Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)

  • 1094人登録
  • 4.18評価
    • (133)
    • (136)
    • (65)
    • (3)
    • (0)
  • 69レビュー
著者 : 虚淵玄
制作 : 武内 崇 
  • 講談社 (2011年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389069

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)の感想・レビュー・書評

  • アサシン消滅。

    明らかに脇役で、何故マスターに選ばれたかわからないアーチボルトが切嗣に敗北(因縁があるウェイバーではなく、何の関係もない主人公の切嗣に無残にやられるところが、本作の他の小説との相違点)。

    セイバー、アーチャー、ライダーという王たちの宴。

  • ケイネス哀れ…かわいそうだね!ソラウさんはうーん…まあ愛ならしょうがないですけど…まず相手を理解するべきだと思うんだ。
    雁夜は凛も救えたし説明もできたしよかったね!
    ジル・ド・レェさんはやっぱりわりとヤンデレなんですね、そのやりすぎっぷり、嫌いじゃない。

  • 3人の王たちの話はよかったなあ。ぐっときます。きっと、読むタイミングで感じるものが変わりそう。昔なら、きっとわたしはセイバーに共感しただろうなあ。
    明るい部分に救われた3巻でした。
    さて4巻。
    2017.08.30

  • 王たちがお酒を酌み交わすところがすごいおもしろかった!!さすが大物たちは考え方が違う…すごい!
    それとキャスターの狂気と執着が気味が悪いと思いました。想像するとすごくグロテスク。
    ライダーがすきだなあと思いました。

  • アニメを見た段階で読むようにしています。詳細なキャラクターの感情を読むためには小説の方がおもしろいです。どの陣営もマスターと英霊がうまく噛み合わないというか、わずらわしくもどかしい関係性なのがおもしろい。どの人物も自分の信念とか願いがあって、それに向けて尽力しているのはわかるけど、うまくいかないものなんだなぁと。人生は厳しい。聖杯問答がとてもよかったです。セイバーがあわれだ。アニメにあった凜の大冒険はないのですね。原作の方が、希望が見えない終わり方なのでしっくりきます。とてもてんこ盛りで、文字数以上の読み応えのあった巻だと思いました。

  • キャスター討伐戦途中~綺礼対アイリ&舞弥~雁夜おじさんによる凛救出~聖杯問答まで。
    セイバーとランサーが清々しい信頼関係で背中を任せ合っているのと同時に切嗣とケイネスが殺し合っている図式は皮肉が効いてる。そりゃあマスターとサーヴァント間の信頼なんてないな、と。Zeroを見て、Fateにおける相性は能力値よりはるかに大事だと悟りました。切嗣とセイバーはあかん。
    時臣師の采配もダメダメだーー!雁夜おじさんはバケモノなんて呼称されるし勘違いが痛すぎるよーー!!
    次巻も楽しみです。

  • 購入して読み。

    ・切嗣を守ろうとするアイリスフィールと舞弥の愛情(とそれに戸惑う綺礼)
    ・騎士として生きたいけど、マスターの妻に惚れられてままならないランサー
    ・ウォッシュジーンズをウェイバーに買ってもらってうれしい「アレクセイさん」ことイスカンダルさん。王とは?という聖杯問答からのアサシン蹴散らしっぷりが素敵

  • 感想

    ライダーの宝具は素晴らしく胸震わせてくれた。筆者は英霊たちの過去、資料を読み込んでよく調べ上げたのだろうなと思わせる一冊。

  • セイバーは切嗣の命を受けて、キャスターの討伐に出かけます。さらに、その動きを察知したケイネスも、ランサーをキャスターのもとへと送り込みます。しかし、これは切嗣の罠でした。切嗣は、ランサーと離れて行動することになったケイネスの襲撃を開始します。

    一方、セイバーとともにキャスターとの戦闘に当たっていたランサーは、マスターの危機を悟り、顔色を変えます。互いに好敵手であることを認め合っているランサーの窮状を知ったセイバーは、彼をケイネスと切嗣のもとへと向かわせます。こうして、セイバーと切嗣の主従は、ますますその溝を深めていきます。

    その後、ライダーがセイバーとアーチャーを誘い、酒宴を設けることになります。3人は、お互いのめざす王道を語り合うことになり、セイバーは自分が信じてきた正義という価値が、果たして王道と呼べるような貴いものなのか疑問を抱くことになります。

    そこに、綺礼のサーヴァントであるアサシンが襲撃を仕掛けてきます。ライダーは宝具「王の軍勢」(アイオニオン・ヘタイロイ)を使って、圧倒的な力でアサシンを倒します。

    コメディ担当かと思いきや、ライダーが意外な強さを見せたことで、ストーリーの行方が俄然気になってきました。

  • 2013.11.14
    聖杯問答の話大好き

  • 今回の見せ場は個人的に「聖杯問答」。王を名乗る三人のサーヴァントの、それぞれの王道のぶつかり合いが面白い。聖杯戦争もそろそろ中盤。アニメで先は知っているが、それでも続きを読むのが楽しみです。

  • 9784061389069  274p 2011・3・10 1刷

  • ケイネスvs切嗣とか聖杯問答とか見せ場が多いので、DVDとかで繰り返し見ちゃったシーンが多いからかも知れませんが、アニメで内容知っているとここまでの一気読みは辛いかも。
    上記のように中盤の見せ場が多い巻なので、初見の方には嬉しいかな。

    凛ちゃんの冒険は蛇足気味でもアニメの方が精神的に優しいです。

  • 3巻のハイライトは、泥沼化する昼ドラ陣営と、
    ストーカー化するキャスター、そして王飲み会。
    ちょっと違った趣の方も居ますけど、英霊が7人揃ってこの展開…。
    非常に面白かったです。
    ギリシャ神話だと、能力的な面は置いといて、
    思想とか言動とか人間臭さがありますが、
    4次戦争は特にそう云った趣がありますね。

    切嗣VSケイネスは胸躍る戦いでした。
    私はアニメは見ていないのですけど、この戦いを映像で見ると、
    また恰好良いのでしょうね。
    一寸ヤンデレてきたソラウさんが素敵でした。
    そして、思想を2人の王に全否定されるセイバー…。
    ギルガメッシュは何故アルトリアに興味を抱いたのかと思いましたが、
    こうして見ると成程…と思いますね。
    Stay nightではセイバーの思想に
    そんなに違和感を覚えませんでしたけど、王問答を見ていると、
    確かにセイバーは王らしからぬし、
    そう云った所にも女性らしさが潜んでいたのね…と感じます。
    Stay nightはまぁセイバー以上にマスターも大概でしたからね。
    おかげで彼女の滑稽な所とかあまり目につきませんでした。

  • 聖杯問答が面白かった。時代も地域も違うそれぞれの王が唱える王道論。時間と空間を超えた英雄の共演は夢。
    個人的にイスカンダル王の王道は英雄としてかっこいいと思う。
    それにしてもディルムッドは罪な男です。

  • ぶつかる武器と信念。セイバー、ライダー、アーチャーの酒盛りにおける会話がグサッときた。セイバー人気ありすぎ。あとウェイバーがちょっと面目躍如して嬉しかった。人間ドラマの濃さも魅力だなあ。

  • 聖杯問答には期待していたが、ほぼアニメ通りだったのが少し残念。

  • 前の巻に引き続き、ライダーがカッコ良すぎ。
    私の中ではもうほとんど主人公。
    なんだかセイバーが気の毒に思えるほど・・・
    聖杯戦争忘れそう(^_^;)


    そういえば「キャラ読み」ってコトバを思い出しましたが、こういうのを言うんでしょうかねぇ・・・

  • ここにきて、再読の弊害が出てきた。ストーリー展開は知っているため、文章を楽しみたいのだが、会話と戦闘描写が多くなってきている。くどく感じる手前の硬質な文体が好みなのだが、鳴りを潜めたように思う。3巻まで一気に読み過ぎたのかなぁ。
    3巻の中心は、アインツベルンの中庭での王の宴と、対キャスター戦。3人の王が集った酒宴で、セイバーの王道が白けられてしまう場面は、初読の時に印象に残っていた。金ピカのセイバーに対する執着もここから始まるのですねw
    単行本ではカラー口絵があったが、文庫本にはないのね。表紙見返しにイラストはあるけれど、全身が見たいです。

  • 龍之介のアトリエの様子が気になる…

  • 今回は3巻。描写も丁寧に描かれており、マル。心情がわからなかったのがわかるのがよい。とくにきりつぐときれい。こいつら無表情やから何考えてるのかわからんもんな。

  • 綺礼たんまじコトミネーター。

  • アニメ化もされた虚淵玄のFate/Zeroの第3巻。征服王の男っぷりに惚れ惚れする一方、騎士王の女々しさ(いや、女だから正しいのか)にげんなりな聖杯問答がメインとなる巻です。英雄王は…我が道を行くって感じです。その他にも"魔術殺し"切嗣のケイネス戦や、切嗣を思うアイリと舞弥の女性二人組vs綺礼など見所が多いです。それぞれのキャラの心の葛藤とかもきちんと描かれており、アニメを補完する意味でも読んで損はないと思います。しかし、全体的にセイバーさんの描かれ方が不憫になってきたwww

  • ランサーとセイバーの共闘戦カッコよかったぁ♪( ´▽`)
    聖杯問答はギルガメッシュの王の在り方がすごいなっとおもいました。

  • fate/zero3読了。なにこれ超かっこいー!!ライダー超かっこいー!!友達にも「絶対ライダーだと思ってた」とか言われたけど予想されて本望!ライダーとウェイバー最高!!唯一の癒し陣営って言ってた意味がよくわかるわあ パンツ買ってもらえてよかったね

全69件中 1 - 25件を表示

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Fate/Zero(3) 王たちの狂宴 (星海社文庫)の作品紹介

"魔術師殺し"こと衛宮切嗣の悪辣極まる謀略によって、第四次聖杯戦争は早くも佳境を迎えつつあった。その最中、征服王・イスカンダルは"王"たる"格"を自他に問う、真剣勝負の「聖杯問答」を仕掛ける!英雄王・ギルガメッシュ、そして騎士王・アーサー・ペンドラゴンが全身全霊を懸けて答える"聖杯の王"に相応しき「王の器」とは-!?これは始まりに至る物語-。白熱の三巻。

ツイートする