Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)

  • 1177人登録
  • 4.15評価
    • (136)
    • (164)
    • (71)
    • (3)
    • (1)
  • 71レビュー
著者 : 虚淵玄
制作 : 武内 崇 
  • 講談社 (2011年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389045

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第2巻。ライダー陣営が終始癒しでした。あのコンビかわいすぎですね。アイリスフィールとセイバーが冬木を練り歩くのは楽しそうでかわいかったです。龍之介の、オルガンシーンは…文章で読んだだけなのに気持ち悪かったです。ランプもすごい。発想が恐ろしい。
    やはり、アニメに比べて心情がちゃんと描写されていて、物語に入り込みやすかったです。ケイネスは本当にソラウが好きなんだな、と。健気でかわいい。アーチャーvsバーサーカーは、文章で読んでもかっこよかったです。アーチャーはどこまでも王様なんだな。ライダーがとてもかっこよかった。あんな人が上司だったらいいのになぁ。雁夜おじさんが一番好きなのですが、途端に小物感すごいけど大丈夫か。一年の修行の間に歪んでしまったのかな。。
    展開がわかっているからこそ、早く次が読みたいです。

  • 古本屋でみつけて購入。

    アニメをみていたので内容はすべて知った通り。
    アニメはほんま丁寧に小説を元に作ったのだと思いました。
    やっぱりおもしろいですね。
    残りも機会があれば読みたいものです。

  • 聖杯戦争初戦。各サーヴァントが一箇所に集まり、非常に緊迫した戦いが描かれる。ランサー×セイバー戦の描写が、アニメ化する際にどう描かれるのかが気になる所。

  • 戻ってこないバーサーカーでめっちゃ笑ってごめん。あー雁夜かわいそうだなーーー!
    人間オルガンの子はなんか伏線なんですか?それとももう関係ないのかな?

  • 引き続き2巻。各陣営が見えてきてだんだん面白くなってきた。ぐろいけど。
    2017.08.29

  • みんながやっと出揃って、なんとなくマスターとサーヴァントの名前が一致するようになってきた…!ランサーの性格が武士!ってかんじですきだし、ライダーの豪快さもすきです。
    あとキャスターの狂気じみた歪んだかんじも別の意味で目が離せないなあと思いました!
    どうやって敵陣営をおとしてくのか気になるし、それぞれの英霊の史実も気になるーー!!

  • アニメ版では4話~7話くらいまでの内容。セイバー対ランサーからの派生した五つ巴?戦から愉悦部への勧誘期間まで。
    ケイネスは惚れた弱味でソラウには弱い、と理解はしていたものの小説版を読んで本当に惚れてたんだなと。そしてこの巻から愉悦部部長ギルガメッシュさんによる愉悦講座が始まったので今後がとても楽しみ。綺礼の心のあり方をより深く理解できればいいな、と思う。雁夜おじさんは一気に小物感が漂ってきました。頑張れおじさん!

  • 購入して読み。

    ライダーとウェイバーのコンビから目が離せない。
    「余のマスターたるべき男は、余と共に戦場を馳せる勇者でなければならぬ」
    のところとか、もうね。
    「とりあえず敵の首級を挙げさえすれば、そのときは余にズボンを穿かすと、そう誓うわけだな?」(p283)
    のあたりとか、もうね。

  • 王たちの狂宴というサブタイトルのついた、第2巻である。
    イスカンダル好きだわ。
    その器のデカさ加減、まさに王の中の王。

  • 感想

    サーヴァント同士の戦闘には熱いものがある。秘めたる固有の技の存在が戦闘を面白いものにしている。
    今後どのような展開が繰り広げられるのか楽しみ。

全71件中 1 - 10件を表示

虚淵玄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Fate/Zero(2) 英霊参集 (星海社文庫)の作品紹介

究極の決闘劇、「聖杯戦争」においても手段を選ばぬ"魔術師殺し"こと魔術師・衛宮切嗣と、あくまで己の騎士道を貫かんとする英霊・セイバーの亀裂は決定的だった。不協和音を抱えた二人を襲う数多の英霊たち、そして、切嗣の前に妖しく立ちはだかる聖堂教会の求道者・言峰綺礼の影-!これは始まりに至る物語-。緊迫の二巻。

ツイートする