星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)

  • 204人登録
  • 4.16評価
    • (42)
    • (10)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 佐藤さとる
制作 : 村上 勉 
  • 講談社 (1980年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061470347

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)の感想・レビュー・書評

  • コロボックルシリーズ3冊目。
    2冊目からは4,5年経ってるかな?
    今度は一人称ではなく三人称です。そのためコロボックルたちの行動と人間の行動両方が語られます。
    1、2冊目で出てきたコロボックルたちの立場はそんなに変わっていないようですが、若手コロボックルたちが育ってきて、コロボックルたちの国も飛行機械を作るほどに発達してきました。
    人間のほうは、せいたかさんの出番は少なくなって、その子供世代に話は移りつつあります。

    今回の事件はコロボックルたちが開発した飛行機械の事故から始まります。
    飛行機械の運転をしていた若いコロボックルのクルミノヒコ、通称”ミツバチぼうや”が、人間の少年”おチャ公”に捕まります。
    コロボックルの国の掟で「この世でただひとりとなるべし」つまり助けは難しい、仲間の事は言わずに死ぬまで一人でいるしかない。
    しかし今のコロボックルの国では時代に沿った新しい規則作りが進み、人間との関係も見直そうとしている。
    コロボックルたちはミツバチぼうやを救出し、これを機会に人間とコロボックルの関係が新しくなるのか…

  • 相変わらず小さな人間じみたコロボックルは人間社会の発展をなぞるかのように文明的発展(?)を遂げ続けています。  でもさすがに著者の佐藤さんもコロボックルという存在が人間模倣生き物ではいけないと感じられていらしたらしく(?)ところどころに、人間のやることをひたすら真似ているわけではないというような趣旨の記述がみられます。  

    そんな作者の迷いのようなものに接してみて、KiKi もちょっと考えさせられました。  よくよく考えてみればこの物語が書かれた時代は、それまでとは見違えるような変化が生活のあらゆる面で目まぐるしかった時代だったわけです。  しかもそれまでは「夢物語」と思われていた様なことが日常生活レベルで実現できるようになってきた進歩の時代。  さらには進歩≒良いことという価値観が大きかった時代でもあるわけで、KiKi が前作の Review で書いた

    「どうせなら擬人化した小人ではなくどこか人間とは価値観とかものの考え方に大きな差がある生物であってくれた方が異文化交流の雰囲気が出てきてハチャメチャかもしれないけれどもっともっと楽しい物語になったんじゃないかと思わないでもありません。」
    というような感想は後出しじゃんけんみたいな意見なのかもしれないなぁ・・・・と考えさせられました。  実際、KiKi もある年齢までは都会でバリバリ働いて、必要なものは稼いだ金で買えばいいという価値観で生きてきたわけで、ここ何年かで初めてそんな生活スタイルに「待った」をかけるようになったわけです。  そういう意味ではあの都会生活時代であればコロボックル社会の発展する様を「よし、よし」と上から目線で納得していたかもしれないなぁ・・・・と。



    さて、そんなプチ人間化しつつあるコロボックルたちが飛行機まで作っちゃって(と言ってもそのスタイルは人間社会の飛行機黎明時代の人力・脚漕ぎ飛行機そのままだけど 苦笑)テスト飛行と洒落こんでいる時に大事件発生。  ちょっとしたトラブルで墜落しちゃったテスト・パイロットがコロボックルの味方である「せいたかさん」でもなければ「ママ先生」でもない、別の人間の子供に捕まってしまいます。

    この子が実にいいんですよね~。  KiKi の子供時代にはこういうクラスメイトが少数ではあってもいたっけなぁと思わせるやんちゃぶりです。  捕まっちゃったコロボックルの方もこの子のことがだんだん好きになっていって、仲間のコロボックルたちに救出された後には「たまには又遊びに行くよ。」と約束するぐらいになっていきます。  こうしてコロボックル達の存在は少しずつ人間に知られていくようになるんですねぇ。

    因みにその「捕獲されたコロボックル救出作戦」の中で意外な働きを見せるのが「せいたかさん」と「ママ先生」の間に生まれた愛娘のおチャメさん。  この子は両親からもコロボックルたちからもちゃんとコロボックルのことを教えられたわけではないのに、彼らの存在を日常的に感じ、尚且つそれを「秘密にすべきこと」と心に決めている繊細な神経の持ち主です。  このおチャメさんのアップの挿し絵があるんだけど、その挿し絵がこれまた素晴らしい!  いかにも日本人の小さな女の子。  しかも邪気のない顔をしていて、挿し絵ながらもギュッと抱きしめてあげたくなっちゃうような可愛らしさです。

    さて、こうして少しずつ人間の知り合いが増えていくコロボックル達の今後はどうなるのかしら?という疑問を残し、第3作は幕となりました。  次に図書館に行ったらこの続編の「ふしぎな目をした男の子」と「小さな国のつづきの話」を借り出してこの物語の完結をちゃんと我が目で確認したいと思います。

  • 【あらすじ】
    空とぶ機械の飛行テストをしていたコロボックル―ミツバチぼうやが、ゆくえ不明になった。知らせを聞いたコロボックルたちは、むかしからのおきてをやぶって、ぼうやをさがしだし、すくいだそうと力を合わせて動きだした。せいたかさんの子どものおチャメさんも大かつやく。

    【感想】

  • なおみさんおすすめ。
    読んで泣いた。なんていいのだろう。読み終わってからも、しばらく涙がでていた。(by なおみさん)

  • 今のところコロボックルシリーズで一番好き!!
    人間に捕まってしまったみつばち坊やは一体どうなってしまうのか・・・・思った以上にハラハラドキドキがあって面白かった。

  • 3話目、あまり期待してなかったが抜群に面白い!

  • とてもワクワク・ドキドキしたお話

  • 一日一冊ペース?そんな場合でもないのについ読んでしまう!
    3作で、とうとう空を飛べるようになるコロボックル。しかし人間の少年に捕まってしまう。掟は「捕まったコロボックルは仲間がいることを知らせてはならない」だったけれども、彼を探しに行くコロボックル達。そして見つける賢さ、情の厚さ。人間の子供との交流。
    おチャメさんが新たにコロボックルの味方に仲間入りという、記念すべき巻でもある。
    古い掟に縛られない考え方だったり、技術だったり、革新的なコロボックル小国。

  • コロボックルシリーズ

  • 20070106
     コロボックル物語3

  • コロボックルシリーズの3作目。こんな風に空を飛べたら良いな。モズに襲われるところは、人間サイズで言うと、翼竜のプテラノドンに襲われる感じかな。コワイコワイ。

  • コロボックルシリーズ3。

  • コロボックルシリーズ、第3弾。コロボックルの世界も発展して、空を飛べるようになってした。ミツバチぼうやと先輩コロボックルが飛行訓練をしていると、先輩が鳥に襲われている所を助けようとして、自らが落下してしまう。
    なんと、ミツバチぼうやは人間に捕らえられてしまったのだ。
    昔の掟で、人に捕まった場合、自らの存在は1人の者として、決して仲間のことは言ってはいけないし、仲間たちも助けに行ってはならないことになっている。
    ミツバチ運命はいかに?せいたかさんの子供、「おチャメ」さんも大活躍します。
    また、コロボックルの世界が新時代を迎えようとする話。
    この巻も、すごくドキドキして読みました。だって、コロボックルが人間に捕まっちゃうんだもの。わたしの所にも小人落ちて来ないかなと思ったものです(笑)

  • コロボックルが空飛ぶ機械の飛行テストをしていて事故に巻き込まれます。
    行方不明の勇敢なコロボックル、ミツバチぼうやの運命やいかに!?
    コロボックルシリーズ第三弾。
    ハラハラドキドキです!

全15件中 1 - 15件を表示

佐藤さとるの作品一覧

佐藤さとるの作品ランキング・新刊情報

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)を本棚に「積読」で登録しているひと

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)はこんな本です

星からおちた小さな人―コロボックル物語 3 (講談社青い鳥文庫 18-3)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする