小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))

  • 60人登録
  • 3.17評価
    • (3)
    • (2)
    • (14)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 後藤明生
  • 講談社 (1983年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061456846

小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))の感想・レビュー・書評

  • 小説家による創作論が面白いのは、いわゆる批評用語が用いられていないところ。後藤明生自身が書いていたとおり、批評家による批評と小説家によるそれとは、そこで一線を画す。批評とはある種の暴力だと思う。既存の概念でもって作品をねじ伏せる傾向がある。逆に、小説家による作品論には、ある抽象を目指しながらも、あくまで具体につこうとする姿勢が土台にある。
    創作家と批評家がそれぞれ性質の異なる存在だという前提に立つと、批評家は理性的で創作家は本能的といった誤った2分法が生まれる。本書にも登場する田山花袋はその不幸な犠牲者だ。そんな彼を、後藤明生が、精緻な読みで救い出している。それだけでも、本書は読む価値がある。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 新書ではありますが、小説に関して色々参考になりました。もっと昔に読んだ記憶があります。再版でしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))を本棚に登録しているひと

小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))を本棚に「積読」で登録しているひと

小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))はこんな本です

ツイートする