いちご(1) (講談社青い鳥文庫)

  • 232人登録
  • 3.91評価
    • (35)
    • (22)
    • (40)
    • (2)
    • (0)
  • 34レビュー
  • 講談社 (1994年10月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484047

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小学生の頃にちょろっと読んでたのが懐かしくなり。
    その時は単純に面白い「夢水清志郎」や「パスワード探偵団」により夢中だったけれど、私の場合は今読んでみて「こういう話だったのかあ!」と沁みてくるところがありました。はやく続きが読みたい!

  • 少女の成長物語だいすき

  • アトピーに悩むいちごは、父親の仕事の都合で、東京から田舎の山奥の町へ

    ピュアだなぁ(*^。^*)

  • いい話です。感動しました。学校とは、なにか?等、いじめの問題も。

  • 小学生の時に友達に貸りて読んだ本。それ以来ずっと倉橋さんのファンです。
    家族と都会から田舎にやって来た少女、いちごの心暖まる物語。何故か森の描写がとても印象に残っています。

  • アトピーで顔にぶつぶつのある、小学5年生の「一子」こと「いちご」は、
    父親の脱サラによって東京から引っ越し、信州の小学校に転校することに……


    大学の後輩ちゃんにオススメ頂いて、シリーズ読破を目指し中。
    いやあ、良いもん薦めてもらった。面白い。

    子ども向けの文庫本だと侮るなかれ。
    そのへんの自己啓発本に負けない言葉が、ストーリー中にいくつも出てくる。
    でも全然おしつけがましくない。スッと心に染みてくる感じ。
    大人にも楽しめる一冊。

    小学校の頃も、いじめとか登校拒否とかあったもんなあ。大人にも子どもにも、シビアだよね人生って。

    しかし、いちごちゃんは前向きだ。
    壁にぶつかっても、考えて、行動して、時に反省しながら、まっすぐに生きてる。
    優しくて、かっこいいな。

  • 娘が学校で借りてきた。
    とても面白かったようで、どんどん読み進め、全シリーズ読破した。

    ★5つは娘の評価。

  • 友達の家にあった素敵な挿絵の本。
    おもしろそうで、気になっていて。
    手に取ってみたら夢中になって。

    小学生のいちごと一緒に
    小学生だったわたしは悩んだりドキドキしたり。

    人間以外の動物や植物だって彼らなりの
    ことばできっと話している。

    わたしたちが耳を傾ければ、その声はきっと聴こえる。

  • 私自身、今でもアトピーっ子。
    小学生当時、主人公を自分に重ねて読んでいました。
    このシリーズ、大好き。

  • 全5巻を通しての感想

    アトピーに悩むいちご(本当は一子)はアトピーのせいで『ブツブツいちご』とからかわれても『ツブツブいちごよ』と言い返す元気な女の子。
    でもそれはいちごが無理をしているだけ。
    山の中へ引っ越すときもアトピーなんかすぐ治るよというお父さんの言葉にどれだけ喜んだことか…
    けれど思っていた以上に大変な生活。
    不安を抱えてアトピーはひどくなりその状態のまま新学期が始まってしまいクラスメイトにうまくとけ込めなかった。

    学校に行きたくないと言ういちごをお父さんもお母さんも理解しようとしない。

    しかし光に出会っていちごは変わっていく。
    光は動物や植物と話が出来るという。大人達は変な子ども扱いするのだが。




    もし今自分の子どもが突然学校に行きたくないと言われたら話しをちゃんと聞いて向かい合えるだろうか?
    とにかく学校に行きなさい、もうちょっと行けば慣れるから…そう言ってしまわないだろうか?
    光のような子どもがいたらそうだねとそのまま受け止めてあげることが出来るだろうか?


    大人になって忘れてしまった気持ちや子どもに押しつけてる『大人の考え方』にハッとさせられる。
    児童書だけれどぜひぜひ手に取ることがあれば読んでみて欲しいな。


    山の中で出会った犬のゴローのセリフに泣きそうになったよ。

    『~楽しいことは、つらいことも悲しいことも体験しなくちゃ本当は手に入れられないんだよ。~』

    何もかもから逃げていたら何が楽しいことか分からなくなる。
    これは大人にも言えることだね、こういうことを教えてあげられる自分になりたいなぁ

  • 都会から田舎に引っ越してきた少女・一子(いちこ/通称・いちご)が主人公。
    たくさんの悲しみ苦しみを乗り越え成長していくいちごに、涙が絶えません。
    動植物と意思疎通が出来るというのも素敵w
    そして男の子も格好良い!
    全5巻。

  • 小学校のとき図書室で読んで、すごい好きだった記憶が。また読みたい。

  • いちごの病気がよくなったりわるくなったり心の問題なんだと思った。

  • 続けてもうひとつ倉橋さんを。倉橋さんといえばこちらのシリーズから読んだ、という人の方が多いのかもと思うけれど、わたしが読んだのは「青い天使」のあと。出版年では「いちご」が先。
    「青い天使」のあとに読んだからか、これはこれでいいけどね、という感じになってしまった。表現がちょっとストレートすぎるきらいがあったからだと思うのだけど、年齢のせいもあったのかな。いじめやなんかの人間関係のこと以外に、自然もテーマになっている気がする。
    いま読んだら、評価がまた変わるのかな。

  • アトピーを持つ女の子(いちご)が山奥に引っ越し、そこで出会う男の子や動物たちとの触れ合いと日常でのいちごの頑張る姿がとてもよかったです。頑張る子は輝いて見えるし、男の子のいちごを支えることによっていちごはもっと頑張ることができてどんどん輝いていくいちごがうらやましくなりました。

  • 久しぶりに全巻読んでみたけど、あいかわらず素敵な話です。
    やさしく背を押されている気持ちになります。

  • 何故親はこれを子供に読ませたんだろうか。

  • いじめと、戦ういちこの物語りです。もう苦しくなったいちこを救ったのが光とゆう動物と、話せる男のこです
    とても大好きなシリーズです(^−^)

  • 小学生にも読める本だけど、
    主人公のいちごの頑張ってる姿がすてきで
    私もこんなふうになりたいなと思います。
    高校生になって何度読み返しても良い本です^▽^

  • 一子という女の子が療養のため山奥に引っ越す話だったと思います。
    かわいらしい話です。
    動物と話せる男の子と仲良くなって、最後は(たぶん)彼女も動物と話せるようになったと思う。
    自然との共存。対人関係がテーマだったのでは。

  • これは、私の人生のバイブルです・・(笑)
    小学校の頃に初めて読んで、以来何回も読み返しました。
    シリーズで5巻まであるんやけど、5巻ではボロ泣き。
    とまりません。
    小学生向けの本だけど、大人にこそおすすめな本かも。
    すさんだ日々を送ってる人に(笑)是非!読んで欲しいです

  • 泣けます。
    倉橋さんの本は好き!

  • 全5巻。
    アトピー性皮膚炎の悩みを持つ少女と動物の言葉を理解することの出来る少年光。
    自然いっぱいで繰り広げられる山の中での生活。

  • 私もイチゴ甘くて大好き!

  • 酷いアトピーの持ち主が主人公だった筈。途中から出てくる、動物と話ができる男の子にいいなあ・・・!と思いながら読んでた。(着目すべき点が違う)

全34件中 1 - 25件を表示

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)に関連するまとめ

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いちご(1) (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする