ビアンカ・オーバーステップ(上) (星海社FICTIONS)

  • 22人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061399648

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
トーン テレヘン
宮下 奈都
アンジェラ・アッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ビアンカ・オーバーステップ(上) (星海社FICTIONS)の感想・レビュー・書評

  • 筒井康隆著のライトノベル『ビアンカ・オーバースタディ』の続編として新人賞に応募された作品。
    『スタディ』は筒井氏初のライトノベルという謳い文句だったけれど、実際の所いつもの筒井的ドタバタ小説ハルヒ風味だった。
    続編の今作はやはり作者が変わったのでよりラノベ的なノリが強く、読んでてちょっとこっぱずかしくなってしまったりした。SF的世界観も、うーん…面白くなくはないんだけど、もうちょっと重厚感が欲しいところ。というか、後半の展開がやや冗長な印象。この辺のできごとも後々伏線になるんだろうか?
    下巻でもうちょっと巻き返してくれるといいなあ。

  • 二次創作だったとは思えない高クオリティー。所々に小ネタが仕込まれていて、読んでておもしろかった。

  • ヤバイヤバイヤバイ!!!タガメも蛆もヤバイけれども、なにせかにせ『ソレ』がヤバすぎる。キィエエエエエ!。。。TOTO凄いな。デキャンタージュって。完璧だw。ロッサが主役の(上)。。。さてさていざ(下)へ。

全3件中 1 - 3件を表示

ビアンカ・オーバーステップ(上) (星海社FICTIONS)の作品紹介

文学界の巨匠・筒井康隆が書き上げた唯一のライトノベル作品、『ビアンカ・オーバースタディ』。その“正統なる続篇”を引っさげ、筒井が認めた破格の新人・筒城灯士郎の才気がついにヴェールを脱ぐ!

天体観測の最中に突然消失してしまった好奇心旺盛な超絶美少女・ビアンカ北町。妹・ロッサ北町は愛する姉を見つけ出すため、時空を超えた冒険(オーバーステップ)を始める――!

星海社FICTIONS新人賞受賞の超弩級SF、上下巻同時刊行!

妹にとって不要なものは――姉以外のすべてだ。

ビアンカ・オーバーステップ(上) (星海社FICTIONS)はこんな本です

ツイートする