クレヨン王国 たんぽぽ平17橋 (講談社青い鳥文庫)

  • 87人登録
  • 3.22評価
    • (4)
    • (1)
    • (31)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 講談社 (1998年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484788

クレヨン王国 たんぽぽ平17橋 (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 王妃とストンストンとアラエッサというコンビが人気なのか、最近はこういう話が多い気がする。

  • ストンストンが失恋する話はこれだったか。締めが悲しい。
    「けっして、だれにも話しませんでした。
     一生涯、話しませんでした。」

    お決まりのメンバーが楽しく散歩しながら語らう話なので、福永さんお得意の掌編たくさん。

    黄色い花で調べるもの
    あの、違うと思っているけれど、仮にキツネノボタンと呼んでいる花は何だ?
    →タンポポモドキ。ブタナ。


    p209より
    タンポポや、よく似たジシバリ、タビラコの黄色く円い花々が、わが世の春を謳歌していました。

  • 0810

    たまごの話が印象的。
    ずっと何の本に入っとるのか気になっとった。すっきり。

全4件中 1 - 4件を表示

クレヨン王国 たんぽぽ平17橋 (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クレヨン王国 たんぽぽ平17橋 (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする