ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)

  • 74人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (9)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 竜騎士07
制作 : ともひ 
  • 講談社 (2011年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389144

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 4話目はちょっと視点を変えて、事件が起こる5年前の話。正直な所、読んで余計「???」となり混乱中。整理すると本当に「オヤシロ様の呪い」はあるのか?。これが犯罪だとしたらどんなトリックを使っているのか?。究極は誰の仕業なのか?。この点に解答編の読むポイントが絞られてくると思う。ネタバレを見たくなるのを我慢して読み続けたいと思う。あと、この巻の麻雀の部分は(心の中で)笑いながら読み進めました。強い人って一緒に打っていて「嘘?」というぐらい強いんだもの。その点は納得をしながら読みました。感想はこんなところです。

  • 昭和53年、初夏。建設大臣の孫が誘拐された事件を追って雛見沢村を訪れた公安の新米警部・赤坂衛。彼は「雛見沢ダム建設反対運動」の活動拠点になっている古手神社の一人娘にして、"オヤシロさま"の生まれ変わりとも崇められる不思議な少女・古手梨花に出会う! 梨花が放つ"警告"は赤坂に届くのか──!
    "正解率1%"の衝撃ミステリー! 出題編、堂々の完結。

  • 出題編最終巻。今回の舞台は、雛見沢ダム建設反対運動がおこなわれていた頃にさかのぼります。

    主人公は、公安の新米警部の赤坂衛(あかさか・まもる)です。建設大臣の孫の犬飼寿樹(いぬかい・としき)が誘拐されるという事件が起き、公安が秘密裏に捜査をおこなうことになります。過激なダム反対運動をおこなっている雛見沢村に派遣された赤坂は、食えない地元の刑事の大石蔵人たちと渡り合いながら、事件に関する情報を収集します。

    そんな中、赤坂は古手神社の一人娘の古手梨花から、「東京へ帰れ」という警告を受けます。彼女の言葉を気にかけながらも、村を牛耳る園崎家が誘拐に関与しているらしいという情報をつかんだ赤坂は、なおも雛見沢にとどまって情報収集を続けます。そして、ついに寿樹の財布が発見されたという報せが入り、赤坂と大石は彼が監禁されている場所に突入します。

    こうして、無事事件は解決したかに見えましたが、その後東京に帰った赤坂は、出産を控えていた妻が死んでしまったことを知ります。

    その後、雛見沢が全滅するという大参事のあと、赤坂は大石に再会します。そこで彼は、かつて梨花が彼に告げた連続殺人事件についての予言が、すべて的中していたことを知ります。

    今回は出題編の最終巻ということもあって、解答編「ひぐらしのなく頃に・解」へのつなぎといった感じのストーリーになっています。次への期待をかき立てられるという点では、上手いと思います。

  • 913.6 リ (4) 登録番号9305
    生徒リクエスト

  • "ひぐらしのなく頃に"の第四話暇潰し編です。暇潰しとタイトルがついていますが、これを読んだほうが"ひぐらしのなく頃に"の世界をきちんと理解できるお話です。ここまでの話でちょくちょく話題の出ていた建設大臣の孫誘拐事件を中心に話が展開していて、梨花以外のいつものメンバーは出て来ません。でも、梨花という少女を知る上では、かなり重要な話だったと思います。あの達観したような梨花のセリフの数々に重さが増します。まぁ、解答編への橋渡し的なポジションの作品です。

  • 昭和53年、初夏。建設大臣の孫が誘拐された事件を追って雛見沢村を訪れた公安の新米警部・赤坂衛。彼は古手神社の一人娘にして、“オヤシロさま”の生まれ変わりとも崇められる不思議な少女・古手梨花に出会う! 梨花が放つ“警告”は、赤坂に届くのか——!
    “正解率1%”の衝撃ミステリー!出題編、堂々の完結。

  • 暇潰し編とあるが番外編ではない。むしろいつもは上巻を丸々使って延々と部活をやってるところをカットして要点だけ詰まっているので大変面白い。出題編ではぶっちゃけこれが一番面白かった。しかも出題編最終巻ということだが、ひぐらしのなく頃に解への繋ぎが熱く直ちに続きが読みたくなった。

  • とりあえずよかった!

  • 暇潰し編という名ではありますが、非常に大切なターニングポイントな話です。後書きでも書いていましたが、確かに番外編と思ってしまいそうなタイトル…。

  • やっと出題編が全て終了。途中で止められず、とりあえずここまで読んできたが、もういいかなぁという気もする。どっちにしても買わずに図書館で借りてすますか…

  • 暇潰し編をプレイした後に私的捜査ファイルを読んでテンションが上がったのを思い出した。

全11件中 1 - 11件を表示

竜騎士07の作品一覧

竜騎士07の作品ランキング・新刊情報

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)の作品紹介

昭和53年、初夏。建設大臣の孫が誘拐された事件を追って雛見沢村を訪れた公安の新米警部・赤坂衛。彼は「雛見沢ダム建設反対運動」の活動拠点になっている古手神社の一人娘にして、"オヤシロさま"の生まれ変わりとも崇められる不思議な少女・古手梨花に出会う!梨花が放つ"警告"は、赤坂に届くのか-。"正解率1%"の衝撃ミステリー。出題編、堂々の完結。ゼロ年代の金字塔が驚愕のオールカラーイラストで文庫化。

ひぐらしのなく頃に 第四話 暇潰し編 (星海社文庫)はこんな本です

ツイートする