そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

  • 1754人登録
  • 3.97評価
    • (318)
    • (165)
    • (319)
    • (8)
    • (2)
  • 220レビュー
制作 : 村田 四郎 
  • 講談社 (1994年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061473928

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
ZOO
乙一
はやみね かおる
有効な右矢印 無効な右矢印

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 三姉妹、亜衣、真衣、美衣の隣の家に、ある日誰かが引っ越してきました。早速調査をしにいくと、彼は自分で「名探偵、夢水清士郎だ」と名乗ります。黒い背広にサングラス、背が高くヒョロっとした容姿でとても探偵には見えないけど・・・。


    夢水さんの人間離れした生活能力に目が離せなくなりました。
    そして人間離れした推理力にも目が離せなくなりました。

  • 最初に読んだのは小学4年のとき。面白すぎてびっくりした。
    登場人物がみんなすごく魅力的。
    大人になってから読んでも、変わらない輝きがありますね。
    ずっと手放したくない1冊。

  • この方のあとがきを読んでから、あとがきを読むようになりました。作品はもちろんのこと、ああ、こんなことを考えている大人もいてくれるんだ、と幼いながらに感動したのを今でも覚えています。

  • 夢水清志郎シリーズの1作目。
    児童書だけどちゃんとしたミステリです。大人が読んでも十分面白い。
    自由奔放な教授のキャラも魅力的で、三姉妹とのやりとりが楽しい。
    作者のはやみねかおるさん、てっきり女性だと思い込んでいましたが男性だったとは。小学校の先生をされていたそうで、教授が子供たちに見せる優しさはそのまま生徒たちに向ける先生の眼差しだったのかな、なんて思いました。
    また楽しみなシリーズが増えてしまった。

  • なつかしいなあ。
    はやみねかおるさんの本を読んでいたのは、
    私が小学生~中学生のころでこのシリーズもほかの作品も全部持っていました。次第に青い鳥文庫を楽しめる年を過ぎてしまったので読まなくなってしまったのですが。。
    持っていた本も今では本が増えすぎ本棚に入らなくなってしまったので特に気に入ってた一部を除いてほとんど手放してしまいました。
    はやみねかおるさんの作品を読むきっかけとなったのは、
    はやみねかおるさんが私が通っていた小学校に来てくださったからです。彼は当時担任をされていた先生のご友人だったのです。
    自分でもびっくりするくらい当時、はやみねかおるさんが私達にどんなお話をされたのか覚えています。
    当時のことを思い出すと本当に懐かしい気持ちになります。

    たまには読み返してみるのもいいなあ^^
    まったく本の内容に関する感想ではないことを綴ってしまってすみません。

  • 確か最初に読んだ日本のミステリー。最後にみんなが幸せになれる謎解きをする教授が大好きです。
    小5で読み始めて大学4年で最終巻。自分の卒業よりも淋しかったのを覚えています。

  • 子供の頃に読まなくて正解だったのかもしれない。
    小学生の自分が読んでいたら、デティールに噛みついて、「やっぱりジュブナイルは下らん」と片付けていたような気がする。

    ある程度のミステリ読みにとっては、「こんなトリックに大人が騙される筈がない」とか「中盤で犯人の見当がつく」とか色々難癖が付けられる作品ではある。ただ、児童向けの文章と展開という制約の中で物語を構築していることを考えれば、このテンポと内容はむしろ優れていると思う。

    そして、無視してはならないのは、これが「子供」だけに向けられた作品ではないということだ。犯人の動機と繰り返されるキーワード、そして作者が教育者であるという事実を踏まえれば、「親」に向けられたメッセージがはっきり見えてくる。「子供でも大人でも楽しめる小説」というパッケージに包んで、作者はメッセージを「子育て中の親」に届けようとしたのかもしれない。

  • 夢水清志郎は普段は、だらしない大人。でもやるときは、やる。どこが魅力かな。
    ふ、と児童文学って、大人が読んで、少し物足りないものもあるのだけれど、本当は、大人が読むべきなのかな?大人が大人に対する警告文として、と考えたりもしました。

  • まあ少年少女ものの推理小説としては、よくできてるんじゃないでしょうか。
    さすがに大人ものでこういうトリックだったら怒り狂うが。

  • 生徒に卒業プレゼントに送ってみました。
    そのきっかけで15年ぶりに読みました。

  • 一番面白かった 2017年読了

  • 名探偵コナン見る前に見ようよ!

  • 20年以上経っても夢水清志郎の魅力と、はやみね先生の世界観は色褪せない。大人が読んでも夢中になれる作品だと思う。教授のような“名探偵”に私も子供の頃に出会っていたら…亜衣、真衣、美衣がほんとうに羨ましい!

  • 面白い新シリーズの始まりの作です。ぜひどうぞ!

  • はやみねさんの代表作ともいえるこの本

    登場人物も、個性豊かな面々で、
    読んでいて飽きませんでした。

    小五の時に読んだんですが、
    シリーズを一気読みしてしまうほどのハマりよう


    ミステリーが好きな人なら、
    一回はよんだほうがいい不朽の名作でした!

  • 小学校の時、本好きにしてくれた一冊。
    子供向けだが今でも色褪せない面白さ。

  • 名探偵・・・だけどものわすれの名人!?
    その夢水清志郎が挑むのはどれも謎めいた事件ばかり・・・。笑いがいっぱい謎解きミステリー!?

  • 清志郎の推理がすごくてわくわくした。名探偵なのに生活感のないところや、自分の誕生日も忘れてしまう探偵らしくない所も面白かった。美希10月

  • 自分を見てほしい、誰でも無い、ありのままの私を。
    そう思う心を満たしてくれる存在はとても貴重です。
    自分の一番身近にいる親が、それを満たしてくれるのは、子供にとってとても幸せなことです。
    でも、親も人間、そうできないこともある。そして子供も、成長するにしたがって、だんだんそれに気づいていく。
    だからアピールするんです、見てほしいって、私を見てほしいって。

  • 自身のミステリー好きの原点。

  • 友達に勧められてよんだこの本は気づいたらすごくはまってずっと読んでました!
    夢水清志郎の少しアホらしい発言や隣の家にすんでいるあい、みい、まいがその謎な生き物の世話をするという場面がもう面白すぎて笑い泣きしてしまうくらいですw
    しかし面白いだけではなく理解をするために少しばかり頭を使うところがあるのでそこもまたこの本の魅力だと思います。

  • そして五人がいなくなるを読んで

    この話は、主人公が不思議な人で知らないうちに数々と事件をといていくゆかいでもあるし、こわい話でもある。

    印象に残る場面がたくさんありとてもおもしろかった。

    本当に五人がいなくなった方法や、なぜという疑問がわいてきて、読みやすかった。キャラクターや主人公は会話が多くて推理がおもしろい。謎解きのときや、主人公のとぼけ方にはおもしろい。

    2014年5月31日

  • 亜衣の隣に引っ越してきた、自称「名探偵」夢水清志郎。
    年齢も生年月日も解決してきた事件も覚えていないのに本当に名探偵なの??
    そんな不信感でいっぱいの中、起こった「人間消失事件」。
    消えた子どもたちはどこへ行ってしまったのか。
    夢水清志郎の力量やいかに。ぜひ読んでみて下さい!

  • 僕の青春
    思い出補正アリだけど面白いものはおもしろい

全220件中 1 - 25件を表示

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)に関連するまとめ

はやみねかおるの作品一覧

はやみねかおるの作品ランキング・新刊情報

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする