族レシピ」の三本立ての短編集。
     印象はとにかく淡いの一言に尽きます。淡泊というわけではなく、こう、なんだか胸がきゅーってするんだけどこれは何? というような、そういう淡さ。読んでいるうちにスルリと頭の中に入ってきてぼんやりと滲み広がるような、そういう淡さです。どれもスマートフォンやSNSといった今のつながりを上手く生かしながら、それでいて機械的でない温かみのあるお話でした。
     コミックで読んだことのある「青春離婚」も、漫画とは違った細部の描写があるので飽きさせません。二人に同時に感情移入して、ああもう、早く幸せになっちゃえよ! というもどかしさと、読み終えたくない、終わってほしくない気持ちで読みました。読後は続きは? この二人の続きはないの? 見たい、ずっと見ていたい! と思わせるほど可愛い二人です。でもこの二人のお話は、ここで見えなくなっていいのだと思います。

  • 淡い。淡過ぎる。
    「青春離婚」だけでもヤバイのに、続く「非公式恋愛」「家族レシピ」も涙腺崩壊率100%。くっつきそうでくっつけないもどかしい位置からくっついていく三組の男女。
    続きが見たいようで、見たくない、紅玉いづきの完成形でした。
    続け。

  • もうとにかく、かわいいいいいい!と地団駄したくなるおはなしでした。
    青春離婚はもちろん。
    灯馬さんと郁美さんが、Webで読んだときから、だいすきで、二人の話をもっと読みたかった気もしましたが!やっぱりあの終わりだからこそ、すき。
    そして、家族レシピの破壊力といったらなかったです。かわいい。なんだこのかわいいの!
    パスタのくだりで、笑いが止まらなくなりました。身に、覚えが、ありすぎる。

    どれも、やさしく、やわく、じんわりせつないような、でもあたたかみのあるおはなしでした。

    でも、アルファベットは、縦書き表記のほうがよかったんではなかろうかと思った。なんだか浮いてみえてしまった。つらなると気にならないのだけども。ひょいと出てくると。デザインによるのかなぁ。

    新ヤギさんの絵が気になる。

  • コミックでは読んでいたけど、小説では初めて。どうにか小説の方を読みたいと思っていたところ単行本化&二作書き下ろしって!紅玉さんありがとうございます!
    青春離婚。コミックで感じた二人の息遣いみたいなものが文章だと尚一層感じられて、この物語が、そしてこの二人が、だいすきだと何度も何度も叫びたくなりました。あの、終わり方はずるい。
    非公式恋愛。すっかり騙された訳ですが。一直線な女の子ってかわいいなーと思いながら読みました。好きな人のことは知りたいもの、というのに共感しまくりです。ふと気がつくとああ今ストーカーみたいなことしてるって、経験は、誰もがあります、よね。
    家族レシピ。僅差で一番好きなお話になりました。私には二人みたいな経験はないけれど、人と距離を近付けていく過程ってこんなに優しかったかな、と思うとなんだか泣きたくなってしょうがなかった。きっと美味しいレシピが完成するはず。

    紅玉さんの本を読むといつも泣きたくなるけれど、この本も例に漏れず。自分が物語に優しくされてるなーと思います。顔を上げなくちゃと思います。また紅玉さんの書く学生たちが読めたらいいなー。

  • 「新しい時代の自分達は、指先から恋をするのだ。」
    帯にも書かれてた、本書のラストの一文。
    そこを読んで、泣きそうになった。
    短編3本すべて指先から始まる恋(スマフォが繋ぐ恋)で、そんな作品の終わりは、この一文以上に適する言葉はなかったと思う。
    もどかしくて、あったかくて、涙がにじんだ。
    紅玉先生はホントに好きだぁ……!!

  • コミカライズをずっと読みたかったのだけれど、今回小説化されたので早速読んでいました。
    八木商を舞台とした連作短編集。表題作もよかったけれど、書き下ろされた2編もとても良かった。スマホから始まる恋、というのが、今現代だなあと思った。学生時代の恋愛や家族の在り方、そのまま大人になっても、続くといいなと思う作品でした。

  • 大好きな作家さんと大好きなイラストレーターさんによるタッグ。好きなものと好きなものが合わさったら、絶対おいしいに決まっているの法則。
    すでにコミックスは持っていたけれど、小説は読み逃していたので購入。表題作のほか、2作書き下ろしがあるということで、今から1ページずつゆっくり読んでこよう。

    ちなみに、コミックのほうを手に取ったのは、タイトルと最初のページにぎょっとしたから。
    ―『青春離婚』11月22日、いい夫婦の日にわたしたちは離婚をする。―
    とても印象的で、ぎょっとする取り合わせ。だって高校生で離婚、しかも何だか現在進行形っぽい…。このちぐはぐな取り合わせにまず引き寄せられてしまった。そうして読んでいったふたりの話は、HEROさんのマンガだなあと思いつつ、でもきちんと紅玉いづきさんの小説の文体が素地にあって、両方のファンが満足のため息をつくものでした。

  • 新しい時代のわたし達は、指先から恋をする−−。

    同じ名字に、同じクラス。春に進学したばかりの八木商業高校で、偶然に出逢ってしまった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。すぐにクラスメイトから「夫婦」とはやしたてられるようになり、憂鬱な日々を過ごしていた郁美だったが、ある日、灯馬のアイディアで、ふたりは夫婦の秘密を共有することになる−−。
    星海社ウェブサイト『最前線』にて“いい夫婦の日(11月22日)”に公開され、イラストを担当したHERO自身のコミカライズでも話題を呼んだ表題作に書き下ろしを新たに二篇加え、ついに単行本化。
    今、スマートフォンを通じて掌の中にある恋を描いた、紅玉いづき×HEROのタッグで贈る最新作。

全26件中 1 - 25件を表示

青春離婚 (星海社FICTIONS)を本棚に登録しているひと

青春離婚 (星海社FICTIONS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青春離婚 (星海社FICTIONS)の作品紹介

11月22日、いい夫婦の日に、わたし達は青春のまま、離婚をする。
同じ名字に、同じクラス。春に進学したばかりの八木商業高校で、偶然に出逢ってしまった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。すぐにクラスメイトから「夫婦」とはやしたてられるようになり、憂鬱な日々を過ごしていた郁美だったが、ある日、灯馬のアイディアで、ふたりは夫婦の秘密を共有することになる――。
星海社ウェブサイト『最前線』にて“いい夫婦の日(11月22日)”に公開され、イラストを担当したHERO自身のコミカライズでも話題を呼んだ表題作に書き下ろしを新たに二篇加え、ついに単行本化。
今、スマートフォンを通じて掌(てのひら)の中にある恋を描いた、紅玉いづき×HEROのタッグで贈る最新作。

ツイートする